« 映画「赤い影」 | トップページ | ブロスの日_08_10_09 »

2008年10月 6日 (月)

映画「スイミング・プール」

「スイミング・プール」
Swimming Pool
 
 
監督: フランソワ・オゾン
脚本: フランソワ・オゾン,エマニュエル・ベルンエイム
撮影: ヨリック・ルソー
音楽: フィリップ・ロンビ
出演: シャーロット・ランプリング,リュディヴィーヌ・サニエ,チャールズ・ダンス

時間: 102分 (1時間42分)
製作年: 2003年/イギリス・フランス

(満足度:☆☆☆☆+)(5個で満点)
---------------------------------------------------------------
女流作家のサラ(シャーロット・ランプリング)は彼女の著作の出版を
手掛けているジョン(チャールズ・ダンス)の勧めでジョンの所有する
南フランスの別荘に旅行に出かけそこでジョンの娘ジュリー(リュディヴィーヌ・サニエ)
と出会う。そこはジュリーの生まれ故郷で彼女は仕事が上手くいかず
帰ってきていた。ジュリーの帰省を事前に全く聞かされていなかった
サラはジョンに連絡を取るがジョンは捕まらない。サラとジュリーとの
短い共同生活が始まった。ジュリーは家のプールで独り泳いで出かけては
次々と男を家に招きいれ彼らと関係することに躊躇しないジュリーに
呆れ衝突ばかりしていたサラはある日ジュリーを食事に誘う。。


中年の女流作家サラを演じるシャーロット・ランプリングがとても素晴らしい。
終始見事に神経質そうで人間観察に余念が無い"作家"を完璧に演じている。

何となく見たことある人も多いであろうサスペンダーを付けて上半身裸で
ナチスの帽子を被っている美しい女性(「愛の嵐」(1974)))が彼女である。
物心ついた頃からこのカットは知っていたがようやく本人と繋がる。

本作ではジュリー演じるリュディヴィーヌ・サニエが美しい肢体を
惜しげ無く見せて男共を誘惑し続けるがシャーロット・ランプリングは
ワンシーンながら彼女に全く負けていない(っつーかエロティシズム的に
は完璧に勝ってる)華麗な裸身を披露している。が、、2003年製作の本作の
時点で単純計算で何と57才!!マジすかー(@@)全然見えない。美しいっす。。

その才能で金も地位も名誉も手に入れしかし見た目清潔症っぽくて男遍歴
もそれほどなさそうな堅物のようにも見えるサラと性に対して奔放なジュリー。

出会った当初は見るからに共通点の全く無さそうな二人だが物語が進展するにつれ
ジュリーはただ肉体的に若いというだけで精神の成熟は無く、逆に
大きな心の傷を抱えていることが判ってくる。そして対照的にサラはその外見
とは離れて目の前の対象が"作品の糧"となるならば小娘だろうが
マリファナだろうが男であろうが年甲斐もなく貪欲に体ごとぶつかっていく。。

醸しだす女性としての武器の優劣が鮮やかに逆転してく様が
じっくりと主にシャーロット・ランプリングの演技と細かい仕掛けで
緻密に描かれていて"映画を見ている実感"が感じられて嬉しい。

終盤、二人は当初のライバルからまるで仲睦まじい親子のように描かれる。
作品の時間としてはたった二時間未満で劇中では数日間の時間経過の中で
二人の人間関係の劇的な変化がほぼ完璧に描かれている。

フランソワ・オゾンの作品は初めて観るがお見事。
他の作品も観てみたい。

どちらかというと女性に好まれる指向の作品が得意な監督なのかもしれない。
男性では恐らく好きか嫌いか意見が分かれる作品だと思う。

こういう雰囲気の作品はとても好きだ。

 
---------------------------------------------------------------
映画感想一覧 [年代] >>
映画感想一覧 [スタッフ] >>
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


|

« 映画「赤い影」 | トップページ | ブロスの日_08_10_09 »

映画」カテゴリの記事

コメント

あっこれ
レンタル落ちDVDで買って
まだ見ずに置いてあります
ジャケからしてセンスある感じで面白そうでしたし
エロい映画好きなんで・・・
 ↑エロいだけじゃなくて面白くないとダメですけど

投稿: 万物創造房店主 | 2008年10月 7日 (火) 21時00分

エロくて面白いし映像の作りの
センスも凄くいいです。
シャーロット・ランプリングが
なんせいいです!
フランソワ・オゾンは初めて
観ましたが噂通り"上手い"です。

投稿: kuroneko | 2008年10月 8日 (水) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「スイミング・プール」:

« 映画「赤い影」 | トップページ | ブロスの日_08_10_09 »