« 観_10_09_17 | トップページ | 映画「マルクスの二艇拳銃」 »

2010年9月18日 (土)

管改造内閣の顔ぶれ

管改造内閣の顔ぶれ  >>

役職                         名前            評価   一言

内閣総理大臣             菅直人          △    ・気合い入れなおせ

総務大臣                   片山善博       ○    ・一応期待

法務大臣                    柳田稔         △    ・傍観

外務大臣                    前原誠司      ○    ・一応時期リーダー候補

財務大臣                    野田佳彦      △    ・円高放置無策過ぎ

文部科学大臣           高木義明      ×    ・政治家辞めろ

厚生労働大臣             細川律夫       △    ・傍観

農林水産大臣              鹿野道彦      △    ・傍観

経済産業大臣             大畠章宏      ×    ・政治家辞めろ 

国土交通大臣             馬淵澄夫       ○    ・今後にやや期待

環境大臣                    松本龍          ×    ・政治家辞めろ 

防衛大臣                    北澤俊美       ○    ・やること山積ポスト

内閣官房長官             仙谷由人       ×    ・日本から即刻退去せよ

国家公安委員長          岡崎トミ子      ×    ・日本から即刻退去せよ

内閣府特命担当大臣   自見庄三郎    ○    ・一応期待

内閣府特命担当大臣   海江田万里    △    ・一連の著書が怪しすぎ

内閣府特命担当大臣   玄葉光一郎    △    ・気合い入れろ

内閣府特命担当大臣   村田蓮舫       ○    ・今後に僅かに期待


○ ・・・本気で日本と日本人のことを考えているならば政治家でいてよし。

△ ・・・期待しない。

× ・・・論外。一刻も早く、日本から遠く遠く遠く永遠に離れなさい

  

外務大臣と国土交通大臣は、日本の戦後政治史の見地から、内閣総理大臣への
道が近いポストであるといえることはよく知られているところだ。前原誠司は
すでに知名度は充分に高く、今回の就任に異論は少ないことだろう。今後も含めて
期待する人もそれなりに多いであろう。馬淵澄夫の国土交通大臣への起用が管の
意向そのものだとすれば管はそれなりに政治家としての最低限度の嗅覚は
あるといえる。馬淵澄夫は今後、前原のように若さと権力コントロールの
手腕を兼ね揃えた人材と"見えるようになること"を期待されているという
ことにはなる。今後、注目すべき人間の一人であろう。

内閣官房長官、国家公安委員長に「まともな人材」を起用すれば今回の改造内閣の
支持率は相当に上がるであろうが、このポストへのダメダメ過ぎる最悪最低の
日本解体人事をしてしまう所に愚連隊の本質が出てしまっていて依然として
日本及び日本人全体が脅迫されている状態が続いていて、極めてヤバイ連中
に牛耳られていることを我々日本人はしっかりと認識し、今日をそして明日を
足元を見つつ未来を見据えつつ生きていくできであろう。

もう一度政権交代させなくては日本に明日はないことに引き続き変わりはない。
愚連隊の諸氏の中で日本人である者はこの一年を恥ずかしく思い顔を洗って出直せ
確信犯的万年野党以外の日本を思う政治家諸氏は、
今こそ立ち上がれ!!

|

« 観_10_09_17 | トップページ | 映画「マルクスの二艇拳銃」 »

政治/経済」カテゴリの記事

コメント

>国家公安委員長 岡崎トミ子
は僕も吹きました
慰安婦を煽り
アジア一帯で暗躍し慰安婦を捏造し続ける反日活動家が公安???
国民をなめきった人事ですね

投稿: 万物創造房店主 | 2010年9月21日 (火) 21時00分

この人事がなければ
多分支持率は70%いっていたのでは。。
一応肯定的にこの人事は管の意向ではなく
ダークフォースってことで。。
本当、国民を愚弄し続けますな。。

投稿: kuroneko | 2010年9月22日 (水) 04時31分

最近安倍晋三元首相が台北で開催中の花博の会場を訪れました。

兵隊のテレビのニュースで安倍晋三の訪台を知った私はその時すぐ現場に駆けつけて自分の目で安倍晋三を見たくて仕方ありませんでした。

私にとって日本の首相を務めた方はスーパースターでカリスマ的存在なので、もしあの現場で生の安倍晋三をこの目で見れたら私は興奮して失神するか絶叫すると思います。

本当は吉田茂、岸信介、佐藤栄作など昭和史で日本を動かした人物も見たくて、本当に「奇天烈大百科」や「ドラエモン」みたいにタイムマシーンが欲しいです。

遠い所でこういう偉い方を黙ってじっと見ているだけでもう十分です。

投稿: 台湾人 | 2010年11月28日 (日) 18時31分

>安倍晋三
 
小泉政権下で官房長官を実に卒なく
こなしていましたが、首相はちょっと早すぎましたね。
ただ、今の政権よりはマシであったと思いますので
きっと再登板のチャンスはあると思います。
今度はしっかりやって欲しいものです。
奥さんはメディアに出さない方が良いでしょう。
安倍さんよ、本当に『日本』のことを憂うなら
命懸けでやってみいや。マジで。
 
>吉田茂、岸信介、佐藤栄作
 
日本の政治家が軒並み、悪い意味ですっかり
庶民化してしまったので相対的に過去の政治家の
評価は高まっていますね。吉田茂は多くの点で
評価できるとして、岸信介、佐藤栄作は
絶対評価としては"二流"の政治家だと思います。
まあ、しかし岸信介については安保改定については
当時暴動に明け暮れたお馬鹿さん達
(=今の日本を滅茶苦茶にしている無知な年寄り共)
よりはよほど遠くをしっかりと見ていたということで
評価はしてあげなくてはいけないですね。
安倍晋三は岸信介の孫で、幼少の頃に岸の前で何も
判らずに「アンポハンタイ」と叫んだところ岸は
笑いながら「安保賛成といいなさい」と言った
のは有名なエピソードで安倍晋三も度々
披露している話です。もし日米安保条約が
日本から一方的に破棄されていたら、
今頃日本はチベットのように自治領になって
しまっていたかもしれませんね。または台湾人さん達
のような苦労をしていたかもしれません。
60年代をすっかり遊び呆けて大人になった人々に
いいように蝕まれた去年と今年が早く懐かしく
なるように時代を変えたいものです。
 
>黙ってじっと見ているだけでもう十分です。 
 
見て、自分の中に沸き起こる"思い"と"声"に
自分自身の目と耳を傾ける。。大事なこと
ですよね。来年は自分も自分の目で見て、
聞いて、物事を判断していきたいと思います。

日本も台湾も立ち上がれ!!!!
人を人とも思わない動物以下の思考しか
持たない者共を相手にするの止めよう!!

投稿: kuroneko | 2010年11月28日 (日) 23時45分

日米安保条約に反対し、安保闘争に参加した人達の気持や考え方もある程度私は理解できます。

敗戦後連合軍に占領されたドイツやGHQの支配を受けた日本のように、他国に支配される苦しみは筆舌に尽しがたい程辛いのはある程度私にも分かるような気がします。

でも当時の東欧と東アジアはソ連と中国の共産勢力によって次から次へと赤化されて行き、日本にとって当時アメリカ合衆国と安保条約を結ぶことはやむをえなかった選択だと思います。

日本は赤化されず日本人が幸せに暮らせるような先進国になれたので、岸信介も彼なりに苦労して大変だったのかもしれないと思います。

私は別にイギリスのサッチャー元首相のように資本主義を謳歌するつもりはありませんが、やはり共産圏に赤化されるのが怖いです。

北欧のような社会民主主義なら素敵で大丈夫だと思います。家には中度自閉症の弟がいるので、私に記憶がある以来、両親は常に弟の将来を心配しながら数え切れないほどの涙を流してきました。

日本、フランス、スウェーデンやノルウェーみたいに完備した社会保障制度を持つ国の国民なら、家族に障害者がいる場合は家庭の負担もかなり軽減するし、障害者のための施設などもあるので、もし自分達が子供より先にこの世を去った場合も安心できるのに、台湾は障害者ではない人にとってさえ住みにくい国なので、本当に悲しいです。

毎年台湾の国民は多くの税金を払っているのに、道路は凸凹でインフラも日本や欧米みたいに進んでいないので、一体何のために納税しているのかさっぱり分かりません。

国民党と国民党を支持する連中の大半は金持ちでアメリカの永住権、グリーンカードやカナダの紅葉カードなどを持っているので、さっさと海外へ移民しちゃうので、本当に腹が立ちます。

同じ島なのに、ジャージー島、コルシカ島やサルデーニャ島は台湾と比べると月とスッポンなので、台湾人は惨めで哀れな民族なので、日本やフランスに殖民された方がいいのかもと時々思います。

投稿: 台湾人 | 2010年12月 2日 (木) 00時30分

もの凄く参考になる意見、ありがとうございます!
 
>他国に支配される苦しみは筆舌に尽しがたい
 
日本人はこの経験は足りなかったですね。
もっと苦しめば今のような痴呆現象や安保の時の
騒ぎのような中身の無い狂騒は起こらなかった
と思います。台湾人さん達の方がよほど大変ですよね。
  
>日本にとって当時アメリカ合衆国と安保条約を結ぶことは
>やむをえなかった選択だと思います。
 
結果、曲りなりにもこの60年間の平和と反映があった
のは事実ですから、それを認めないと先に進まない
ですよね。まあ自国の安定と平和を他国の武力に
頼ったツケを今まさに払おうとしているところでも
あります。自業自得すね。(ーー;)
 
>日本は赤化されず日本人が幸せに暮らせるような
>先進国になれた
 
まったく有り難いことです。そして、今日本人は
その有り難みをすっかり忘れて自分達で積み木崩し
のごとくに自分達の国を壊してしまっていて
とても恥ずかしいことです。
 
>一体何のために納税しているのかさっぱり分かりません。
 
我々"日本人"のほとんど全員も毎日毎日同じことを
考えて溜息をしています(^^;)ヘラヘラして喜んでいるのは
偽日本人達ばかりです。
 
>日本やフランスに殖民された方がいいのかも
 
まあ、フランスよりは我々の方が、、
とか言って(^-^;)

頑張れ!!台湾人の皆さん!!
毅然と立ち上がって!!!
日本も阿呆達の侵略に反抗して頑張りますよ。

投稿: kuroneko | 2010年12月 3日 (金) 01時12分

>安倍晋三
彼は人の顔色を伺い過ぎですね
結果
自分色を全く発揮できませんでした
というよりは
まだ自分色ができてなかったのかもしれません

>日本人はこの経験は足りなかったですね
まぁこれはアメリカが優しかったというよりは、良くも悪くも日本人的性質ですね
無駄な抵抗はせず、できる範囲で最善の生き方をするという
ある意味あきらめでもあるんですが
建設的前向きでもある
 
アメリカでイタリア人もドイツ人も入れられていないのに、日本人だけ強制収容所に入れられたときも
抵抗するのではなく、如何に収容所生活を豊かなものにするかに力を入れ
収容所内に日本庭園を作り
ない道具・材料から、色々な道具を作りだし、荒野を耕し畑にし
 
ワンランク上の収容所生活を自ら作りだして生活していたようです
 
まぁ世界でも変わった民族だと思います

>日本は赤化されず
北海道はマジで危なかったですけどね
なんとか北方四島まででソ連の略奪が止まったのは、停戦後もソ連軍と戦って死んでいった多くの兵隊さんたちのおかげです

投稿: 万物創造房店主 | 2010年12月 9日 (木) 17時33分

>安倍晋三
>まだ自分色ができてなかったのかもしれません
 
最近は少し政治家っぽくなってきたかもしれませんね。
政権与党が阿呆過ぎる且つ危険過ぎるので少しだけ
期待してあげたいと思います。
 
>抵抗するのではなく、
 
「東洋宮武が覗いた時代」(2008)
http://tokyo-kuroneko.cocolog-nifty.com/blog/2009/08/post-7209.html
を観るとある程度正確に当時の様子と収容された
日本人達の気分が把握できますね。
収容されたにも関らず暴走したい人々もいたが(主に日系二世の世代)
必死に抑えて、その高潔な暮らしぶりに収容したアメリカ人側も
態度を硬化させる必要はなかったようですね。
 
>まぁ世界でも変わった民族だと思います
 
環境を自分達が快適に自然を破壊せずに
生きる術は他の民族の追随を全く許さないですな
誇りに思います。(^-^)
しかし、政治は我々は下手すねー
化け物共の侵略を許してしまった去年と今年の
悔しさをバネに頑張りたいものです。
 
>停戦後もソ連軍と戦って死んでいった
>多くの兵隊さんたちのおかげです
 
そして、物同然にシベリアに運ばれていった
多くの方々、棒切れ同然に焼かれていった
東京都民、広島・長崎の人々、沖縄の人々、、
なぜか、加害者達と元々全く関係ない輩に
半世紀以上土下座し続け莫大な金銭を
与え続ける馬鹿達、、
戦争は今も終っていないし、これからもさらに
悲惨な様相を呈して続いていきますね。
 
嘘八百の平和を唱え続ける最低最悪の
化け物達の番犬共、、、

投稿: kuroneko | 2010年12月10日 (金) 00時16分

朝鮮王朝の燕山君、光海君や中宗などの歴史を見ると人間という動物は己の私欲のために血を流すことを惜しみなく度重なる権力闘争を行ってきたので本当に人間は世の中で一番醜い動物だなと思います。

私の親の時代は一般庶民は生活ですらすごく大変で苦労するというのに、国民党の連中は容易に海外留学が許され、留学生の名目を利用しながら実際は海外で活動している台湾独立派や民主化運動に携わる団体を監視したり裏であらゆる邪魔と妨害をするなどのスパイ工作をやっていました。馬〇九もその一人です。すみません、こんな嫌な奴のフルネームを書きたくないので〇を付けました。

あとこの間夏休みに金賢姫元死刑囚の来日に対して前代未聞の異例な厚遇で対応したニュースを見て私も唖然となって絶句しました。

投稿: 台湾人 | 2010年12月12日 (日) 16時55分

>人間は世の中で一番醜い動物だなと思います。
 
私もそう思います。これほど"自己中"で生態系を
犯す凶暴な生き物はないですね。先祖は宇宙から
飛来したのではとマジで思います。(ーー;)
そんな中でも我々日本人の歴史って結構誇れるかな
と最近は思いますね。戦前までは。
 
>こんな嫌な奴のフルネームを書きたくないので
 
今の日本にもフルネームで書きたくない奴なんて
ゴロゴロいますから気にしなくていいです(^^;)
なんであれ率直な意見は貴重で参考になるものです。
 
>前代未聞の異例な厚遇で対応したニュース
 
申し訳ございません。m(_ _)m
日本も今、頭のおかしな輩に支配されていまして
大変です。その輩共が国内だけでなく、国外の
傍若無人な者共に媚びへつらうことで多くの国々、
特に台湾たチベットなど大国の抑圧に苦しむ人々に
迷惑をかけてしまっていますね。ただ、余りにおかしな
対応がここ2年程度続いているので日本人の多くの人々も
「何とかしないと」と危機感を持っていることも事実です。
その危機感がさらにおかしな方向に行ってしまう危惧が
ありますが。。

投稿: kuroneko | 2010年12月13日 (月) 00時37分

>「東洋宮武が覗いた時代」
僕も見ました
日本人必見の実にいいドキュメンタリーですよね
死んだり殺されたりとか負の部分にはあまり触れられていないところが残念ですが
 
>人間は世の中で一番醜い動物だな
僕はそうでもあり、そうでもないかな
という感じです
醜いと同時に美しい動物も人間かもしれません
どうも
人間は動物を理想化し過ぎる感があるような気がします
けっこう自然の中の動物も酷いですよ
「みにくいあひるのこ」のように色等の違う個体への虐めも多々ありますし、しかも平気で足ちぎったり、目突ついて潰したりしますからね
奴隷的上下関係、強姦、子殺し、共食い、けっこう陰惨ですよ

>チベットなど
そういえばAPECに胡錦濤が来てたときと同時期に、広島のノーベル平和賞受賞者世界サミットにダライラマが来ていたみたいですね
菅さんもあんまメモを必死で読む無様な会談なんか蹴って、ダライラマに会いに行けばよかったのに

投稿: 万物創造房店主 | 2010年12月15日 (水) 14時13分

>「東洋宮武が覗いた時代」
 
移民一世,二世,三世のそれぞれの気持ちの
ありようの微妙で大きな違いはよく描かれて
いましたね。後半の作りと主張が個人的には
「う~ん」でしたが。高校生あたりの年頃の人に
是非見て考えてほしい作品です。
 
>美しい動物も人間かもしれません
 
矛盾に満ちた社会で"あがく"様が
美しいかもしれないと思う今日このごろです。
(^^;)でも、国際的な視点で見ると
どうにも仕方のねー生き物だなーとも
思ってしまいますね。
  
>自然の中の動物も酷いですよ
 
動物ゆえに。(^^)
 
>ちぎったり、目突ついて潰したりしますからね
>奴隷的上下関係、強姦、子殺し、共食い、けっこう陰惨ですよ
 
表立って盛大にやらないというだけで
精神構造的には人間だって毎日やっていますよね。
生物はなぜ生まれたのでしょうや。
諸行無常ですね。

投稿: kuroneko | 2010年12月17日 (金) 01時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観_10_09_17 | トップページ | 映画「マルクスの二艇拳銃」 »