« 映画「殺しが静かにやって来る」 | トップページ | 歩_12_03_03 »

2012年2月27日 (月)

観_12_02_26

観_12_02_26  <<  >>

  

 都内某所で映画を観る。朝起きる直前までは今日の鑑賞は
一本だけにしようと思っていたので、目覚まし時計を止めた後も
布団の中でヌクヌクしていたが、冷静に考えてみると、今日スルー
しようと決めた作品は見落とすと再会は極めて難しいという結論
に達し、スルーしないことに変更。急いで仕度をして家を出る。

 こういう場合のパターンは完全に決まっていて、今度は上映時間
に間に合うには一刻の猶予もならない。そして、こういう時に限って
"必ず"可愛がっている野良猫ちゃん(雌)が
「ちょいと、兄ぃさん寄っていかないのかい」
といつにも増して可愛い仕草で出発を阻止する。当然の如くに
「寄らいでか」と貴重な数分を費やして猫と楽しく遊ぶ。当然の
選択。後は走りに走って何とか間に合った。一本目の作品の
劇場も数年も前に行ったきりのご無沙汰であったので相当に焦っ
た。

 鑑賞した作品は70年代の邦画と80年代のレポート的な作品。
一本目の方は監督が自分のなかではまだ評価は定まっていなく
て過度の期待はすまいと思って鑑賞したが脚本がしっかりして
いて楽しめた。脚本は映画の地図であり設計図であることを改
めて認識。何十回目かの認識であるが。

 ここ二週間ほどは仕事に"かまけて"いて前売り券購入済みの
作品がとっくに上映は終わっているかと思い恐る恐るネットで
調べてみると有難いことにまだやっていて間に合いそうだ。

 毎年恒例の『"春"との仁義無き戦い』が今年も盛大に始まり、
例年になく精神的に厳しい日々が続く。去年は3.11大人災があった
ので春との"それ"は良くも悪くも?いつのまにか終わっていたが、
今年はその分例年の2倍は手強いかと思われるが、自分も毎年
細かなバージョンアップと反省と復習・予習を重ねて戦闘に挑んで
いるので今の所はどうにかなっている。


 

 


 
  

 
 
 







 



  

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

|

« 映画「殺しが静かにやって来る」 | トップページ | 歩_12_03_03 »

日記」カテゴリの記事

コメント

「捜査官X」という映画が気になってます
邦題はクソですけど
監督 ピーターチャン
主演 金城武・ドニーイェン

香港映画です

投稿: 万物創造房店主 | 2012年2月29日 (水) 19時11分

確かに"X"は安易ですね。
 
金城武といえば、
「恋する惑星」が凄くいい題だなー
と思った記憶があります。映画は
甘ったるい先入観を勝手にもっていて
未見ですが。
「恋する惑星」の原題名は"重慶森林"
なのですね。邦題はセンス良いのでは
ないかと。
 
>香港映画
 
東京ではフランス映画やイタリア映画、
ロシア映画は割りと頻繁に特集されますが
香港映画は本当に単発的にしかやらない
感じですね。大量動員が難しいからかな。。

投稿: kuroneko | 2012年3月 1日 (木) 02時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「殺しが静かにやって来る」 | トップページ | 歩_12_03_03 »