« BOSSに祈りを | トップページ | ブロスの日_081110 »

2008年11月 8日 (土)

本「中原昌也 作業日誌 2004→2007」

「中原昌也 作業日誌 2004→2007」
 
 
[kuroneko ブック・オブ・ザ・イヤー 2008] 受賞!

読んでいて無類に面白い。時の経つのも忘れる。

本を読んで「無類に面白い」なんて表現が浮かんだのも何年鰤だろ。

著者である中原氏の本当に捨て身の日常のライブ感と
"心を吹き抜ける隙間風"の虚しさに驚愕し恐れ入りそして、正直どこか羨ましく思う。

「だったら代わりにやってみぃや。ボケェ!!」(゚д゚メ)
という著者の罵声が聞こえてきそうだけど(^^;)

帰宅してからちょこっと。寝る前にちょこっと。
数日分ずつを毎日チマチマ読む愉しさったらない。

読み終わってしまう瞬間を思うと今から何やら寂しい。
(やたら惜しみ読みしているので読了は多分年末当たりか)

まあ読み終わってしまったらまた最初のページから読めばいいのだ( ̄ー ̄)
余裕で一年間は枕元にあることでしょう。

毎日読むよ。
繰り返し読むよ。
声に出して読むよ(←ウソ)。

金持ちから貧乏人まですっかり嘘つき&偽善者ばかりが
目立つ社会と成り果ててしまったこの国で著者の無謀な
愚挙の連鎖の日々とその叫びの虚しさは真に賞賛に値する

 
-------------------------------------------
3月27日
この日記を始めて以来、何もかもが
悪化の一途をたどっているような気がし
てならない。そもそも文筆自体が、自分
の首を絞めているのだ。人から適当に
面白がられ、心の中ではフリークスのよ
うに蔑まされ、貰える報酬なんて空き瓶
拾い以下である。こんなこと何のために
やっているのだろうか・・・
-------------------------------------------
本書より
 
  
Good job!! 中原さん。絶対にマネ出来ません。。(ーー;)

柳下毅一郎氏のブログでの賞賛
http://garth.cocolog-nifty.com/blog/2008/10/post-952c.html

第18回 Bunkamura ドゥマゴ文学賞受賞

「中原昌也 作業日誌 2004→2007」
     

----------------------------------------------
「中原昌也 作業日誌 2004→2007」
中原昌也(なかはら まさや)著
boid

 

>> 中原昌也トークショー ・ ジュンク堂にて (2008/12/3)    
>> 音_10_05_03 ・ 作業日誌にと共にある某日 (2010/ 5/3)    

    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    
    

 

|

« BOSSに祈りを | トップページ | ブロスの日_081110 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本「中原昌也 作業日誌 2004→2007」:

« BOSSに祈りを | トップページ | ブロスの日_081110 »