« 『動機』が生きることの全て | トップページ | 観_11_08_20 »

2011年8月20日 (土)

観_11_08_19

観_11_08_19  <<  >>

  

都内某所で映画を観る。
朝の電車内では泣きじゃくる我が子を必死であやす母と、
その子供の機嫌を直そうと母と一緒になって子供に笑顔を
送るその場に居合わせただけであろう周囲の女性達。子供
に笑顔を見せる女性達はなぜこれほど輝いて見えるのだろう。

"その笑顔"をほんの少しでいいので自分にも見せて下さい。
↑不審者

鑑賞した作品は70年代の洋画。人間の行動の根本にある
物の相反関係を描いた、まるでペインティング・ナイフで
キャンパスに荒々しく骨太なタッチで描かれていて、それで
いて緻密に計算されて描写されている絵画を観るような、
一言で言えば、

"Terrific!"

と呼べる逸品だった。最後で少し泣いた。来週からの人生が
今日の鑑賞の影響によってまた変化していくことだろう。
恐らくはより良い方に。




 
 
 







 





 
 




 
  
  
  
  
   
 

 







 





















 
 








 

 





 





   
   



 






 

 





 




  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





  
  
  
  
 
 
 
 

|

« 『動機』が生きることの全て | トップページ | 観_11_08_20 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『動機』が生きることの全て | トップページ | 観_11_08_20 »