« 映画「雪夫人絵図」 | トップページ | 映画「銀座化粧」 »

2009年5月14日 (木)

裂_09_05_10

 
 

ボロボロだった愛車(バイク)の車体用カバーをようやく買う。

どれくらいボロボロだったかというと
アメリカンタイプなので一番緊張力の発生する上部のハンドルから
後部座席に渡る部分が数え切れないくらいの裂け目が入り
そのつど「ガム(布製)テープ」で補強して(←補強になっていない)

それらが劣化してその上にまたガム(布製)テープ貼って
そんなガムテープ達の奮戦でも全くどうしようもない根本的な
"裂け"がかなり前から出来てしまい裂け目が日々どんどん
集中的に中央部分に出来て一週間前からはカバーが
中央部からほぼ二つに裂けてタンクシートが丸見えのような
可哀想な状況だった。

彼女に何年も服を買ってあげないでボロボロの同じ服着させて
いるのと同じ状態だ。ゴメンよー黒王。。←バイクの名前。

名前は漫画「北斗の拳」のラオウの愛馬に由来。
大きくてタンク部が黒いので。
(前の初代愛車は全体的にレッドワインだったので赤王)

というわけで
物凄い久しぶりに上野のバイク街に行った。

(バイクグッズ収集にはあまり興味が無いので他のアリアを禄に知らず)
来る度にこの辺のバイク関連の店の件数は明らかに減ってきて
いるように見えるがもう歯抜け状態すらも過ぎて本当にチラホラ
としか残っていないのー。

人も本当に疎ら。というかいない。。休日なのに。

店を何軒も回るのは最早面倒だと前から愛用していた
全階にバイクグッズが置いてある大きめの店がかなり前に
閉店したような感じになっていたのには驚いた。

さらに
バイクカバーも4年振りくらいに買うので値段の相場をすっかり忘れた。
2000円~3000円くらいだと思ってたけど
ビッグバイクは7000円~1万円(定価の場合)もしていたんだなー。
高い。さらにショック。

金をケチって5000円前後の黒王にサイズが合うか不明な
中型バイク~大型バイクまで適応する商品を見つけてじ~と眺める。

「バイクカバーここにあるだけですか?」
と店員に聞くと速攻の即答で「そうです」の素っ気無いお答え。

相変わらずバイクショップの店員て極度に愛想悪いか
過剰に説明好きかのどちらかが多い。
これは推測するにまずバイク好きから高じてこの
業界に入ってくるパターンが以前として多いことと
入社後に
"サービス業としての他業種が常識的に取り組んでいる
接客向上のための店員の教育と訓練"為のコストを著しく
軽んじて避けているからだと思う。

バイクショップの経営がかなり前から全般的に苦境なのは
バイク乗りが減ったのだけが原因じゃない
ずっと前から思い続けやはり今もそう思う。

商品を何度も見て躊躇うパターンは自分の人生では
悪い結果になる兆候なのでそれは置いておいて他の店も
回ることにする。

。。。っつか回ろうとする店自体が無い!!(^^;)

今日も今日とてこの後、映画を観るのでやや焦る。
「後日買う」は絶対に避けたい。

結局次の店で5000円強でメイドインUSAのバイクカバー
をゲット。ちゃんと自分のバイクも対象に記入
されていたから心配ない。良かった。。

隣りにあった日本製品のこの手の大手製品と思われる
ビッグバイクの最大サイズのものは8000円弱だったので
余計に嬉しい。2000円以上の節約になった。←ポジティブシンキング(^^;)

------

帰ってきて黒王を洗車しておニューのカバーを
かけるとかなり大きめな感じ。
まあアメリカ製じゃけんのー

でも心なしか黒王も安心したかのように感じるのは気のせいではないだろう。

隣りに置いてあるバイク(レーシング型)の兄ちゃんは
パーツをばらしてピカピカにしている姿をよく見るので
私のバイクへの扱いを見て憤慨していたことだろう。

約1ヶ月ぶりくらいに我が黒王を駆って周辺を走ってみたら
自宅から現時点で一番近いガソリンスタンドも
閉店していた。。凹む。

もともと今のアパートに引越ししたトリガーの一つ
となったアパートから100m程度のところにあって
便利もいいところだったガソリンスタンドもとっくに
無くなっているし。。

この閉店したての店の次に近い店はすぐには
思いつかない。トホホ。。

とりあえず半裸状態で不憫だった我が愛車黒王ちゃんは
しっかりとカバーがかかって安心なのでとりあえずいいや。

今年は久しぶりに長距離を思う存分走ろうぞ!黒王よ!!
( ̄ー+ ̄)







  
  
  
  
 
 
 
 





 
 

|

« 映画「雪夫人絵図」 | トップページ | 映画「銀座化粧」 »

日記」カテゴリの記事

コメント

僕もバイクカバー破けてきてたんで買ったんですけど
1000円のにしたら
1年ほどで再びビリビリになりました
めちゃはえーΣ( ̄□ ̄|||)
そゆわけで
次は同じメーカーの2000円のに挑戦したく思っています
2倍もつのかな(-_-)?

投稿: 万物創造房店主 | 2009年5月21日 (木) 20時22分

何かバイク用品って全体的に意外に
もたないですよね。業界全体がイマイチ
盛り上がっていない感じがずっと前から
してますね。某有名バイク店の接客も
ひどいもんだし。

投稿: kuroneko | 2009年5月21日 (木) 23時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「雪夫人絵図」 | トップページ | 映画「銀座化粧」 »