« 観_11_08_13 | トップページ | 『動機』が生きることの全て »

2011年8月14日 (日)

Sky 2011.AUG

110814_p01
[2011. 8.撮影]

  
 

見上げれば、そこにはいつも果てしない空と大きな雲があって、

振りむけば、そこには路があった。

「一本の路」というわけには、なかなかいかなくて

どの路を進むかで、その先の人生も違ってきたことだろう。

   

いくつもの空を見上げて、いくつもの雲を眺めて  

いくつもの路を選択して、時には泣きながら引き返して

でもそこには、もう元の路はなぜかなくて、

また、泣きながら進んで、笑って、また泣いて、

今、ここにいる。

大きな空の下で、雲を見ている。

目の前には、行き先の異なる二つの路。

今はもう迷うことはない。 

  
  
  
  

<< prev  next >>   >>index <<  

     
  
  

|

« 観_11_08_13 | トップページ | 『動機』が生きることの全て »

写真部」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観_11_08_13 | トップページ | 『動機』が生きることの全て »