« 今年は | トップページ | 唯脳な日々 »

2008年8月20日 (水)

唯脳論2008

唯脳という言葉何だか正しい気がする。

脳有り∴我有り。

他人の生き方の真似なんて出来やしない。
他人の脳と自分の脳はリンクしていないんだから
当たり前だ。

現代科学の範疇で生きるのであれば
自分の行動様式は一生自分の脳の命令のみに支配されて生きる。
当たり前のことなのだ。

「...ねぇ、何でチミはそんなことするの?」 (ーー;)

「知らん。脳に聞いておくれでないかい」 (-_-)

脳に逆らうことなどは出来やしないのだ。

そんなわけで脳に逆らわずにここ一ヶ月生きてみた。

何て楽な。何て楽しい。(・ρ・)

もっと早くやってみるにこしたことはなかったけど
自分はこんな簡単な論理に辿り着くのに
随分かかってしまった。

でも脳以外の自分の周辺のインターフェース的な
ことも不思議と揃ってきつつあり、なぜか
タイミング的には悪くない。

これも脳よ、君の計算なのか。
残念ながら私の意思の産物ではない。

脳よ。
脳よ。

明日も君の命令のままに私は動く。

朝8時に起きて、
家出て、
電車に乗って、
会社行って、
仕事して、
適当に脱出して、
電車に乗って、
晩飯食って、
家に着いて、
シャワー浴びて、
テレビ見て、
ネット見て、
ブログ見て、
寝る。

明後日も君の命令のままに私は動く。

朝8時に起きて、
家出て、
電車に乗って、
...
...
...
...
...

ある日止める。
止めてやる。
しかし、それすらも君の計算の内か。。
どこまでも私の意思の介在する余地なんてない。
 
 
脳よ!
 
 
 
脳!と言えるNIPPON。
(一_一;)エ~  
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 

|

« 今年は | トップページ | 唯脳な日々 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

全ての人間の脳はつながっているという説もありますよ

投稿: 万物創造房店主 | 2008年9月 1日 (月) 20時19分

>全ての人間の脳はつながっている
それ、最近かなり強く思います。
全員が全員実は「サトラレ」なのでは?と。
「風の谷のナウシカ」の原作版に出てくる王蟲
の言葉「我々は個にして全、全にして個」
って人間のことかも??
宮崎駿は偉大だ。ポニョは観ませんけど(^^;)
ぽーにょ♪ぽにょぽにょ♪
  
個人的にはもうごく近い将来上記の説や
テレパシーは科学的に解明されると思います。
トンデモの方にはいかないで。
すげー簡単に言ってしまえば脳の血液の
流れと微量な電流がコイルのようになって
電磁波を飛ばして声に出さなくても
かなり複雑な情報をお互いに電波を飛ばして
授受し合っている。。
って充分にトンデモやがな(^^;)
ぽーにょ♪ぽにょぽにょ♪


投稿: kuroneko | 2008年9月 2日 (火) 00時26分

日本の地獄とダンテの書いた地獄にかなりの共通点があるのは何故かとか
日本神話とギリシャ神話にある多数の共通点は何故かとか
笑いや怒りの表現は何故人類共通なのかとか
文化交流される前からの共通点の説明として
ユングが言い出した
集合的無意識ってのがありまして
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9B%86%E5%90%88%E7%9A%84%E7%84%A1%E6%84%8F%E8%AD%98
人間という種は(もしかしたら他の生命体とも)精神世界の無意識でつながっているのではという話です
もちろん精神世界からのダウンロードは線とか電波とかいりませんので、これが解明されればとてつもなくすごいことに・・・

投稿: 万物創造房店主 | 2008年9月11日 (木) 19時27分

>共通点があるのは何故か
古事記とかキリストに関することとか
虚実ない交ぜにして色々ありますよね。
私はそれらについてはもの凄く単純に
当時は参考にする元ネタ(文献等)が
あったからに過ぎないと思っています。
 
電話もネットも何もなかった時代の人々を
「情報が無かった」みたいに見て特定の
人間を超人扱いにしたり未来が見えていた
とかオカルト的に扱う姿勢に怒りを感じ
ますね。ツールが無ければ脳と手足を
使って同じだけかそれ以上の情報を
どの時代の人々も合理的に取得していたと
思います。その一方で科学で解明できない
こともまた確かにあると思います。

ちはやふる神の拓きし道をまた拓くは人の力なりけり
明治天皇御製
結構好きな言葉です。
"拓く"は本当は平仮名をあてるのかもしれないけど
この字をあてるのが自分は好きですね。
現代社会は基本的に功も罪も"人"が作り出してる
にすぎないわけです。

投稿: kuroneko | 2008年9月12日 (金) 01時27分

>科学で解明できない
結局、科学ってひとつの定規でしかないと思うんですよね
でも、多くの人が科学は万能だと思っていて、それだけで測るには世界は多様過ぎて、限界があるということに気付いてない

例えば漢方薬とかは何千年の人体実験と人柱の上に成り立っていて確かに効くんですが
科学的にはほとんど何も解明されてないんですよね
それを科学で証明されるまで使わないなんてのは実に馬鹿馬鹿しい話ですよね
まぁ実は世の中のほとんどのことは科学でなーんもわかってないんですよ
石油が何なのか?
雷は何故発生するのか?
さえわかってませんし

投稿: 万物創造房店主 | 2008年9月14日 (日) 18時13分

>結局、科学ってひとつの定規でしかない
きちんとした判断出来る人は
科学者であれ一般人であれこの点は常識
といっていいと思いますね。
だからというわけでないけど
一流といわれている科学者は割りとオカルトに
寛容である人も珍しくもない。
日本では寺田虎彦(物理学者)なんて面白いこといろいろ
書き残しています。
科学万能を特にテレビなんかで唱えている人は
特定の怪しげな宗教に嵌る人と全く同一に
見えます。つまるところ何でもいいから
"万能なもの"に縋りたいのでしょう。
 
科学というか物の仕組みを知れば知るほど
ほとんどのものは相対的で奇跡的にある
バランスの上にかろうじて成り立っているに
過ぎないことが判るのに。万能を絶叫する人の
共通点はそういったことを自分で考えたり
調べたりしてみることを一切しない点が
挙げられると思います。
 
前にも書きましたがかといって科学は
決して無力ではないすね。漢方と科学は
共存できると思います。どちらも必要
で有益なものですね。って安易に言っては
いけないのですが。

投稿: kuroneko | 2008年9月15日 (月) 00時52分

いやーまったく同意見です
科学にしろ極めてる人ってそこのところよくわかっているんだと思います
>漢方と科学は共存
そうですね
漢方(東洋医学)に対して科学的なのは西洋医学にあたると思うのですが
それぞれ得意・不得意がありますから、両方をうまく使い分けることが重要なんですね
それが現代は科学の方へ偏り過ぎている気がするんです
漢方にも健康保険が使えるようになったり、少しだけ改善されていますが
結局、漢方をきちんと使える医者が皆無に近いんです
中国なんかは中医学にすごい力入れてますけどね
日本は危ないっすよ

投稿: 万物創造房店主 | 2008年9月16日 (火) 17時31分

>漢方をきちんと使える医者
皆無ってことは日本は今医者余りみたいだから
"漢方ブーム"来ないんですかね(^^)
患者側からではなく医者側から。
今世界的に人類は行き詰ってるから今まで
日陰だった?東洋医学に一気に陽があたる
ことも充分考えられますよね。
 
>日本は危ないっすよ
危ないっつか。。マジで終わった気がします。
対外的にではなく。
若者にではなく年配の人々に異常に
幼児性が目立つのは本当に怖い&キモイ。
テレビに出てくる政治家とかキャスターとか
目つきとか表情が幼くて(言動も)
怒るの通り越して泣けてきますね。惨めで。
自分はもう一年以上ニュースでも
なんでも目的以外の番組一切見てません。
 
電車の中とか公共施設とかもホラー映画観る
よりもよっぽど怖いっす。
教養の欠片も無いいい歳した方々が溢れていて。
てめえの子供(孫)は放置しまくりだし。


投稿: kuroneko | 2008年9月16日 (火) 23時37分

>東洋医学に一気に陽があたる
最近、西洋で東洋医学に注目が集まってるんで、日本もその影響を受けて見直される可能性はありますが
けっこう時間との戦いですよ
今ならまだ間に合いますけど
すでにちゃんと理解している人や教えられる人が少なくなってきてるんで
ヘタしたらホンモノはその前に絶滅しちゃうかもしれません
ツムラの漢方とか、お手軽漢方は現役ですけどね

>若者にではなく年配の人々に異常に
同感です
僕の中では年取ったら悟るというか丸くなるというか、人間ができていくものだと思っていたのですが
そうではない現実を見るとなんかがっかりしちゃいます
若者の方が未来がある分まだ期待できますよね

投稿: 万物創造房店主 | 2008年9月18日 (木) 16時23分

>ヘタしたらホンモノはその前に絶滅
これはあらゆるジャンルに通じることですね。
自分は、そう遠くない将来に
太平洋戦争に参加した人が全員鬼籍に
入られる日が来ることを思うと何だかとても
憂鬱になります。若者だけでなく還暦くらい
の世代の人々まで含めた「戦争」というものへの
イメージの貧困さは目を覆いたくなるもの
がありますね。「反戦」とさえ唱えれば
全ては許されるみたいな。「思想ロンダリング」
なのかわざと「風化」させてるのか何だか
判りませんが。。どう考えても意図的な
悪意を感じてしまいます。
その悪意の先に待っているものも何となく想像
出来るけど、何が楽しいのやら。
 
>若者の方が未来がある分まだ期待
彼らの「思考能力・考察力」を奪わないように
したいもんですね。
若者達よ、とりあえずは「プロジェクトA」でも見て
生きる活力をまずは取り戻しなせー!!
面白すぎて腰抜かすぞ(^^)

投稿: kuroneko | 2008年9月20日 (土) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 唯脳論2008:

« 今年は | トップページ | 唯脳な日々 »