« 映画「ゾンビ」 | トップページ | 観_11_11_23 »

2011年11月22日 (火)

観_11_11_21

観_11_11_21  <<  >>

  

 都内某所で映画を観る。気持ち良く晴れた一日。
自分にとっては、今日はここ数ヶ月間の闘いの大きな
区切りの日で、事実上の2011年の大晦日であり、2012年の
元旦でもある重要な日となった。一つの"終戦の日"である。
勝利で終わったといって良いと思えるのがとても嬉しい。
昨夜は「本当に戦争が終わるのだろうか」と明け方まで
眠れなかった。

 電車の中で、小学校低学年と思われる娘と父の姿を
何気なく見る。目の前にいるので否応無しに聞こえてくる
二人の会話から、別居中から離婚したと思われた。父親の
それなりのイケメン振りと格好のチャラさから"そうなってしまった"
理由も何となく察しが付いた。娘の眼には明らかに両親が
見せてしまったであろう不和が焼きついている雰囲気だった。
娘が年頃となり、異性と付き合って、当然のように結婚を意識
した時に自分達の見せた何気ない言動や行動が大きくこの娘に
立ち塞がることをどれほど理解しているか、深刻に受け止めて
いるか、、とまったくもって余計な心配しても仕方が無いので、
気持ちを切り替えて、綺麗に晴れた空と雲を眺めていた。

 鑑賞した作品は80年代後半のある医師達の奮闘と患者の
苦闘記録。充分に見応えがあったが、個人としての終戦の日
を無事に迎えた安堵で中盤につい油断してウトウト。

 明日から、また気分を新たにして余り気合いも入れずに
生きていくことを誓い、神社で御参り。いつもよりとても長く
諸事について祈った。


 



  

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

|

« 映画「ゾンビ」 | トップページ | 観_11_11_23 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「ゾンビ」 | トップページ | 観_11_11_23 »