« 2008年8月の私たち | トップページ | 今年は »

2008年8月17日 (日)

「篤姫」第三十三話終了。

・第三十三話「皇女和宮」終了。

14代将軍家茂の正室和宮登場。
掘北真希ちゃんの和装は残念ながらあまり似合わない。
勿論これは本人のせいではない。

「篤姫」はとても沢山の女優さん達が登場しているのに
宮崎あおいを除いてはあまり綺麗に撮れていないように
思える。

篤姫をひきたてる周到な狙いとも思えない。変なクローズ
アップを多用して彼女達の絵物語ではない"リアル"な生態を
描こうとしていることが狙いともとても思えない。
絢爛豪華な衣装をせっかく着せているのに。

今年の大河はどうしても見せ方・演出の焦点の曖昧さが
放映開始当初から気になる。同じ意味で家茂役の松田翔太君を
妙に小奇麗に撮っているのも演出の意図・物語の流れと
そぐわないので奇妙な印象を持つ。

「んなものイケメン好きの女性層をターゲットにしてる
からに決まってるっしょ」

と言われそうだけど、物語上の比重と無関係な撮り方をして
一部の視聴者だけに受けても作品全体のレベルを落すだけ
なのに。。と思う。

加えてかなり前から気になるのは音楽の使われ方だ。
ドラマでのBGMは登場人物の心象を代弁する役割を果たす
のは当然のことだけれど、ストーリー全体がどこへ
向かっていくのか、目の前のシーンが全体の流れの中で
どんな位置にあるのか視聴者に知らせるという役割もある。

「篤姫」では音楽は物語の流れを知らせる役割をほぼ放棄して
ひたすら登場人物達の心象に沿ったその場限りの盛り上げ
役に徹していて時にとても不気味だ。

権力構造の中枢で歴史上の人間達が蠢く物語なのだから
行動心理には個人的な動機など本当はほとんど存在しない。
セリフや動作に出てこない行動の動機の裏を音楽で補完
するべきところを表面的な演技の喜怒哀楽と同じレベルで
音楽を流すのでうざったいし、演技と相殺されてしまって全体の
印象がとても薄っぺらくなる。せっかくの時代劇が矮小化
されている印象を拭えない。

「視聴者に判りやすくするため」という言い訳が聞こえてきそうだが
「大河ドラマ」を観る視聴者層って最年少は10才くらいだとすれば、
どう考えても10才のガキでも退屈してしまう過剰な説明がセリフや
演出において全体に多すぎると思う。

もうこの流れでいくんだろうけども
役者も美術も音楽の曲そのものも悪くない。むしろ
いいのにもったいない。各プレイヤーのレベルは結構高いのに
オーガナイザーの仕事が一貫してイマイチっす。

とりあえず維新の黒幕の一人岩倉具視役の片岡鶴太郎には期待!
予定調和を壊して暴走(?)してくれ!
皆、従順に個々の役を演じてるから大河も常連といって
いいい鶴太郎はある意味やりがいあるだろうな。

 
<<prev    next>>
 
 
 
 
 
 

|

« 2008年8月の私たち | トップページ | 今年は »

テレビ番組」カテゴリの記事

コメント

かなり同感です
牌はいいのにデキが悪過ぎる
「日本国がどったら」とか言うわりに進行がやたら個人的で薄っぺら・・・
公の心を亡くした今のクリエーターには所詮当時の人の心は理解できないし、描けないのかもしれません
脚本がすでに悪いのかな?とかも思ったりします

投稿: 万物創造房店主 | 2008年9月 1日 (月) 20時17分

薄っぺらいすよね。
ワザとか??
とか思いたいくらい薄っぺらい。。
多分脚本が悪いのだと私は思います。
駄目脚本(骨)に一生懸命に肉(映像・演技・音楽)
を撒いていくとこうなるのか。。
という視点で見ると。。別に面白くもならない(^^;)
 
篤姫の視聴率が好調なのって
どう考えても同じ時間帯に見たい他局の番組が
特に無いだけとしか思えないけど
何かそういう意見あんまし見ませんね(^^)

中身の無い駄々漏れの展開の物語にいい役者と
スタッフが一生懸命作っている「作品の構造的不思議さ」も
視聴率の好調の理由だと皮肉ではなく真剣に
そう思います。

投稿: kuroneko | 2008年9月 2日 (火) 00時13分

1. 何か事件が起こる(例えば桜田門外の変)。
 
2. 篤姫に知らせが来る(宮崎あおいちゃんの顔UP)。
 
3. 篤姫、廊下を走っていって誰かと会談や鼎談する。
 
4. 渦中の人が篤姫を脳裏に思い出しながら死ぬ。
 (例えば井伊直弼)

5. 合間に薩摩の人々、西郷どん、大久保どん&瑛太君。
 
6. 事件が収束して篤姫の総括(宮崎あおいちゃんの顔UP)。
 
7. 次の事件(1.)に戻る(進む?)。
 
8. 1.~7.を繰り返す。
 
篤姫にさえ出会えれば皆「実はいい人だった」で
亡くなっていける。
「篤姫」恐るべし。。

投稿: kuroneko | 2008年9月 2日 (火) 00時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「篤姫」第三十三話終了。:

« 2008年8月の私たち | トップページ | 今年は »