« 「TAROの塔」第1話 | トップページ | 皇_11_02_28 »

2011年2月28日 (月)

本_11_02_27

本_11_02_27

   
   

今年もいよいよ忌わしき春の季節がやって来た。
この時期になると、どうしても情緒不安定になる。
が、ここ数年対処法を研究し実践し改良を続けている
ので今年こそは心穏やかに過ごせそうな気がする。
しかし、油断は出来ない。

今日は、幾つかの用事を済ませるため都心にでかける。
まずは、都内某所で何枚かの映画チケットを購入。
全国区で公開されるややメジャーな作品が一つと
単館系の作品が二つ。それぞれ、チケット専門店、
上映される映画館窓口で購入。もう一つ重要な用事で
都心に出たが帰宅の途で気付く。自分のプライベート
にはどうでも良いサラリーマンとして生きる為の
"世を偲ぶ仮の姿"で必要なだけなのでどうでも良し。
また来週にでも行けばOK。

自分の街に戻ってきてからは、随分前に紛失して
しまった最寄の図書館の会員カードの再発効手続きを
した。二年ぶりくらいに行ってみたが、以前だとまるで
判断の手がかりがなかった戦中・終戦前後の古い
映画作品の貸し出しビデオに対してそれなりの知識が
溜まっていて眺めているだけでそれなりに有意義な
時間が過ごせた。近いうちに借りたい作品もいくつか。
再発効してもらったカードでとりあえず何枚かCDと
本を一冊だけ借りた。

図書館を出た後は、郵便局に届いてた太平洋戦争に関する
某古書を引き取る。なかなか面白ろそうだ。さらに自宅の
近くのコンビニでネット注文しておいた某書を受け取る。
こちらは西洋の歴史上の某カテゴリに特化した随分前から
読みたかった本だ。

帰ってきて、借りてきたCDを聞きながら、入手した本を
パラパラめくってみたり、調度今日読了した本の中で
登場した気になる人名について検索して過ごしたり、
なかなか良い週末となった。

それにしても、この季節はなぜかどうでもいいことを
次々と思いだしてしまう。他の季節と違ってどうも癒される
ような楽しい思い出もこの時期は皆無なので、
脳が勝手に記憶を再生することで二重に苦しめられて
ほとんど鬱状態のようになってよく寝込んだりしたもの
だが最近はくだらない過去の記憶を思い出すと、WEBを
彷徨って関連カテゴリーについての"その後"を調査して
苦笑したりすることで中和している。

皆様は、どうかお元気でお過ごしくださいませ。 



 

 




  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





  
  
  
  
 
 
 
 





 
 

|

« 「TAROの塔」第1話 | トップページ | 皇_11_02_28 »

日記」カテゴリの記事

コメント

>情緒不安定
まぁよくある話ですね
あの理想さんも春鬱病です
 
一般的な定説では進学・就職と世間に新しいものが溢れたときに、自分はスキルアップや何も新しいことができていないと考えるとこらへんから来ているらしいですが
どうなんでしょう?
基本、真面目な人しかかからないようなので、対策としては少し不真面目になることを推奨いたします
 
僕なんかも、また生徒の名前を全部一から覚えなおさないといけないと思うと鬱になりそうになりますが
なぜかなりません・・・
 
>西洋の歴史上の某カテゴリ
もしかしてアレですか
アイアンメイデンとか・・・
 
僕も前からこの手(決めつけ)のいい本探してるんですけど、興味本位っぽい書き方のが多くて、すこーく詳しく学術的に書いてるような本がないんですよね
古本屋や本屋で何冊も立ち読みしては「これは僕の求めてるのと違う」って感じで、未だ買うにいたってません
できれば西洋~史と日本~史と中国~史の比較論的なやつがいいですね
 
そういうなのを見ていると大戦中の日本兵の仕業と言われている諸行の多くが実は中国人によるものだとかわかって来ますよね

投稿: 万物創造房店主 | 2011年3月 2日 (水) 17時15分

>理想さんも
 
よろしくお伝えくださいませ。
m(_ _)m
映画サミットでお会いできる日が
来ることを願っておりますと。
(^-^)
 
>どうなんでしょう?
 
どうなんですかねー(^^;)
自分は物心着いた時から
"鬱"というよりやや感情的に「嫌い」(一_一)
なんですよね。春が。
花見とか騒ぐのどうも苦手ですしね。
ガキの頃は学年が変わって新しく勉強すんのとか
本当ーに辛かったですし。
 
秋から冬にかけてせっかく(苦労して)親しく
なった女の子と学期が変わって何となく
疎遠になってしまったりね。。(ーー;)
↑これは単なる自分の努力不足か
 
ここ数年の私個人の結論は
ごく単純に
『春はエネルギー切れ(充填期間)』
ということでジッと大人しくしていれば
テンションは低いながらも乗り切れる
ようです。そんなわけで今年はようやく
春対策の自己分析が完全に終了しているので
色々癒しを作ってそれなりに元気に過ごせています。
よく食べてよく寝るのもとても大事なようですね。
  
>もしかしてアレですか
>アイアンメイデンとか・・・
 
おーよく判りましたね(ノ ̄0 ̄)ノ
、、って残念ながら違います(^^;)
"そっち"に辿り着くには今しばらくお待ちを。
近現代に至る前の時代に関する本です。
今回買ったのは西洋美術に関する基礎的な
文献ですな。日本のことも西洋のことも
年齢的に基礎固めする最後の機会すかね。
残りの人生の時間を考えるとかなり急がないと
いけませんが。。
 
 
>すこーく詳しく学術的に書いてるような本がない
 
まあ、本を買うコツは
読みたい本に出会うまで買わないことのような
気がしますね。「これ抑えておくか」って買った奴って
まず読まないし、読んでも「イマイチ」であることが
ほとんどですね。
 
>大戦中の日本兵の仕業と言われている
諸行の多くが実は
 
これはここ数年の世界の問答無用の
ガチンコ経済世界大戦争で世界中の人にも
判ってきたんじゃないですかねー
西から東から北からいかにボテクリ回されようが
パクラレようが領土を獲られようが
国際ルールを厳守する我が国と
嘘に嘘に嘘を重ねて
パクッてパクッてパクッて
またパクッて
さらに莫大な経済援助を我々から
受けてきたくせに
日本に勝った
と毎日連呼している某国Tと某国K、、
NIHONHEI
って一体誰のことか
今のこの世界でまさに今のこの瞬間も世界各地で
節操なく繰り広げられる蛮行により
明らかではないでしょうか。
イチイチ証拠なんて探さなくても
日々のニュースを普通に取り上げるだけで
事足りますな。
勿論"彼等"はこれからも
嘘に嘘に嘘を重ねて
パクッてパクッてパクッて
またパクッて
それを認めないでいくのでしょうが。
世界にその"ビースト振り"が知られたのは
ほとんど唯一肯定できることでは
ないでしょうか。
 
頑張ろう日本人!!
頑張れ!世界の心ある虐げられている
人々よ!!
 

投稿: kuroneko | 2011年3月 3日 (木) 00時16分

>なぜかなりません・・・
 
大変良いことですね。(^o^)
結局ストレスを要因とした病気は
"溜めていく"ことがまず大きな誤りの
始まりですから、店主さんは色々と
ストレスを散らす=溜めない手段を
無意識あるいは自覚的にきちんと
取っているのではないでしょうか。
私も『春』対策はようやく今年は
出来ている気がしています。

投稿: kuroneko | 2011年3月 3日 (木) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「TAROの塔」第1話 | トップページ | 皇_11_02_28 »