« リーマン戦記(9) | トップページ | 第12話「チー子とカモメ」 »

2008年6月21日 (土)

ネットと現実

インターネットがかなり普及して常時接続が当たり前に
なった頃、面白がっていろいろなサイトに毎日書き込みを
していた。

映画のことで盛り上がっているサイト
漫画のことで盛り上がっているサイト
時事ネタで盛り上がっているサイト。。。

すぐに自分の書き込みへの回答がある場合もあるし
スルーされる場合も当然ある。

しかしいろいろなサイトに書き込んでいてふと気が付いた。
それは

「現実世界と何も変わらない」

ということだ。

面白いと思われるコメントを書けば賞賛してもらえる。
つまらないことを書けばスルーされる。
コアな意見を書けばそれを判る人が見れば激賞される。
男女が複数集うサイトであればそれなりの牽制も働く。
一人だけ受けてばかりいて周囲にフォローがないと
それなりの扱い(やっかみ)を受ける。。

ネットの世界は無限に広がっているかもしれないが
現実の自分の行動範囲が有限である(且つ広くはない)
ことと一緒で閲覧するサイトの数はたかが知れているし
趣向も劇的に変化することなどないのだから多くの人は
毎日ほぼ同じ軌道を繰り返すことになるだろう。繰り返し
つつ行動範囲が広がる人もいえれば狭くなる人もいるだろう。

ハンドル名を幾ら変えたところでその人の個性や癖が
無くなるわけでもない。相手のリアクションが特に変わる
わけでもない。

しかしネット上で何かコミュニケーション上の発見があれば
それはきっと実生活でも活かせるだろうし逆もまたしかりだ。

人がそこに介在している限り、ネットも現実も何ら変わりはない。

  

  

  

  

  

|

« リーマン戦記(9) | トップページ | 第12話「チー子とカモメ」 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ネットと現実:

« リーマン戦記(9) | トップページ | 第12話「チー子とカモメ」 »