« 映画「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」 | トップページ | 孤独氏願望。 »

2009年2月 2日 (月)

news「無銭飲食「困窮」アピール」

大っぴらに無銭飲食 若者ら「困窮」アピール フランス
-------------------------------------------------
(略)
大型スーパーで棚から食料品を勝手にかき集め、
持参したテーブルに載せて買い物客らに振る舞う――。
こんな過激な方法で経済危機による国民の「困窮」を訴える
運動を、フランスの若者たちのグループが続けている。

 先月31日はパリ郊外パンタンのスーパーで
「不況のツケを国民に払わせるな」「生活必需品への税金をなくせ」
などと訴え、野菜やチーズ、パン、お菓子を代金を払わないまま
ほおばり、買い物客らにジュースを勧めた。

 これで5回目だが、毎回メディアが取材し、注目を浴びている。
店側から抗議はあるものの代金は請求されず、
警察ざたにもなっていないという。
「取り組みが支持されているから」とメンバー。
総菜売り場に勤務する女性も「私も支持する」と笑顔で見守っていた。
-------------------------------------------------
[http://www.asahi.com/international/update/0202/TKY200902020149.html?ref=goo]
2009年2月2日19時30分

なかなかユニークなニュースだ。
お国柄といってしまえばそれまでだけど
日本でこんなことをすればまず色々な意味で大変悲惨な
ことになってしまうだろう。実行者は逮捕されて当然のごとく
個人情報を全国区で派手に報道されて凄惨な"見せしめ"に
合うことは必定。

無銭飲食は当然いけないが"アピール"が目的だから逮捕覚悟で
ひたすら目立つことを目的として自分達で食うだけでなく客にも
勝手に食品を振舞うのはなかなか心意気はよろしいかと思う。
自分がジャーナリストだったら彼らに断然インタビューをして
深く考えを聞きたいものだ。
まあたいした思想も持ってなさそうだけど(^^)

勤務する人が公然と彼らに支持を表明するのも
抗議に留めて代金を請求しないのも何だか
国よりも"人"が上にある革命を成した"骨太な国"というところか。

被害にあったスーパーが注目を浴びてかえって売り上げを伸ばす
可能性もあり、彼ら実行グループがその注目度ゆえにサルジコ
大統領の目に止まり何らかの有効な対策がトップダウンで下される
可能性だって充分にある(まあそうなれば実行グループは英雄に
なって彼らの完勝となるので政治的力学としてありえないが)。

何だか妙な世の中だ。
彼らは対費用効果を考えれば賠償をする必要がないどころか
相当な金額を貰うことだってできてしまう。

悪く言えば目立った者勝ち。
よく言えばアイデアを利かして人心を掴んで世の中を変えることは
ある程度は誰にでも出来るということだろう。

根本的には世界的に末期的なのは違いなく
症状は悪化の一途だというのに。

明るいニュースか暗いニュースなのかもよくわからん(^^)
って暗いニュースだよな。フランスは最近暴動もおおいし。
まったく人間ってのは。。よくわからんす。。 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 映画「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」 | トップページ | 孤独氏願望。 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

いやいや
文句言わない平和な街&店を演出しつつ
裏で抹殺してるんですよ
老人会みたいなやつが・・・

投稿: 万物創造房店主 | 2009年2月 4日 (水) 17時19分

>老人会みたいなやつが・・・
「フォットファズ」に出てきた連中みたいな(^^)
でも広い世界では本当にそういうのあるみたいすね。
ホテルカリフォルニアのような異界も普通に
あるらしいすね。

投稿: kuroneko | 2009年2月 4日 (水) 23時47分

しかしまぁ実際
うちの店でこんなことされたら確実にドツキ倒します
「このガキャー!世の中なめんじゃねーっ!」つって
自分の手足切ってバーベキューにして振舞うぐらいの根性ほしいっすね

投稿: 万物創造房店主 | 2009年2月12日 (木) 20時35分

>自分の手足切ってバーベキューにして振舞うぐらいの根性
最近つくずく悟りましたが
「自分の身を削る」という思想は欧米には
「絶対に」無いのじゃないでしょうかね。
そう思うと彼らの行動って大体読めますよね。

投稿: kuroneko | 2009年2月12日 (木) 23時42分

うーむ
まぁだからこそ特攻とかが「クレイジー」とか言って理解できないんでしょうねぇ

自分の身を削って他人を助けるってどこから発祥したんでしょうね

仏陀の弟子に
飢えた獣のために生きたまま
自らの体をエサとして与えたお話がありましたが
仏教の影響でしょうかねぇ・・・

即身仏とかも世の中の平安のために死ぬんですからねぇ

投稿: 万物創造房店主 | 2009年2月16日 (月) 13時44分

特攻とか極限状態まで行かなくて
いいんですけど、今回の世界同時不況は
私的には「絶対に一円たりとも損しないシステム」
の破綻だったと思うんですよね。勿論破綻の
犠牲者は貧乏人なんですけど。
欧米人が日本通になればなるほど根本の
「名こそ惜しけれ」が全然判ってなくて
正直腹立たしいすね。和服着て正座すれば
「サムライ」みたいな(^^;)
そのくせ土足で人の国の歴史を蹂躙しまくる。
友人に欧米人っていないのですが
その辺りを腹を割って話しをしたいと思う
昨今です。場合によっては物理的に腹を割って
もらう。。なんて(^^)
昔のいい日本映画見ちゃうとしみじみ
「ぶっ壊されたなー」って思っちゃいますね。
負けちゃった自分達も悪いのですが。


投稿: kuroneko | 2009年2月16日 (月) 22時57分

>「絶対に一円たりとも損しないシステム」の破綻
僕の感覚では
自然は偉大なんだ~だから自然にまかせるのが一番なんだ~って言って
河川整備やめて、堤防とかいっさい作らなかったら
大洪水が起こりました
みたいな感じですね

投稿: 万物創造房店主 | 2009年2月23日 (月) 18時19分

>河川整備やめて、堤防とかいっさい作らなかったら
大洪水が起こりました

私は動機が若干違う感じを受けますね。
洪水を起こさせるために堤防を作るのを
禁止したがここまでとは。。
って感じすね。馬鹿馬鹿しいなあ。

投稿: kuroneko | 2009年2月23日 (月) 22時16分

時間がたってから見ると
自分の意見もちょっとちがって見えました
「弱肉強食こそ自然!って言って
サファリパークにしたら
人間社会じゃなくなっちゃいました」
みたいなのはどうでしょう
そういえばやっと
アメリカ社会で150憶ほど退職金をもらって悠々とリーマンショク引責辞任した各CEOたちに批判が集まりだしましたね
まったく
元凶が人一番金もらって逃げ切りはあまりにもヒドイ
まぁ日本も妻に全部財産移して離婚
会社を倒産させて自己破産
なんて手がよく使われますけど

投稿: 万物創造房店主 | 2009年3月 2日 (月) 15時07分

>「弱肉強食こそ自然!って言って
>サファリパークにしたら
>人間社会じゃなくなっちゃいました」
>みたいなのはどうでしょう
ほぼ同意すね(^0^)
"人間社会じゃなくなった"は東京で生きていて
よく思いますよ。動物同然の目つきをした
老若男女がウヨウヨしてます。
 
>元凶が人一番金もらって逃げ切り
「オール・オア・ナッシング」はまさに
アメリカ流すよね。日本人はまだまだこの
怖さが判っていないすね。一番判っていない
のが高学歴のはずの政治家さん達というのが
全く笑えないすね(ーー;)
一体何勉強してきたのやら。。

投稿: kuroneko | 2009年3月 3日 (火) 12時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「ザ・ローリング・ストーンズ シャイン・ア・ライト」 | トップページ | 孤独氏願望。 »