« 乗_11_02_21 | トップページ | 映画「戦場でワルツを」 »

2011年2月25日 (金)

観_11_02_24

観_11_02_24  <<  >>

  

都内某所で映画を観る。昨年作られたハリウッド映画。
舞台は数年前からほぼ現在までのこの世界。賞を幾つか
取ったようだが(*)、意外なほど"普通の映画"だった。
しかし、その普通さが返って抑制となって人間ドラマとして
成立していて製作者陣に対しては好感を持った。この
作品がヒットした理由は最新のホットなツールを操る
若者達を描きながらテーマそのものは実に古臭い
古典的とすら言えるもので主人公達の世代と若さゆえの
未熟さにきちんとサイズを合わせて描けている点にある
ように思う。どんなに他人を踏みつけても、迷惑をかけて
も欠片も悪いとも思わずに成功する事は他人に干渉され
ない世界に閉じこもる事"だけ"という情けない目標に
とんでもなく多くのの人間が狂騒している姿も透けて
みえるようで、案外我々日本人にとって"挽回"できる
多くのヒントを見つけることが出来るようにも思い少し
元気が出た。ある物を作ることが以前として残された
難題で当面は"どいつもこいつも"解決できないらすぃ。
そこにこそ起死回生のチャンスがある。
 
 
(*) 2/25時点ではまだ賞レースの真っ最中の模様







 

 





 





   
   



 






 

 





 




  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





  
  
  
  
 
 
 
 





 

|

« 乗_11_02_21 | トップページ | 映画「戦場でワルツを」 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 乗_11_02_21 | トップページ | 映画「戦場でワルツを」 »