« 映画「マン・オン・ワイヤー」 | トップページ | 日本国憲法第15条 »

2010年8月15日 (日)

真面目な話。

 
 

訳の判らない人間達で日本の中枢が占拠されてしまった結果、
日本の税金が日本人以外の人間によって好き勝手に使われる事態が
誰の目にも見えて本格的に到来した年として今年は記憶されるだろう。
理由は何でもよくて虚実関係なく過去の事例をそれらしく作って
補償を求める。そして実際に補償を受け取るのは事例とは何の
関係もない個人や企業、国家となるだろう。

当然、日本経済はそんな戦争よりも悪質極まる状態に耐えられる
はずもなく、底が抜けた状態となってしまう。日本の中枢を占拠した
人間達は日本の経済を向上させまた円滑になせる術など持ち合わせる
はずもなくただ単に「命令」に従わない場合の「罰則」をひたすら強化する
ことと、自分達の考えた愚劣な単純労働に日本人を強制させること
しか出来ないだろう。それを見て対岸の国々はさらに嗤うであろう。

このスキームによって日本人に刷り込まれた戦前・戦中の悪しきイメージや
実際に行われたであろう愚行の正体も逆に見えてくることとなる。
全ては能力の無い者に権力を集中させたことから始まりチェック機能
が完全に麻痺すること
により能力の無い者は指し示す命令を遂行する
人間全員がいなくなるまで
(完全に破綻するまで)命令を発し続けることとなる。
「あの愚行を繰り返すな」と本気で言っているなら、
今この国を占拠してしまっている無能な連中を退場させることに尽きる

問題の根幹はどこにあるかと言うと、存在しない虚構を本気にしている
というところにあるように思う。存在しないことを前提に物事が決まって
いけばそのあやふやな"虚構の物語"に向けて人を含めた全ての
リソースが投入されていくこととなる。

一切の虚構を今すぐ廃して進んでいかないと、日本は無くなってしまい、
優秀な人材と技術を失うことにより世界経済と政治もまた混乱すること
になるだろう。日本解体が目に見えて行われて今の様子を面白く
眺めている人々もまた結局は日本の没落により自分達も没落する
ことになるのである。

平和が大事だと言うのであれば、
これから起こる世界的規模の混乱を最小限度に抑えたければ、
虚構を廃せ。

日本の子供達だけでなく世界中の子供達や弱者の、最終的には
全ての人々の阿鼻叫喚を楽しみたいなら今の調子で
全てをなし崩しにして無法の限りを進めればいい。

   

虚構を廃せ。

  
  
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 







 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 映画「マン・オン・ワイヤー」 | トップページ | 日本国憲法第15条 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「マン・オン・ワイヤー」 | トップページ | 日本国憲法第15条 »