« リーマン戦記(26) | トップページ | 映画「衝動殺人 息子よ」 »

2012年5月 5日 (土)

観_12_05_04

観_12_05_04  <<  >>

  

 都内某所で映画を観る。初夏とまではいかないが、中途半端に
蒸し暑いここ数日。昨日あれほど降ったというのに午後からまた
厚い雲が出現したかと思った途端に降り出した。

 鑑賞した作品は一本。数本鑑賞予定だったが、昨夜体調を崩した
予感がしたので注意して一本だけに。

 ここ最近は「絶対に観ておかねば」という作品は「そうでもなかった」
ということが多く、逆に「とりあえず観ておこう」という作品は大当たり
ということが多い。今日観た作品は悪い意味で魂が揺さぶられる作品で、
「世界は昔からとてつもなく危ういという当たり前の事を再確認し、
自分が今こうして無事に生きてることに感謝し、雨上がりの空を見上げた。

 時間に余裕が出来たので、通勤中に電車の車内から見えていた
ある店舗に行ってみる。期待通りの収穫というものはなかったが
「これからたまに寄ってみる店」リストにはエントリーすることに。

 ある何事かについて割と深刻に思い続けているが、"それ"を
言葉にするのは躊躇われる。言葉にしたところで解決しないことは
判っているし、かといって全く解決できない難題ではない。解決
できないわけではないが、解決しようとすると大変に気が滅入る。
こういったことを平日に考えるとさらに気が滅入るので今が連休
であるということは、それはそれで有難い。

 「生きること」の辛さと、その辛さを越えた時の刹那の開放感。
そして、またすぐにやってくる「生きること」の、、






 


 

 


 

 


 
  

 
 
 







 



  

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

|

« リーマン戦記(26) | トップページ | 映画「衝動殺人 息子よ」 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リーマン戦記(26) | トップページ | 映画「衝動殺人 息子よ」 »