« 観_11_12_25 | トップページ | 映画を楽しむ方法(3) ~映画を夢想する~ »

2011年12月29日 (木)

観_11_12_28

観_11_12_28  <<  >>

  

 都内某所で映画を観る。ここ最近は朝がなかなか冷え込みが
厳しく個人的には冬らしくてよろしい。が、被災地では仮設住宅に
給湯器も禄に付いていないらしくご苦労も多いことだろう。大震災に
大人災がひたすら追い討ちをかけ続け日本中を蝕んでいる。

 今年一年を総括するというわけでもないが、ただひたすらに
心を落ち着けることに腐心しつつ劇場に向かう。すでに民族大移動
が始まっているのか人が少ない印象を受けた。

 鑑賞した作品は70年代前後の邦画を二本。二本目を観るまでは
時間にかなり余裕があったので、電車で移動して別の劇場に前売り券を
買いに行ったり、ラーメン食ったりと休日らしく過ごす。近くに来たときに寄る
中古ビデオ屋で久しぶりに一本某作品をゲット。DVDじゃなくてあくまでも
ビデオであることに蒐集魂が揺さぶられたのと調度観たいと思っていた作品でも
あったので即決断。値段は1000円ちょっと。このVHSの"厚み"がいいね。

 二本の作品はどちらも映画の本質である"時間の経過"が主要
テーマの一つであり全く異なるアプローチで描かれ且つどちらも良作
であり、満足した。日が暮れて劇場を後にすると数年間も過ぎたような
気になった。激動の2011年よ、さらば。



 
 







 



  

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

|

« 観_11_12_25 | トップページ | 映画を楽しむ方法(3) ~映画を夢想する~ »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観_11_12_25 | トップページ | 映画を楽しむ方法(3) ~映画を夢想する~ »