« 映画「十六歳の戦争」 | トップページ | 観_11_07_24 »

2011年7月23日 (土)

観_11_07_23

観_11_07_23  <<  >>

  

都内某所で映画を観る。
本当はタイトルは"狂"にすべき一週間であった。
連日やらかしてしまった幾つかのしょーもない勘違いを
どうにかこうにか補正しながらの破れかぶれ的な週末への
突入であったが、どうにも疲れた。明日一日ではとても
補正しきれないと悟り、幾つかの予定を大きく変更して
クールダウンして過ごすことにする。そうしないと来週に
入って"ダウン"してしまいそう。。

疲れた体を引きずり(とういうほどでもないけども)久しぶりの
某劇場であったので、いつも迷いがちだった駅構内と
周辺が微妙に様変わりしており、もう十数回以上も来て
いたはずだが余裕で迷う。

作品は江戸後期のある一人の"侠"を巡る物語他。
どれも古い作品で、平日の労働の疲れと誤解の連鎖の
失敗もあって、しみじみと「映画を観ている」ことそのものに
幸せを感じた。フィルム上で展開される物語上の人々、
その物語を製作した多くの人々の人生、物語の舞台の
当時を生きた人々、その過去の人々の出会いと別れと
無数の事象の偶然・必然の上に、今存在する自分と
自分の人生、世界、、深々と椅子に身を沈め鑑賞しつつ、
作品世界と実人生への思いに思考を交差させてふと
『奇蹟だ』と思う。

 

辛かった今週は↓の超クールなボツ(!)トレーラー
何度もクリックしては楽しんで過ごしますた。
XEVIOUS
http://twitpic.com/5iuu3i


 

 

 
 




 
  
  
  
  
   
 

 







 





















 
 








 

 





 





   
   



 






 

 





 




  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





  
  
  
  
 
 
 
 

|

« 映画「十六歳の戦争」 | トップページ | 観_11_07_24 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「十六歳の戦争」 | トップページ | 観_11_07_24 »