« 映画「キリング・フィールド」 | トップページ | リーマン戦記(4) »

2008年4月12日 (土)

似すぎている男

夜中のとある若手お笑い芸人を出演させる番組をぼんやり観て
いると詳細は憚れるのだが

某芸人が"某業界にいる某人間のモノマネ"

をしていたのだが

その『モノマネ』が

似せている声といいしぐさといい間といい
知り合いに激似だったので大爆笑してしまった。

あまりに完璧に似ているのでもしかしてこの芸人は
本当に"俺の知り合いのモノマネ"をしているのではと
思ってしまったほどだ。

その知り合いとうのは私から見ると結構に自意識過剰でまあ容姿も悪くなく
人脈も豊富に持ち且つ私自身とは若干疎遠なので知らないうちに有名人の
仲間入りをしている可能性も無くは無くも無い。。

そんな訳もないと冷静になり、存分に某芸人の"至芸"
を愉しんだ後さっそく友人にこの"事件"をメールしよう
と思い立った。

が、考えなおして止めた。送信ボタンを押さず消去ボタン押。

このマネの核は"自意識過剰な人を笑う"というもの
なので『本人』がこの芸人のモノマネと自分が
比較されたと判った場合に似過ぎているので
"笑い飛ばしてくれる"自信が私には無かったからだ。

知り合い氏とは何でも話し合える仲というわけでもないので
この芸人のモノマネ芸と知り合い氏を[線で結んだ]のが
私だと思われるのもあらゆる意味でお互いの今後の人間関係に
あまりプラスにならないと判断したわけだ。

そんなわけで未だに誰にも話していない。
それでいて深夜のお笑い番組を見るとその芸人が
出てきて私にとっては

"知り合いの超絶激似モノマネ"

をやってくれないかと期待して観る。

先日この芸人が出てたのでもうニヤニヤして
観ていたら全く別のモノマネ芸をやって終わって
しまったので悶絶した。別のネタはそれはそれで
まあ普通に面白かったのだけれど。

この某芸人が毎日テレビに出てきて"知り合いのモノマネ"
をやってくれることを願いつつも"ブレイク"して
しまって"知り合いのモノマネ"を"知り合い"本人が観てしまわない
ことを心配しつつやっぱり何度でも観たいと思わずには
おれない。

と思いつつもどうもブレイクしていなようなので
結果的に安心している小心者の私。

ただ、心の底から爆笑できたこととこの知り合い氏から
常々「つまらない無個性な人間」と指摘されている
私としては

「お前も全く同じ"タイプ"の人間が巷に少なくとも
もう一人いてモノマネされているぞ。個性足りねーぞ

と"心の中で"(^^;)一矢報いれたことが何だかちょっと嬉しい
と同時に嬉しい自分が「ちっちぇー」とも思う。

さらに今度知り合い氏を含めた飲み会でもあった時に
誰かがこの某芸人を話題にしたら、その時はどう
リアクションを取ろうかと今からイメトレに励む自分
にやはり「ちっちぇー」と思う日々である。

|

« 映画「キリング・フィールド」 | トップページ | リーマン戦記(4) »

独り言」カテゴリの記事

コメント

呑みメンバー一同の一人:こないだ、お笑いの・・・深夜番組見た?

一同の中の数人:あぁ、見た、見た

知り合い氏:あれって、kuronekoに激似じゃね?メールしようかと思ってたよ

kuronekoさん:え゛、、、(ーー;)

って、オチでよろしくお願いします(^。^)

投稿: 理想 | 2008年4月13日 (日) 03時43分

kuroneko:どの辺が・・・似てた?
知り合い氏:全体的に絶妙に中途半端なところとか、かな。
一同の中の数人:あぁ、似てた、似てた
kuroneko:、、、それって、俺本人ですから。
知り合い氏:え゛、、、(ーー;)
kuroneko:こっそりお笑い芸人目指してたのは実は俺だったよ!!斬り!!(ーー;)
一同:残念!!(ーー;)
kuroneko:くやしいのう(ーー;)

こんなんどうでしょう。。(ーー;)

投稿: kuroneko | 2008年4月13日 (日) 11時58分

いまさら波田陽区とは、まさに絶妙な中途半端さでございます。。。(ーー;)

投稿: 理想 | 2008年4月14日 (月) 04時42分

お笑い関係への転職は諦めますか。。。(ーー;)

投稿: kuroneko | 2008年4月14日 (月) 12時38分

個人的には嫌いじゃないですけどね~(^^)

投稿: 理想 | 2008年4月14日 (月) 19時48分

ではもうしばらく下積みしましょう。。。(ーー;)

投稿: kuroneko | 2008年4月15日 (火) 00時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 似すぎている男:

« 映画「キリング・フィールド」 | トップページ | リーマン戦記(4) »