« 今日も一日 | トップページ | 映画「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」 »

2008年11月 1日 (土)

光速度不変の原理の中でホームに立つ或る日

0810311_train

[2008.10.撮影]
 
 
 
日々同じ街で暮らしていても時間の経過速度は
一人一人実は異なるのです。
 
私が貴方より若く見えるとすれば、それはお互いの
利用している乗り物の速度の違いによるものなのかも
しれません。

 

 

 

<< prev  next >>  

   

|

« 今日も一日 | トップページ | 映画「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」 »

写真部」カテゴリの記事

コメント

早い乗り物に乗ってる人はゴールに着くのも早いものです

投稿: 万物創造房店主 | 2008年11月 1日 (土) 17時36分

「乗り物」っていう概念も掘り下げると
なかなか面白いですよね。地球だって乗り物だし。
宇宙は膨張し続けていると言われているし。
「ゴール」ってどこなんだ?
「速い」って何?速さを上げ続けるとどうなる??
そういう与太話大好きです。そういう話を
学問上の正確さだけの観点に限定する必要も
無いのではと思いますね。

投稿: kuroneko | 2008年11月 2日 (日) 02時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光速度不変の原理の中でホームに立つ或る日:

« 今日も一日 | トップページ | 映画「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」 »