« news「EU 第二次大戦以来の危機」 | トップページ | 映画を楽しむ方法(1)~新作「猿の惑星」の場合~ »

2010年5月22日 (土)

news「金総書記 "やっていない"」

  
 

金総書記、訪中で沈没関与否定「やっていない」
-------------------------------------------------
 【北京=大木聖馬】北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記=写真、AP=は
今月3~7日に訪中した際、胡錦濤国家主席との首脳会談で、3月26日に起きた
韓国海軍の哨戒艦沈没に関し、「我々はやっていない。韓国が勝手に我々の犯行と
言っているだけだ」と自身の口から述べていたことがわかった。

 中朝関係筋が21日明らかにした。

 軍最高司令官である金総書記が自ら関与を否定することで、中国側に「無実」を
強くアピールする狙いがあったとみられる。胡主席がどう応じたかは明らかでない。
これまで北朝鮮は、金総書記の訪中の際に沈没事件への関与を否定したと報じら
れていたが、金総書記自らが発言したかどうかは明らかになっていなかった。
-------------------------------------------------
[http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100521-00001220-yom-int]
5月22日6時3分配信 読売新聞

 
 

北朝鮮という国家体制を擁護する気は全く無いし、今回の沈没事件の真実は文字通り
すでに"深い闇の中"であるが、何となく金総書記の哀れを感じる記事ではある。
韓国海軍の哨戒艦沈没への米韓の対応については、今回の事件のタイミングと
北の犯行との断定とそれに至った時間経過の一連の流れがベトナム戦争の発端と
なった「トンキン湾事件」に個人的にはかなり近いものを感じ、一言で言うと
「仕込みは整った」という印象が強い。"どちらの側の仕込み"かは言うまでもないだろう。

対内・対外情勢の長期的安定は最早相当に難しい厄介なこの北朝鮮という国に
対してとりあえず米韓は"本格的に三行半をつけました"ということが今回の対応に
込めた北朝鮮(=金独裁体制)と世界へ発したシグナルなのだろう。

出来の悪い弟のようで、それでいて利用価値もこれまで充分にあって実際に
利用しつつも陰に陽に支えてきた中国も今はかなり冷めた感情で見つめている
であろうことが記事の行間から察せられる。アメリカと韓国は今回の事件に
ついては、それなりに連絡を密に取り先の先までの状況を見越した上で
アメリカのお家芸の観もある"今後のシナリオの逆算に基づいた状況証拠"
きっちり揃えてのここ一週間で発せられた情報と見える。

今回の沈没事件を契機にしてごく近い将来起こるであろう北朝鮮を巡る混乱を
陰謀と一言で書いてしまうのは余りに容易いが歴史を紐解けば、それなりの規模の
カタストロフィの契機となる事件というのはそのほとんどが事の核心部においては眉唾
であろう。

自分達独自のチャンネルを持って情報の収集・調査・分析をして、そこから
近隣諸国への賛同なり同調なり静観なりを決定していくということがまったく出来ない
ことが舵を取っている本人達ではなく国民が骨の髄まで知ってしまっている
我が国も、その硬直性と国民の諦めと絶望の深さにおいて北朝鮮といい勝負である。
10年・20年の長期スパンで見れば"崩壊後の一大成長"が確実に待っている北朝鮮の
方が絶望の度合いはむしろ日本の心ある国民のそれよりも小さいかもしれない。

アジアの一国として、それなりに先々までの立ち位置を熟考した上でアメリカと歩調を
一にする韓国と、何も考えず未来のビジョンも無くその場限りの発言を無意味且つ
無軌道に繋げて内外の失笑とアメリカの軍事外交的な信用を著しく失ってしまった日本。

国民に対しても国際情勢に対しても何もかも追随・追認に終始して後手に廻る
ことしか出来ないシステムを上に置くことの無意味さと恐怖を我々は知るべでき
ではないだろうか。これから起こるであろうアジア情勢の長期的な混乱を思えば、
今すぐに舵を切らなければ大変なことになる。国際社会から最後の最後に笑い
ものになり見放されるのは北朝鮮ではなく我が国ではないだろうか。

北朝鮮については、対外的にはすでに将棋でいうところの"詰み"のような状況であるが
問題は金一族というピラミッドの頂点そのものよりも独裁体制の維持により実質的な
権力を握っている頂点のすぐ下の層の人間達であろう。

世界経済が堅調であれば朝鮮半島情勢は一気に悪化するに相違ないのは皮肉だ。
先進諸国には今しばらく喧嘩をする元気はない。無類の喧嘩上手?のアメリカは
今回も過去に実行してきたマイ・ルールにならって相手にサインを送った。

北朝鮮の心ある人々は金体制の否を認め周到に速やかに立ち上がるべし。
日本の心ある人々及び現在の惨状を憂う人々は現与党及び内閣に速やかに
Noをつきつけ大局観を持つリーダーを変えるように動くべし。そんなリーダーが
日本人の中に一人でもいればの話しだが。


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« news「EU 第二次大戦以来の危機」 | トップページ | 映画を楽しむ方法(1)~新作「猿の惑星」の場合~ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

>「トンキン湾事件」
今回もアメリカ陰謀説が色々出ていますが
僕は今回は違うと思いますね
中米はもともとあんまり関わりたくない感じで
何も起こって欲しくなかったと思います
金正日がやってないとか言うのも、金正日の権力がなくなって(もしくはすでに影武者?)の、コントロール外の第二勢力の暴走によって起こったからではないでしょうか
この第二勢力は世界情勢が読めず、世界があまりにも無関心なので、いつものクレクレくん心が働いてやっちゃったのではないかと
ミサイル発射と同じで・・・
まぁとりあえず今回わかったことは
戦艦一隻沈んで国民が数十人死んだぐらいではアメリカ様は助けてくれないということですね
今回沈んだのが日本のイージス艦だったとしたらどうなんでしょう
ミサイルが飛んで来て、対馬とかが小規模に破壊されたらどうなるんでしょう
アメリカ様は果たして助けてくれるのか?
自衛隊は専守防衛なので、潜水艦を領土外にに追いかけて行ってなんとかはできませんし
ミサイル発射基地に対しても攻撃はできません
どうしましょ
ま、とりあえず経済制裁もっと徹底してやってほしいですね
あそこは経済的に責めて政権崩壊させるしか手はないでしょう
ところで、日本国内の将軍様の学校にお金を出すとか言ってる話はどうなったんでしょうね
全部、本国に送金されるかもしれないのに

投稿: 万物創造房店主 | 2010年5月29日 (土) 12時33分

>「トンキン湾事件」
 
私のこの事件の持ち出しの理由は少しニュアンスが
異なるのですよね。事件自体がアメリカの陰謀だとかいう
意味での類似ではなくて、アメリカがベトナムをいじくり回そうと
決意満々で起こしたのが「トンキン湾事件」で、"北"を主体的に
いじくり回す決意を固めた(北の自主的なある種の健全な
国際社会への適応をほぼ完全に諦めた)という意味での類似です。
 
因みに今回の事件は個人的には北(=金体制)は"白"だと思います。
もし北がやったとしたら金体制を内部崩壊させる約束を
アメリカあたりにした内部勢力が関っているのでは
ないでしょうか。なぜなら、こんな事件を起こしたら、金体制の
崩壊に傾くことは誰にでも判ることだからです。
記事で書いた通り北を擁護して言っているのではありませんが。
 
>中米はもともとあんまり関わりたくない感じで
>何も起こって欲しくなかったと思います
 
う~ん、そうでしょうか?
もともと、今の北が北となった多大な責任を負う中米露に
「関りたくない、何も起こって欲しくない」なんて言う資格は
ないと思いますね。金政権があらゆる意味で利用価値が
どの国にとっても無くなったのだと思います。はっきりいって
一番の利用価値は半島を不安定にしておくことで日本の
鼻柱を押さえておくことでしょう。日本はメデタク国民が
すっかり阿呆になってくれて国会を"蛮族"に占領されて
自壊寸前ですしね(ーー;)目的は達せられたから金政権
はもうお払い箱でしょう。
 
>アメリカ様は果たして助けてくれるのか?
 
もうここまで自壊してればどっちでもいいと私は思いますね。
自暴自棄。自衛隊を今後、色々調べて心ある人を
応援していこうと思います。自衛隊だけで守れるとは
思いませんがやれるところから手をつけていかなきゃ
仕方がないっすね。
 
>あそこは経済的に責めて政権崩壊させるしか手はないでしょう
 
問題は崩壊後ですね。すでに米中韓では相当に突っ込んだ
話し合いがされていると思った方がいいでしょう。日本は
またしても蚊帳の外でありながら最も重い負担を強いられる
のでしょうね。これまで通り。
「主要な島以外全部、我々に明け渡せ。北の人々や難民を
救うためだ」なんてもっともらしいこと言われるかもしれません。
勿論、民主党は即OKでしょう。国民への説明もなく国会での
審議もなく。多数決だけやってしまえば国境も憲法も何を
変えてもOKなのが「彼等の民主主義」ですからね。
 
>日本国内の将軍様の学校にお金を出すとか言ってる話

国民が忘れた頃にコッソリ配布でしょうな。
日本国民よ!いい加減に怒ろうぜよ!!

投稿: kuroneko | 2010年5月30日 (日) 00時29分

>金体制は"白"
ま、僕もそう思いますね
反もしくは別金勢力です
ただ、国際関係など何も考えていない勢力の可能性もあります
ただ単に力を誇示したいだけの

>「何も起こって欲しくない」なんて言う資格
資格なくても思ってると思います
中米露それぞれ事情は違うと思いますが
少なくとも中国は歴史的には朝鮮半島は中国領土という歴史教育をしているので、最終的には全部中国領土にしたいのだと思います
ちなみに歴史的には沖縄も中国領土だそうです
日本も伽耶国をとりあげて歴史的には南朝鮮は日本の領土と主張すればいいのに
最初に多くを要求してから交渉で下げていき妥協するのが基本ですからね

投稿: 万物創造房店主 | 2010年5月30日 (日) 17時48分

>国際関係など何も考えていない勢力の可能性も
 
あくまでも推測にすぎませんが、そこまで体制が
枝分かれしているとも思えませんね。金総書記の
威勢のいい"たわ言"を側近が悪用したという
ところかもしれません。結局のところ"発端"を同様の
スキームで"北=悪"という長年かけてしっかり構築した
枠組みをここぞとばかりに米がガッチリ利用して中露も
慌ててボールを追いかけてる構図かと思います。
 
>ちなみに歴史的には沖縄も中国領土だそうです
これを言い出してしまうと消耗戦に突入して
日本は負けるので日本は常に
always , everytime , everywhere ,
このロジックを持ち出されないように持ち出されても
かわせるように国民として基礎体力を維持しないと
いけないですね。どんな政権になろうとも。
民主党はこの点において歴代のどの自民党政権よりも
すでに減点ですね。いかに野党として何も
勉強しないで与党よりもお気楽な甘い汁を吸って
きたかということですね。社民も共産も。
国民は呆れ、絶望していますね。与党にも野党にも。
 
今後10年で日本が国政として何とかすべきは経済よりも
外交の方でしょう。経済は企業や在野の人々に
丸投げした方がむしろよっぽど上手くいくであろうから
心配ないと思います。外交は歴史的な経緯を確実に
抑えなくてはいけないしタフネゴシェーターでなくては
ならない。どちらも今の日本では人材不足だし急速な
教育も無理ですね。今すでにいる人材を早期に
見つけ出して対応させるしかないと思います。

投稿: kuroneko | 2010年5月31日 (月) 00時41分

>経済よりも外交
まさしく、その通りですね
僕は経済は外交にくっついて来るものだと思ってます
海外にいても国が守ってくれないと安心して商売はできないですし
規格を国どうしの話し合いで決めるのも外交です
為替や関税の問題も外交ですし
とりあえず
日本は資源のない島国なので外国との売り買いなしに生きて行けませんし
国の信用・後ろ盾・外交なくして海外では商売できません
きちんと日本人・日本企業を守れる外交・政策をやってほしいものです

投稿: 万物創造房店主 | 2010年5月31日 (月) 17時26分

>きちんと日本人・日本企業を守れる
>外交・政策を
今の"変な人達"がいなくなってくれさえ
すればすぐに良くなるんですけどね。
早くどいて欲しいっす。一刻も早く。
お願いどいて!お金あげるから!
持ってけ!「泥棒」!!

投稿: kuroneko | 2010年6月 1日 (火) 00時40分

朝鮮日報6月4日記事に
『北朝鮮は今月2日夜、朝鮮労働党組織指導部の李済鋼(リ・ジェガン)第1副部長(80)が交通事故で死亡した、と発表した。
 李副部長は、北朝鮮の国家権力をコントロールする朝鮮労働党組織指導部(部長:金正日〈キム・ジョンイル〉総書記)に37年間勤務し、金総書記の三男ジョンウン氏への後継作業にも深く関与していた人物だ。
―中略―
北朝鮮情勢に詳しい消息筋は、「1970年代、金総書記への世襲に反対したキム・チャンボン民族保衛相(国防長官)も交通事故で死亡した。証拠はないものの、李副部長の死も、権力闘争と何らかの関係があるのではないか」との見方を示した。』
とありますね
前のデノミ失敗の処刑といい
やはり何か内部でがたついているようですね

投稿: 万物創造房店主 | 2010年6月 6日 (日) 18時50分

>やはり何か内部でがたついているようですね
 
・金体制を維持するためには安定させなくてはならない。
・金体制が維持される限り朝鮮半島周辺に安定はやってこない。
北朝鮮・韓国・日本の国民にも安定はやってこない。
・不安定な情勢が余りにも長く続き過ぎて"次の世界"を各国共に
描けていない。
 
日本も全くもって何の準備も出来ていないですよね。
その方が政治にとってもマスコミにとっても都合いいのでしょう。
解決したら"お金"にならないですものね。


投稿: kuroneko | 2010年6月 8日 (火) 00時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« news「EU 第二次大戦以来の危機」 | トップページ | 映画を楽しむ方法(1)~新作「猿の惑星」の場合~ »