« 映画「征戦愛馬譜 曉に祈る」 | トップページ | 観_10_12_05 »

2010年12月 4日 (土)

或る日の[二槽式友の会]東京支部日報

  
 

15:00

いつもの通り洗濯を開始した。
今週はやや忙しかったために平日は洗濯が一回もできなかった
のでいつもの週末よりは量が多い。

一回目の洗いが終り脱水を開始する。今日は異常に調子が悪い。
5分かけてもほとんど脱水されず洗濯物がビチョビチョのまま。
元々一年くらい前から出力が落ちていて、ボーダーの回転を得る
には容量の半分くらいまでしか投入できずそれでも十分な脱水は
できなくなっていた。今年に入ってからは洗濯槽の方も細かな
ゴミを集める"網"の取り付け部分の爪の片方が完全に欠けて
しまって、洗濯中に3回に1回は職務放棄して外れ、水面に
プカプカと浮いてしまう状態だった。要するに全体的に満身創痍の
まま買い替えなど思いもしないで使い続けていた。

とりあえず、脱水槽に入れる量をかなり減らして何度か試みたが
やはり回転力がこれまでになくひどく落ちている。何となく刺激を与えて
みるかとスイッチを切り替えて脱水槽に水を注入してみる。
以前も何度か出力が落ちてヤバイ状態があったがいじっているうちに
調子が上がって事なきを得たことがあったので今度も大丈夫だと
この時は思った。

水が溜まったが別にどうなるわけでもなく、今度はちっとも掃けて
いかない事態となる。さらに水を注入すると、当然のごとくさらに
溜まるだけ。で、なんとなく子供のように水が溜まった始動させてみる。
ほどんと回転せず。気のせいか何だか焦げ臭いヤバイ。

しばらく放置。だが、やはり水は抜けず。ダイヤルを回して
回転させてみてもどうしようもない。どうやら長年連れ添った
コイツとお別れの時が来たようだ。

  

16:00

とりあえず、バイクの洗車の途中だったので洗濯は放棄して
バイクの洗車を続ける。陽が急速に傾いてくる。
「洗濯機(&途中の洗濯)どうするか・・・」と思案しながら
バイクを洗っていると、都合よくも廃品回収車が来る。タイミングよく
スピーカから発せられる回収項目に洗濯機も入っている。

洗濯機回収代は3000円だった。まあそんなものだろう。
ついでに壊れてはいないが、埃を被り放題で使っていなかった
安物のコーヒーメーカーもおまけで引き取って頂いた。洗濯機の
脱水槽には水が溜まったままでいることを告げたが全く意に介さず
快く引き取ってくださった。今の住みかに引越しの際に友人がくれた我が
二槽式君であったが、かれこれ7年間実にようく働いてくれた。
ありがとう。さようなら。

とりあえずビチョビチョのままの脱水待機状態の洗濯物が
玄関の片隅に残った。

  

17:00

洗車完了。すっかり夕暮れとなった。洗車後のいつものバイクのお散歩に
出かける。夕暮れ時なので交通量は多い。まずは、通常のコースを外れて、
かなり久しぶりに近所にあるコインランドリーに寄ってみる。コインランドリー
そのものがまだあるか不安だったが、まだ残っており内装も特にかわって
いなかった。料金も変わっていないようだった。大きめのドラム式の全自動洗濯機が
三台あって料金はどれも600円。乾燥機は需要が相当にあるようで壁の一面に
20機近く。時間は10分で100円。業務用と思えるかなり大型の乾燥機は
2台あってこちらは6分で100円。洗濯物をビニール袋に詰めて夜な夜な
自転車で通った引越し直後の頃のことを懐かしく思い出す。とりあえず
今日の分の洗濯については作業の目途はついて良かった。黒人の人が
椅子に座って洗濯が終わるのを待っていた。

もう一軒、以前から少し気になっていたバイクのお散歩コース上にある
リサイクルショップに初めて寄ってみた。確か店の前にいつも
洗濯機が並べられていたような気がしたが案の定いくつか機種が
店先にあった。最近の流行の形状の斜めドラム式、全自動式の
家族用・独身用、そして、、ありました我が心の二槽式( ̄∇+ ̄)v

1万2千円で少し小振りの全自動式よりもむしろ高いが程度は
かなり良さそう。ほとんど新品に近い。店の人に聞いてみると
二槽式はすっかり出なくなり、かなりいい品であるとのこと。
よってまけてくれなかったが物は確かにまあまあなので納得。
今日お別れした二槽式君よりやや大きめか。
手持ちがないのでまた後で来ることにして店を出た。
辺りはすっかり暗くなった。

  

18:00

バイクの散歩を終えて帰宅。洗濯機の置き場所を掃除する。
思ったより汚れもひどくなくて隅っこに溜まっていたゴミを片して
床を拭くと引越し直後のように綺麗になり満足。必要な額の金を
財布に充填して自転車でリサイクルショップに向かう。今日は結構冷える。
店の人は二槽式がなかなか出なくなったことをしきりに言っていた。
改めて見ると値段相応の物であることを認識。緊急性も考慮すれば
悪くない買い物だろう。配送料は500円。店独自の一年間保証が
付いているとのこと。本当に保証してくれるのかは別として、買う
ときにきっちりとこうしたアフターケアーを明示してくれると嬉しいものだ。
十数分で来てくれるとのこと。

  

18:30

自宅で待機していると、リサイクルショップの方が軽トラで
やってきた。家の中まで運んで頂き、それほど重くもないので
それ以上の設置作業は自分でやることにした。ヒューズを取り付けて
洗濯機の足に床防護用のダンボール紙を置いて完了。
明らかに5人程度の家族用を想定している設計で前の奴より
大きめで無骨すぎるデザインが頼もしい。やっぱり二槽式はいい。

早速、ビチョビチョの洗濯物を脱水槽に入れてダイヤルを回す。
立ち上がりは前のよりやや遅いが容量大きめのせいか
回転音は前のより迫力がある。脱水力は当然だが半壊していた
前のものとは比べものにならない。これからは干しておく
時間も短縮されることだろう。単純に嬉しい。

続いて、残りの洗濯を開始。今までよりも1.2倍ほども容量が
大きいと思われる洗濯槽に投入。洗剤を入れてダイヤル回す。
すこぶる調子よし。操作パネルのデザインはほんの少し前のと
違うがスイッチの種類数は同じ。

  

・ダイヤル1: 洗濯時間設定用 (0~15分)
・ダイヤル2: 脱水時間設定用 (0~5分)
・スイッチ1: 洗濯切り替え(標準/ソフト)
・スイッチ2: 排水切り替え(洗濯/排水)
・スイッチ3: 注水切り替え(洗濯槽/脱水槽)
・ブザー音量調整スイッチ

以上。

猿でも判る完成度。
これ以上何も要らない完成された仕様とシンプルなデザイン
実に美しい( ̄ー+ ̄)

  

19:00

こうして無事に「日常」は完全復仇。
いつものように最後の分の洗濯物を投入して
洗濯時間を15分にセットして晩飯の買出しにスーパーに
向かう至福の一時。今日は何を食べようか。。

 

幾度の危機を乗り越えて7年間のハードワークを終え、
やがて解体され夢の島に運ばれ永遠の眠りにつくであろう
旧二槽式君、君に『洗濯王1号』の称号を与えよう。
そして容量もパワーもアップした頼もしい新二槽式君、
君には『洗濯王2号』の称号を。
将に「技の1号、力の2号」といったところか。

親の働く姿を子に見せ、洗濯槽から脱水槽に
入れ替える手伝いをさせ、情緒豊かな子供に
育てるためにも時代はやはり二槽式ですよ。
奥さん。

二槽式よ、永遠なれ!!
イーッ!
(↑ショッカー戦闘員の声で)

  
  
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 







 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 映画「征戦愛馬譜 曉に祈る」 | トップページ | 観_10_12_05 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

最近は新品でも一槽式より二槽式の方が値段が高くて、あまり売れないらしいので、結果的に中古にも出ないんでしょうね

投稿: 万物創造房店主 | 2010年12月 9日 (木) 18時03分

今回の買い替えで二槽式のデザインの
素晴らしさとコンセプトの完璧さを
再確認しました。VHSと同じく後続が
倒れ消えていってもしぶとく残っていく
ことでしょう。まあしかし化け物達が
阿呆な利権団体の言いなりになって、
無茶苦茶な法案を通して世の中のニーズは
一切無視して『消していく』のでしょうが。。
情けない生き物達に占領されてしまった
ものです(ーー;)
先輩方はあの世で哀しんでいること
でしょう。。

投稿: kuroneko | 2010年12月10日 (金) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「征戦愛馬譜 曉に祈る」 | トップページ | 観_10_12_05 »