« 続_10_11_07 | トップページ | 観_10_11_12 »

2010年11月 8日 (月)

観_10_11_07

観_10_11_07  <<  >>

  

神保町で映画を観る。太平洋戦争末期に製作された邦画の作品。
余りの内容の良さと物語の緩急の上手さに泣く。
本当は号泣したかった。涙を拭きながら、文字通り
泣く泣く会社に向かう。電車の中で余韻に浸って
いて駅を乗り過ごした。

戦争の終結そのものは良かったこととして、戦後
実に多くの識者が指摘しているように敗戦によって
巨大な何かを散逸してしまったように思えてならない。
それが一体何なのか、こうして素晴らしい映画を
観終わった後には明確なイメージでもう少しで
言葉になりそうだが、すぐにそのイメージは遠のき、
おぼろげになってしまう。まだまだ時間を費やして
"それ"が一体何なのか探さなくては。とりあえず、
政府の想像を絶する故意としか思えない怠慢の
連続に多くの日本人が呆れ、怒り、個人個人が
国と自分達の社会に思いを巡らそうとすることは
いいことだと思う。政府の推し進める国の解体に
抗する力を結集できるだろうか。それにしても何て
危険で破廉恥な連中に国政の運営権を渡してしまった
ことだろう。


 




  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





  
  
  
  
 
 
 
 

|

« 続_10_11_07 | トップページ | 観_10_11_12 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続_10_11_07 | トップページ | 観_10_11_12 »