« 観_11_06_23 | トップページ | 映画「鬼畜」 »

2011年6月26日 (日)

観_11_06_25

観_11_06_25  <<  >>

  

都内某所で映画を観る。
天気は曇り。蒸し暑い日が続いたので湿った風が心地いい。
観るのは夕方であるが、所用があるので早めに家を出て、
まずは整理券をゲットする。月末ということで、"世を忍ぶ 
仮の姿"での日々の労働による幾らかの金も手に入ったので
来月鑑賞分の某作品の前売り券もゲット。

続いていつもの神社で御参り。色々とお祈りをする。御参りした後は
昨日食べたラーメン屋でもう一度確認の為、別のメニューを
じっくり食べてみる。やはり美味い。今度、友人を誘ってみよう。
店内のレイアウトに余裕があるのがいいね。

今日は時間にかなり余裕があるので電車で移動して、
また別の映画館で前売り券をゲット。久しぶりに来たけど
接客が丁寧でとても気分がいい。この一ヶ月、煩悩を抑え、
脇目を一切振らずに働いてきた(←自己申告)疲れ
が癒される。
こちらは8月頃に鑑賞予定の作品。旧作ではあるがとても楽しみ。
自分にとっては「観たい作品が劇場で観られる」ということが
何よりも一番大事であって、デジタルリマスター云々とかは
それほど重要ではない。映画を愛する人々だけで静かに、
作品と製作者に幾分かまたは大いに敬意を払って

鑑賞できれば、ただそれでいい。

順調に予定をこなし、本日のメインイベントである
"ある偉大なる映画人"のお話しをじっくり聞く。世界的に
有名且つリスペクトされている日本の某巨匠について。
自分が某作品を観て漠然と感じていた「?」な点を明確な
言葉として説明を頂き痛く得心する。また今後の人生が
より良く修正された感じがして大変有難い。自分の眼で
見て感じた事を大事にするという当たり前だがなかな
か難しいことも体現されていて大変参考になり励みに
もなった。ありがとうございました。m(_ _)m
できることならば、新作を是非!

 
夕方、今日観る作品の鑑賞の為、某所に戻る。
完全に満員で立ち見と通路での座り観も。自分の席は
いつも大体決めている後方の隅という位置をゲットできて
集中して楽しめた。ゼロ年代の作品であるが、全てにおいて
澱みなく、演じている人々も実力確かで楽しんで演じて
おられている気がした。

久しぶりに写真も少し撮ってみたり。
総じて、充実した休暇となる。

 
 




 
  
  
  
  
   
 

 







 





















 
 








 

 





 





   
   



 






 

 





 




  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





  
  
  
  
 
 
 
 

|

« 観_11_06_23 | トップページ | 映画「鬼畜」 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観_11_06_23 | トップページ | 映画「鬼畜」 »