« 観_11_10_01 | トップページ | 映画「アバター」 »

2011年10月 3日 (月)

観_11_10_02

観_11_10_02  <<  >>

 
 

 都内某所で映画を観る。昨日よりさらに涼しくすっかり秋の
雰囲気に。Tシャツでは肌寒いくらいだ。場所は知っていて、
これまでに前を通過したりはしていたが利用するのは初めての
映画館で鑑賞。古めかしい外観に比べて中は小奇麗に整備
されていてとりあえずはゆっくり楽しめた。劇場の近くにはこれ
までに何度か利用していて割と気に入っている古本屋もあって、
これからこの劇場を利用する頻度はそれなりに高そうだ。料金
が若干高めなのが痛いが映画館派としては数少ない頼もしい
存在には違い無いので文句は言えまい。せめてポイントカード
くらい作って欲しいところだが。(←言ってるがな)

 鑑賞した作品は90年代終りのアメリカ映画。大学生の頃から
知っていた作品だと思っていたが実際には卒業後に製作された
作品であった。公開当時から評判はかなり高く、中古ビデオで
はあるがとっくの昔に購入してあったが結果的に劇場で初めて
観れて結果オーライとなった。

 全体的に及第点以上の優れた作品には違いないが、自分の
予想していた内容よりは大人しい感じのする作品だった。総合
芸術と言われて久しい「映画」としての完成度は相当に高く、
今後は評価は上がることはあれ下がることはない作品だろう。
箱としてのスタートをきちんと抑えてあると俳優さん達は、演り
やすいのかどことなくリラックスして楽しそうでもあった。

 この街はこれまでに何度も歩いた街であり幾つかの点において
少しばかりの思い出がある街でもある。劇場を出て見える街の
光景は今までとはまた違って見えた。

 帰りにいつものスーパーに寄って買い物をしていると3.11大人災
以降ずっと置かれていなかった自分の好きな商品の納豆が復活して
いて半年振りくらいに買って食べた。メインのおかずに肉野菜炒め
をやるつもりが肉を買い忘れてただの野菜炒めとなったが、
肉を入れないことで肉の旨みに埋没していた野菜本来の"甘み"を
実感できて返って徳した気分に。米も特に新米なくてもいいのに
新米しか置いてなかったので仕方が無く買って炊いてみたが、
流石に高いだけあって米そのものに"味"がした。細やかなこと
ではあるが色々と徳した気分の一日であった。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





  
  
  
  
 
 
 
 





 

|

« 観_11_10_01 | トップページ | 映画「アバター」 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観_11_10_01 | トップページ | 映画「アバター」 »