« アーサー・C・クラーク死去 | トップページ | 東京漂流某日(一) »

2008年3月22日 (土)

外国人投資家の日本売り鮮明に

外国人投資家の日本売り鮮明に ブラックマンデー並み
-------------------------------------------------
東京証券取引所が21日発表した東京・大阪・名古屋市場の
3月第2週(10~14日)の投資部門別売買状況によると、
外国人は4週間連続で「売り」が「買い」より多い「売り越し」
だった。売り越し額は9226億円で、米国株の暴落で世界株安
となった 87年10月の「ブラックマンデー」時の1兆1220億円
に次ぐ規模となった。
サブプライムショックによる金融不安の拡大で、外国人が
日本から資金を引き揚げたことが鮮明となった。
(以下略)
-------------------------------------------------
[http://www.asahi.com/business/update/0321/TKY200803210356.html?ref=goo]
2008年03月21日20時13分

せっかく海外投資家が株を手放してくれているのだからここは
コイズミカイカク以降奪われた国内資本を一気に買い戻す一大チャンス
だと思うけど、それはど素人考えなのだろうか。。
でも自分に資金があればここは一気に国内資本を買いだ。

資金を引き上げている理由はサブプライムローン問題ではなくて
日銀総裁に空席を作ろうとしていることや暫定剤率の期限切れ
問題や低賃金で働く奴隷を倍増させる"諸カイカク"の実行の遅れなどの
失政による宇宙ならぬ『カイガイからのメッセージ』だと思う。

勿論これらの原因は野党にではなく与党にある。数のゴリ押し
という幼稚な幼稚な手を長年ウマシカの一つ覚えで行ってきた
政府与党が参議院で唯一無二のこの方法が使えなくなると全部
野党のせいとぼやいているだけだ。もういい加減長時間ぼやき
すぎだろう。オフィシャルな場でいつまでもぼやいていいのは
楽天のノムさんくらいだぞ。

もう福田政権では国の運営は出来ないことは明明白白なのである
からここはサクッと解散して選挙で正々堂々国民に政策の選択を
問うべきなのが当然だが、国を弄びたい彼らはまだまだ遊び足り
ないようだ。

火遊びは結構な危険水域に入ってきたが彼らが気付くことはない
のだろう。

日本が世界に誇るジャパニメーションの傑作映画のセリフが
日に日に現実味を帯びてくる。

「日本はもう一度、戦後からやり直すことになるのさ」

|

« アーサー・C・クラーク死去 | トップページ | 東京漂流某日(一) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

日本企業が世界で資源をおさえられないのも
政治の責任

ミャンマーで殺された日本人に関してもロクな態度をとらず
日本国パスポートに書いてある
日本国の保護を受けられるってのがほんとうかどうかが怪しくなってきてるのも
政治の責任

与党も野党もじじいのクソ政治家が多すぎる
安倍、前原
若手がトップにつくと内部から足をひっぱり潰そうとする
日本の未来は暗いね・・・

投稿: 万物創造房店主 | 2008年3月24日 (月) 17時18分

>日本の未来は暗いね・・・

何かウカウカしてるとマジで
我々がジジイになる頃には
「ジャパン自治区」とかになってるかもすね
こんなことでは。
「ジャパン自治区」の首都は勿論KYOTOで。
私はどちらかというと昨今の政治家は若手の方に
失望してますです。

投稿: kuroneko | 2008年3月24日 (月) 23時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外国人投資家の日本売り鮮明に:

« アーサー・C・クラーク死去 | トップページ | 東京漂流某日(一) »