« 観_10_12_11 | トップページ | 観_10_12_14 »

2010年12月13日 (月)

観_10_12_12

観_10_12_12  <<  >>

  

都内某所で映画を観る。昨日に続き、昨日とは異なる日本が誇る
巨匠が手掛けた作品。広大な大地と格闘する人間の小ささと人の
出会いそして別れを描いた大作。大学生時代に何度か観ようと試みて
レンタルで借りたこともあったけれど、何となく観ないで返して
しまったり、ここ数年の間にも観るチャンスが何度かあったが、
忙しかったりでスルーし続けた結果、大画面で観ることが出来て満足。
ただし上映された劇場は入場料が安いこともあり、客質が基本的に悪く、
音を立てる馬鹿者(きまって中高年以上)が今回もいたが、今の日本に
おいては中高年以上の年齢の人々のマナーと礼儀の無さは病的で
最早仕方がない。日本を機能停止に追い込んだ人間達とそれを
推挙して国政に送り込んだ人々の年齢層と思考は映画館における
マナーの悪い人間のそれと相関関係がきっとあるだろうといつも思う。

長年観たいと思っていた作品がまた一つ鑑賞できて有意義な週末だった。
「映画の旅」はまだまだ続く。始まったばかりとすら言える。

   



 






 

 





 




  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





  
  
  
  
 
 
 
 





 

|

« 観_10_12_11 | トップページ | 観_10_12_14 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観_10_12_11 | トップページ | 観_10_12_14 »