« 「篤姫」第二十二話終了。 | トップページ | 白い雲のように »

2008年6月 6日 (金)

次に見る光景

 
少年の頃、
観光で東京に来た時に電車の窓から
目の前にそびえるビルを見上げた。
窓に頬をくっつけていくら見上げても
ビルのてっぺんは見えることはなかった。

いつかこのゴミゴミした街に『大学』という
ものにでも通いながら独りで住んで
孤独に身をよじりながら酔っ払って狭い路傍
を歩いてみたいと思った。

そう思いながらも何ら"建設的な"努力は
しなかったので(無駄な努力はそれ相応にした)
かなり追い詰められたがやがて上京して名ばかりの
"キャンパスライフ"を送りつつ校内で、巷で出会った人々と
喜び勇んでイガミあって罵り合って唾を飛ばしあって
独りで(時には友人と)酔っ払って東京の街を歩いていた。
そしてそれが当たり前となったある日のゼミと
呼ばれる講義をぼんやりと聞いていると
ふと「何度も見た光景だ」と思った。

大学生という名目の執行猶予期間も瞬く間に終了して
さて何を生業として生きいこうかと思った時、
日々黙ってコンピューターと呼ばれるものをカタカタ
打って可能な限り他人の干渉を避けて生きて
いきたいと漠然と(それこそ漠然と)思った。
しかしその頃はまだパソコンなんて持っていなかったし
そもそも使い方も知らないも同然だった。とりあえず
就職は止めて弁当を作って働いた

今、自分は毎日会社なる場所でパソコンをカタカタ
打って可能な限り干渉されないことを最大の目標と課題に
毎日迫り来る締め切りを延ばし延ばし上司を騙し騙し何とか生きている。

とりあえず依頼された仕事は何とか誰の
干渉も受けずにこなせるようになったある日の
徹夜仕事をしていた夜に蛍光灯を見上げた時
オフィスを見渡してふと「何度も見た光景だ」と思った。

最初に見た日に日記に書いておけば良かったじゃん。
この話しを誰かにすると決まって言われる。自分でも
そう思う。

そういうわけで「次に見える光景」を今書いておこう。

自分はある数階建てのビルの中から暗闇の街を見つめている。
それはきっと東京ではなく、近郊のどこかだ。雨が降っている。
多分場所は千葉のどこか。木更津とか。何となくそう思う。
目の前に片道二車線の道路があって車が勢い良く通り過ぎている。
その極めて殺風景な光景、灯りが物足りない
東京ほどは決して大きくない街とただのどうってことない道路を
自分は飽きもせずただひたすら眺めている。。

なぜだか一年ほど前から何度も湧いてくるイメージだ。
最近は割りと頻繁に勝手に思い浮かぶ。東京に来る
前やリーマンになる前と同じ兆候だ。

たまたまその場所にいて見ているというイメージ
ではない。これまでの[経験]と同じように"今"の自分
の生活サイクルは自ら望んで止めている。
住む場所も多分変えている。

だから、きっとこの光景はいつか実際に見るだろう。
それほど遠くない未来で。そして今度こそは先に
書いてやった。しかも今の世の中がもしも続けば
このページにはいつでもどこからでもアクセス出来る。

今の生活を捨ててどこかの夜の街をそれほど高くない
ビルから見下ろしてなぜだか知らないが満ちたりて
眼下の道路を行き交う車を無心に眺めている時、
このことを思い出したらアクセスして続きを書こう。
 
 
続き(1) >>  次に見る光景(二) [ 2009年6月1日(月) ]
続き(2) >>  次に見る光景Ⅱ・哀戦士編 [ 2010年5月3日(月) ]
カウント・見出しがぐちゃぐちゃやがな。。(ーー;;)  
 
 
 


|

« 「篤姫」第二十二話終了。 | トップページ | 白い雲のように »

独り言」カテゴリの記事

コメント

うーむ原風景ってやつですかね・・・

投稿: 万物創造房店主 | 2008年6月 7日 (土) 23時37分

単なるDe・ja・vu(既視感)ってやつでしょうか(^^;)
普段から万仮説好き&検証好き&過労気味(^^)なので
自分多いです。予測を超える域の当たりもたまに
あって知人に驚かれることもありますね。
会社でも危機回避に割りと貢献してると自負
してるのですが。。プロジェクトの脆弱性
とかを感じたらかなり早期に且つ具体的に上層部に
進言してるので。でもダメ組織&ダメ上司って
予めの回避って全然評価しないんですよね。
運が良かったとかいう結論にしちゃって(-_-)
「人は明日について昨日や今日ほどは賢くなれない」
なんて言葉もあるすね。

投稿: kuroneko | 2008年6月 8日 (日) 01時37分

>予めの回避って全然評価しないんですよね。
それ、よくわかります。
せっかく気を利かして提案しても、まだ起こってないことに対しては、本当に危機感ゼロですね
kuronekoさんの進言の重要性を理解できる上司って、他の会社でもあまりいないかもしれませんね

投稿: 理想 | 2008年6月 8日 (日) 09時52分

残念です(ーー;)
虎振っている時ってなぜか皆生き生き
してたりするんすよね。損失が発生
してるというのに。。

投稿: kuroneko | 2008年6月 8日 (日) 14時29分

まぁ今まで
ダメ人間もできる人間も年功序列で一緒の賃金
能力より上司にいかに取り入ったかで出世
ってやってきた日本
ろくな経営者・上司がいないという弊害も仕方ないかもしれません
もうそうなると
自分で会社立ち上げるか
若い会社に行くしかないですよね
バブル崩壊でいいかげんなことやってた会社はかなり淘汰されたように思ってましたが
いろいろな会社の偽装事件などを見ていると日本にまだまだダメ会社がいっぱい溢れていることに気付かされます
京都でも自分では稼ぐ能力がなく、補助金(税金)に群がる商売人がたくさんいます
まぁそんなのは商売人とはもう言えないですけどね

投稿: 万物創造房店主 | 2008年6月10日 (火) 19時48分

>まだまだダメ会社がいっぱい
そうすね。リアルに転職を想像した
場合に今の会社よりさらにダメ会社に行く
可能性もかなり高いなーというのは正直なところ
です。まあ冷静に考えて悪い扱いは受けて
いないのでもう少し居ようかと思ったりも
していますね(^^)

投稿: kuroneko | 2008年6月10日 (火) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次に見る光景:

« 「篤姫」第二十二話終了。 | トップページ | 白い雲のように »