« 映画「アバター」 | トップページ | 観_11_10_08 »

2011年10月 7日 (金)

観_11_10_06

観_11_10_06  <<  >>

 
 

 都内某所で映画を観る。ある忙しかった才能豊かな男の
死で一色の一日になったようにも思うが、様々なニュースが
怒涛の勢いで流れ、夜にはもう数日前の出来事のような
気がしてしまう。せわしない。

 最寄りの駅前の路上で蹲っている男を見た。枯葉が頭に
ついているのも気にしないまま微動だにしない。今日世界中で
報道された男と、この明日の人生設計も白紙であろう男も
同じ人間なのだと思ってしまった。

 ずっと考えてきたあるツールとその使い方について考えが
まとまる。それほど高価ではないだろう。きっと。自分の人生
の第4ステージを盛り上げていくために必要な事の一つ。

 鑑賞した作品は50年代の洋画を二つほど。どちらも「人間」
とその人間とやらが作り出す厄介極まりない「この世界」を
捉えていて満足。明日も頑張れる(と思う)。



  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 





  
  
  
  
 
 
 
 





 

|

« 映画「アバター」 | トップページ | 観_11_10_08 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「アバター」 | トップページ | 観_11_10_08 »