« 「東京島」(2010)から「アナタハン」(1953)へ | トップページ | 独_10_08_29 »

2010年8月28日 (土)

日本国憲法第20条

日本国憲法第20条

 

-------------------------------------------------------------------
条文

  1  信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、
      国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。

  2  何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。

  3  国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。

-------------------------------------------------------------------

 

信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。
→"好き勝手に何でもしていい"ということでは断じてない

いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。
破られすぎ。宗教とすら呼べない愚連隊の集団に"政治上の権力"を今年ほど
  濫用された年も日本の戦後史上あるまい

何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。
→自覚して守っている政治家は何人いることであろう。。

国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。
→自覚して守っている政治家は何人いることであろう。。

この第20条がしっかりと守られる国になるというだけで
政治も経済も驚くほどに早急に立ち直るだろう
"本当の日本国民"の生きる気力の回復も計り知れない
しかし今の日本を占領している多くの政治家達と政党とも呼べない
集団にとってはこの第20条はハッキリと目障りであろう。

政治家の皆さん、しょうもない人々を国会に送り続ける皆さん
"今の憲法"もこの"20条"も邪魔ですか?
"3つセット"である意味が判りませんか?

 
 
 
 
 
 
 
  


 
 

 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 「東京島」(2010)から「アナタハン」(1953)へ | トップページ | 独_10_08_29 »

憲法」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「東京島」(2010)から「アナタハン」(1953)へ | トップページ | 独_10_08_29 »