« 死_09_06_26 | トップページ | 映画「徳川いれずみ師 責め地獄」 »

2009年6月29日 (月)

リーマン戦記(18)

リーマン戦記(18)
とりあえずハ○××ークに行く]という構図を止めよう。


物事というものは往々にして、いやほとんどの場合
上手くいかない時は第一歩目で決定的な誤りを踏んでいる
と見て間違いない。

自分でフリーター時代に実際に何社も面接を受けた
者として、またテレビの報道等を見ていて
就職活動の場合に最もやってはいけないことは
「安易にハ○××ークに行くこと」だと常々思う。

もし自分が被雇用者で面接する立場だった場合
「ハ○××ークで紹介されて来ました」と言われた時点で
顔にも態度にも絶対に出さないがその人の不採用を
ほぼ決定するだろう。

仕事に就く時に最も大事なことは「熱意」ではないかと思うからだ。
「その仕事に何が何でも就きたい」という熱意を見せること。

対象の会社を時間の許す限り徹底的に調査して
店舗のある店だったら当然、面接の前に現場を取材しておく。
そして当然、扱っている商品も頭に少しは入れておく。
現場の人の働きぶりもよく見ておく。

それらについての感想を述べただけでも相当の加点に
なるはず。

1) 相手(雇用者)に自分がどうしても他の会社ではだめで
  ここで働きたいことを印象付ける。

2) 即戦力になれる人間であることを印象付ける。

この2点を満たせば内定は取れたも同然だからだ。

「ハ○××ークから(紹介されて)来ました」
「ハ○××ークに今通っています」は

戦略として永久に上記の2点を満たすことはないだろう。

なぜ求職者達は募集要項を自分たちの手で捜して
直接門を叩かないのだろうか。

別に求人しているかしていなかなんて実は関係ないのに。

自分の会社を良く調べてくれて礼儀正しくて
能力もありそうな人間なら大概は
面接くらいはしてくれるだろうし
上手くアピールできれば採用されるか
採用されなくても何らかの有効なアドバイスを得られるだろう。

そんな演技すらもする気もなく
資格が無いから
年齢制限にひっかかるから
不況だから
と言い訳するのは勿論勝手だけど

そんなどこまでも受身でしかない人達を雇ったら
どんな企業でもやがて潰れるだろうな。

職に就きたい欲求の大きさと
要求の傲慢さはなぜか比例するから不思議だ。

謙虚になれなんて言わないが
自分が雇いたい人間に"見えているか"どうか
もう一度よく考えてみよう。

年齢も資格も関係ないのだよ。
人は見た目が9割(本当は10割)なんだ。

自分は失職しても興味本位ではハ○××ークには
行くかもしれないが職捜しのツールとしては
絶対に使わないだろう。何歳になっても。

だってそんな平凡なツールを使っていることを
評価する(雇用する)人間なんていないだろうから。

ターゲットの企業に対しての情熱と独自の戦略を揃えたらば、
募集しているかどうかを問わずに直接門を、、

叩くべし!
叩くべし!!
叩くべし!!!

さすれば扉は。
開かなくても即座に次のターゲットを
叩くべし!!!(*゚Д゚) 

 
 
 

<=== Back                      To be continued ===>

 
 
 
 
 

|

« 死_09_06_26 | トップページ | 映画「徳川いれずみ師 責め地獄」 »

リーマン戦記」カテゴリの記事

コメント

まぁ僕はサラリーマンしたことないので、なんとも言えませんけど
それができる人ならとっくに職があると思います
世の中
これくらいできるだろって思うことが
できない人がいるんですよね
僕は電気工事の資格をとるときに、授業料タダなので、半年ほど職訓に通ったことがあるのですが
そこに入るとき一緒に面接を受けたおっちゃんが
「特技はなんですか?」と聞かれて
「えー・・・・・・・・」と散々悩んだすえ「算数です」と答えたのは
めっちゃ吹き出しそうになりました
「数学ならまだしも算数じゃ特技にならんだろ!」ってツッコミかけました
また、そのおっちゃんが見た目いかにも何もできそうもない人なんですよね・・・

投稿: 万物創造房店主 | 2009年7月 1日 (水) 19時26分

出来ないと自覚している人は
全然問題ないと思います。
助けたくもなります。
 
出来ないことを
居直っているプライドだけが
ある人はどうしようもないですね。
最近の日本の大きな問題は不況では
なくて"プライドと偏見"ですかね。
プライドと偏見しかない人が
様々な階層の様々な権限を
がっちり握ってしまっている。
戦争と同じくらいかそれ以上に
恐ろしいことだと思います。

投稿: kuroneko | 2009年7月 2日 (木) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 死_09_06_26 | トップページ | 映画「徳川いれずみ師 責め地獄」 »