« 生きることとは死ぬこと | トップページ | news「収入なく餓死か」 »

2009年1月14日 (水)

本「億万長者はハリウッドを殺す」

本「億万長者はハリウッドを殺す」(上・下巻)
 
 
アメリカ創世記から2008年の今現在に到るまで
(本書で取り扱っているのは1980年代レーガン政権まで)
我々を取り巻く世界は「一貫して」一体誰に支配され
続けているのかということを実在の超巨大財閥に巣くう
人間たちの『履歴』を徹底的に洗うことで調べてみよう
というなかなか興味深く且つスリリングな本。

10代の頃読んでいたら大変な衝撃を受けてしまったかもしれない。

というか間違いなく受けていただろう。でも小物の自分は
どちらにしろ「今の自分」に近いところに着地していただろう
とも思い直した。

20世紀に世界規模でおきた大事件の"点"と"点"を若干荒っぽく
ではあるが長大な200年近くに及ぶ『線』に縫合仕立てた労力と
勇気には評価したい。日本人としてもさらに加点しなくては
なるまい。本書はその荒っぽさで永遠に評価は別れっ放しの
一種の奇書であろうが十分手荒に扱われた我々としてはこの
くらい手荒に総括してやってもいいだろう。勿論一方的な
被害者面しているわけでは無論無いが。

また本書の手法は自分が全く偶然ではあるがかねがね有効では
ないかと考えて実践も考えてた手法そのもの(その人の発言ではなく
あくまで生きて動いた行動の軌跡と出自のみから考察して正体を考える)
なので推理小説同然に楽しく読めた。

映画に長年親しんできて蓄積されてきた邦画・洋画を問わない
ある『疑問』というか『疑惑』は本書によりほぼ『確信』に変わった。

と言ってみても自分もそれなりに擦れた三十路過ぎなので
極論的には

「まあ、偉いこっちゃけど仕方無いわなー我々負けたし
今も負けっ放しやしこの分じゃこれからも多分負けるし」

という程度のリアクションで今後も映画を観て酒飲んで
何か適当に食って適当に働いてどこかの勝ち組とやらに
適当に(といいつつ出来る限り)抵抗して死にます。

本好きでお暇な人は一読をお奨め。
テレビのワイドショーとかお好きな方は。。
あまり鵜呑みされないように。

10代の方は読了後、ご両親や先生、ご学友などなるべく
沢山の意見を異なる方々とディスカッションしてさらに次々と
読書をされていくがようかろうて。

とりあえず自分は残り半分の人生を生きるのにエネルギー補充
された&次の試験の傾向と分析には確実に役立った感じはします。
つまりは
生きるのがより恐ろしくなり、より面白くなった。

映画好きを自認する人にとっては必読の書か。
希代の奇書か、はたまた禁断の本か。

今この瞬間も世界は本書の登場人物達(とそのDNAを継ぐ者達)の
思うがままに進んでいる。。??

注:入手はやや難かも
----------------------------------------------
「億万長者はハリウッドを殺す」上・下巻
広瀬 隆(ひろせ たかし)著
講談社

 

 

 

 

|

« 生きることとは死ぬこと | トップページ | news「収入なく餓死か」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ユダヤ系とハリウッドは根が深そうですね
ドイツ軍とかヒトラーの描写がすごく一方通行ですもんね
僕かの見方が歪んでるのかもしれないですけど
スピルバーグの「シンドラーのリスト」もなんかどうしてもプロパガンダ臭がして、あまりいい感じがしなかったです
そう
アメリカってさりげなくプロパガンダを入れるのがうまいですよね
ちゃんとエンターテイメントとして成り立ってるからけっこう疑わず楽しんでみちゃって、そういうもんだと思ってたら
実はプロパガンダにひっかかってたなんてのもありがちです

投稿: 万物創造房店主 | 2009年1月18日 (日) 18時43分

>ドイツ軍とかヒトラーの描写がすごく一方通行
これはここ数年、雪が溶けるかのように
一方通行の「理由」が漏れてきてますね。
私はもうほぼ個人的には理解できました。
 
問題は戦中ではなく戦後の支配体制に
カラクリがあるわけすね。

投稿: kuroneko | 2009年1月19日 (月) 23時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本「億万長者はハリウッドを殺す」:

« 生きることとは死ぬこと | トップページ | news「収入なく餓死か」 »