« 映画「濡れた荒野を走れ」 | トップページ | 観_11_12_19 »

2011年12月18日 (日)

観_11_12_18

観_11_12_18  <<  >>

  

 都内某所で映画を観る。「何も考えないでよい完全なるオフ」
年内は今日で最後と思われ、自宅で何もしないで過ごそうかとも
考えたが意を決して家を出る。いつも見慣れた通りの風景が、落ち
葉と最後の紅葉のせいで美しく見える。昨日のんびりできたせいか
体力と気力も少し戻った感じでとても有難い。

 鑑賞した作品は60年代終りの邦画を二本。今という砲弾無き
戦争の時代からは最早想像も着かない平和と呼んでいいのか
わからない「侵略される心配の無い風景」の中での人間達の
狂騒振りに呆れるような羨ましいような。作り手は当然の如く
何事かの危惧を感じて作品を創っていて、その危惧の方向性は
大いに共感できるもので良かった。

 あるネタが二つほど浮かぶけど、自分一人の力ではどうにも"形"に
昇華できそうもないので"換金"できる手段はないものかと思案しつつ
帰宅。

 あと少しで激動の2011年も終り。日本人の皆さん、他国の文化と
歴史を尊重する心ある世界の皆さん、砲弾無き戦争を、あるいは
砲弾を交えた戦争を生き抜いていきましょう。嘘と"タカリ"を決して
許すことなく、事実を地道に積んでいけば次代に繋がるはず。








 



  

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

|

« 映画「濡れた荒野を走れ」 | トップページ | 観_11_12_19 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「濡れた荒野を走れ」 | トップページ | 観_11_12_19 »