« 「TAROの塔」第2話 | トップページ | 1秒で且つ0円で始められる大きな援助 »

2011年3月12日 (土)

震_11_03_12

震_11_03_12

   
   

今朝の未明に無事、帰宅しました。
ご心配頂いた方々には言葉もありません。
本当にありがとうございますm(_ _)m
おかげ様で怪我もなく生きております。
3月12日13時半現在、自宅のそれほど遠くではないエリアに
自衛隊駐屯地があるので救助活動等で出動しているのであろう
ヘリコプターの音が頻繁に聞こえます。

一東京都民としての私がごく個人的に体験したこの24時間の
出来事
は本日中にブログに書きたいと思います。

 

東北・太平洋沿岸地震に端を発したこの度の災害
で亡くなった全ての人々に哀悼します。

現在も被災されている方々、
最前線で活動されている多くの方々が
二次災害・三次災害に遭われない様に
また
行方不明の方々が一人でも無事で発見されることを
心よりお祈り申し上げます。

 

日本の政治・経済の場で陣頭指揮する立場にある人々よ
今のこの危機においても、理性とそのスキルを最大限に発揮して
手腕を揮わないのであれば、発揮できないのではれば
貴方達は人ではない。




 

 




  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





  
  
  
  
 
 
 
 





 

|

« 「TAROの塔」第2話 | トップページ | 1秒で且つ0円で始められる大きな援助 »

日記」カテゴリの記事

コメント

うちまで生還おめでとうございます!

さすがに菅さんもがんばってるようで
自衛隊もすばやく動いて
各地からどんどん救援隊が駆けつけているようです
京都からも出立したようです
一刻も早く、よりたくさんの人を助けてあげて下さい
 
交通が全くあかんから
自衛隊のヘリ、フル活用ですね
 
自衛隊がいらないとか、ただ単に軍事費削減とか言ってる人は反省していただきたいです

投稿: 万物創造房店主 | 2011年3月12日 (土) 14時15分

>うちまで生還おめでとうございます!
 
ありがとうございます!!\(^^)/
朝起きて、台湾人さんと万物創造房店主さんの
書き込みを見た時は正直涙が出そうに
なってしまいました。
寝る前に事態の規模の大きさと
自分の被害の相対的小ささを知って
布団の中で泣きました。
 
>さすがに菅さんもがんばってるようで
 
私は現場に行く行為は全く評価できないですね。
私なら「現場に行け」なんていう表面的な批判なぞ
介することなくシステムの中枢で指揮を執り続けますね。
指示しなければならないことは幾らでもある。
残念ですが現場に急行するのは「パフォーマンス」以外の
何物でもない。現場を見ないよりはマシという見方も
ありますが、一国の総理を危険地域で守らなくては
いけない分、民衆に裂かなくてはならない
エネルギーと時間は確実に削られるわけで。
 
官邸内で何が話され、何がどんな順番で実行
されているのかされていないのか
正確に伝えるのがメディアの義務であり、
情報を公開する門戸を閉ざさないのが為政者の
義務ですね。
 
世界が、、国内が日本に向けてくれようと
しているエネルギーを政権は権力者達は
効率よく、被害の甚大な人々を優先にして
分配できるのか?お手並み拝見ですが
残念ですが彼等は
ベスト&ブライテスト
とは言い難いのは周知の事実です。
それでも彼等に託さなくてはならないのが
民主主義国家であり法治国家であり
ある種の主権在民であるわけですね。
 
  
>反省していただきたいです
 
まあ無理でせう。。(ーー)

投稿: kuroneko | 2011年3月12日 (土) 16時55分

>さすがに菅さんもがんばってるようで

---
蓮舫行政刷新担当相を
節電啓発担当相に任命
辻元清美衆院議員を
災害ボランティア担当の
首相補佐官に任命
---

頑張ってるすかねー(ーー;)
こんな任命(特に後者)
意味あるすかねー(ーー;;)
平時にダメな人は非常時もダメすね。
もーさー、本当に
目覚めようね日本人の皆さん。
本当。
天災はまあ仕方なしとして
もうもうこれ以上の
人災はご勘弁(>_<。
でもまだまだ続きそう。。
人災が。。


投稿: kuroneko | 2011年3月13日 (日) 22時18分

>頑張ってるすかねー(ーー;)
今のところわからないです

総理の現地入りに関してはクロネコさんの言う通りですね

投稿: 万物創造房店主 | 2011年3月15日 (火) 15時10分

>総理の現地入りに関しては

店主さんのブログでのご引用
ありがとうございます。
大変嬉しゅうございます。
m(_ _)m

どうも、次はいつ映画サミットに
参加できるか少々というかだいぶ
怪しくなってきました、、
 
だが、明日の身も知れない
こんな時こそ次の一手を
打っておこうと思います。
( ̄ー+ ̄)
本日中にメールお送りさせて
頂きますのでご覧くださいまし。
 
屈託なく映画話に華を咲かせる日が
くることを願って!


投稿: kuroneko | 2011年3月15日 (火) 20時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「TAROの塔」第2話 | トップページ | 1秒で且つ0円で始められる大きな援助 »