« 映画「靖国 YASUKUNI」 | トップページ | 存在していない »

2008年7月 5日 (土)

謎08_07_05

 

少し前から解決しない謎が身近にある。
身近にある謎は放っておきつつ観察を続ければ
自然に答えがわかるのが常なのだけれど、

この謎はどうやら自分から主体的に動かなければ解けないようだ。

さらに解けた場合に考えられる答えが二つ
あるのだけれども、どちらも自分の想定外という
ところが"いつもの謎"とは違うところだ。

つまり観測だけから推測される仮説(=答え)は私の経験則と知識に相反する。

いつもの謎は大概はそれらの辻褄が合い相関関係もある。
解けた時にとてもスッキリして合点もいき、
なぜその答えにさっさと辿り着けなかったのかと思う。

この謎は解けたところで、つまり答えが二つのうちのどちらか
だった場合に今度はその理由が判らない。何が起こっているのかは
判ってもなぜそうなったまたはなっているのかが釈然としない。

二つの答えのどちらにも想定される理由にはさらにが残ってしまう。

そういうわけで全て解決した先に特に明るい展望が開けるわけでもなさそう
なので主体的に動こうと思いつつとても後ろ向きではある。

ただ一つだけ光明があって、二つの答えをミックスしてさらに+αを加えた
第三の答えだった場合はもし解決したらくす球が割れるような整合性が
自分にとってはある。

しかし、面白いことにそして不愉快なことにその第三の答えであるような兆候
これまでのところほぼない。第三の答えである可能性を高める状況証拠が無いのだ。

"想定される答え-1"についてメモ

1) この答えである可能性が最も高い。状況証拠とも整合性が高い。
2) 最も外れてほしい答えである(^^;)
3) 答えであった場合に"理由"が最も不可解である。

"想定される答え-2"についてメモ

1) この答えである可能性がやや高い。
2) 外れてほしいけど多分当たりであろう。
3) やはり"理由"が不可解である答えではある。

"第三の答え"についてメモ

1) これが答えである可能性は極めて低いが唯一歓迎できる答え。
2) これが答えであるとすると残念ながら状況証拠が幾つか矛盾する。
3) "理由"は推測がつく。状況証拠と合わないのが不思議。

総合的に判断すると、仕方ないので主体的に、しかし後ろ向きに
事態の解明に動きつつ且つ予想される答えのブレが大きいので
結末には何も期待はしないでおこう。

 

そんなわけで、、

皆様、よい週末を!

Have a nice weekend!(-o-)

 

|

« 映画「靖国 YASUKUNI」 | トップページ | 存在していない »

日記」カテゴリの記事

コメント

今回はまた、前置きが長いノゥ…と、
ウンザリしつつ、頑張って読んだのに、
全部が前置きかぃ…
(-"-;)

投稿: 理想 | 2008年7月 5日 (土) 19時37分

「解決しない謎」だって1行目に書いたのに...(ーー;)

投稿: kuroneko | 2008年7月 5日 (土) 21時28分

ころころころん。。

投稿: 理想 | 2008年7月 7日 (月) 20時09分

(x_x) ☆\( ̄ ̄*)モウネナサイ!

投稿: kuroneko | 2008年7月 8日 (火) 00時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 謎08_07_05:

« 映画「靖国 YASUKUNI」 | トップページ | 存在していない »