« 映画「28 1/2 妄想の巨人」 | トップページ | 観_12_09_07 »

2012年9月 7日 (金)

news「無制限の国債購入へ=ユーロ防衛へ「切り札」」

  
 

無制限の国債購入へ=ユーロ防衛へ「切り札」―欧州中銀
-------------------------------------------------
 【フランクフルト時事】欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は6日、
定例理事会後の記者会見で、ユーロ圏諸国の国債利回り上昇を
抑えるために同圏の国債を流通市場で買い入れると発表した。
総裁は「買い入れ額に制限は設けない」と表明。市場沈静化まで
買い入れを行う方針を示し、必要があれば巨額の資金を投入する
決意を強調した。
 イタリアやスペインの財政を脅かす利回り上昇を抑えてユーロを
防衛するための「切り札」とされるECBの国債購入の詳細が固まっ
たことで、欧州の危機対策は大きく進展したことになる。 
-------------------------------------------------
時事通信2012年9月6日(木)23:26
[http://news.goo.ne.jp/article/jiji/politics/jiji-120906X718.html]

 
 

 NYダウが

なんじゃあ、こりゃあ( ̄ロ ̄lll)

というくらい馬鹿みたいに跳ね上がっているので何だろうかと思い
つつネットをいつものように徘徊していたらば理由は"これ"かあ、、
2012年9月7日零時現在(日本時間) 240ドル近い曝上げ。

「(国債の)買い入れ額に制限は設けない

というのは確かに「切り札」と呼ぶに相応しい大胆過ぎる声明ですこと。(一。一;;)
要は、

「無制限に借金(消費)してよいよ」ヽ(´ー`)ノ

と言っているわけで、世界中の企業・組織は
 
消費というバス(=欲望という名の電車)
 
に乗り遅れないように設備投資に今しばらくはひた走ることにより、
命同然に大事な『雇用』の回復が期待できるというわけなのだろう。

そうしてあらゆる問題を景気回復の"兆し"の中で何とかしちまおうという
腹だと思うが、そう上手くいくのだろうか(一_一;;)

しかし、これ以上世界の景気が減速し続けると、本格的な戦争&紛争が
あちこちで起こりかねないので
世界を操作している方々はある程度は
「本気のテコ入れ」なのだろう。

それとも、明日(今日)は金曜日だから、月曜日に向けての単なる資金の
持ち逃げ(=株の大暴落)の為の準備だったら笑えると言えば笑える。でも、
すぐに泣くことになるのは、結局はお金も、逃げ場も、雇用の安定も人生の
安住の地も無い我々庶民である(>_<。

さて、妙手も何も無いことだし、映画でも観に行くとするか、、( -.-)





 
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 映画「28 1/2 妄想の巨人」 | トップページ | 観_12_09_07 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

経済浮揚に何が正しいのかはよくわからないですけど
とりあえず
日銀はもうちょっとがんばってもいいのではないかと思います
 
経済は自然に任せようとでも思っているのでしょうかねぇー?

投稿: 万物創造房店主 | 2012年9月 9日 (日) 14時55分

>日銀はもうちょっとがんばってもいいのでは
 
どうなんでしょうね。
日銀は『日本』そのものを背負ってる責任もある
(天皇家に対してもそれ相応の責任を負っている)
から余り下手に動かない方がベターかもですね。
魑魅魍魎達にかなり前から乗っ取られる寸前ですからね。
国会は事実上乗っ取られてますが、、(ーー;)
マジで逝って善し!だよお前ら(゚д゚メ)凸
よ~~~~~~~~~~やくにして国民もだいぶ
気付いてきたのでヤレヤレです。
 
 
>経済は自然に任せようとでも思っているの
でしょうかねぇー?
 
これは「あり得ない」と思いますね。
"自然に"という言葉も概念も日本だけの独特な
良い意味での本当の「平和」な"思想"ですね。
日本列島の外の経済は
 
詐欺師の楽園
 
てところでしょう。
今は、キャッシュカードの決済の上限を開放して
誰かにババを引かせる準備ですな。
 
"誰が"ババを引くのかは、
70年前と全く同じ構図になりそうですが。。(ーー;)
平和ボケの世代の罪は余りにも重すぎですね。
子供たちに金はおろか国土すら残さない気かよ、、
 
今日も電車の中で優先席(携帯は控えるように
デカデカと貼紙)で還暦余裕で過ぎてそうないい年
こいたおばあちゃんが元気一杯に大声で携帯で
お喋りし通しです。馬鹿笑いしながら。
注意したらキレるんだろうなー
「人権平和個人主義人権平和個人主義」
って意味不明な呪文つぶやいて、、

投稿: kuroneko | 2012年9月10日 (月) 01時41分

>余り下手に動かない方がベターかもですね。
それにしても
通貨量ぐらいは他国に連動して同じくらい増やしてほしいものです
 
>詐欺師の楽園
物を作ったり流通させたりとなんら関係ない
錬金術師的仕事の人が多すぎます
 
>おばあちゃんが元気一杯に大声で携帯で
僕は車内携帯別にいい派なんで
おばあちゃん、お元気で何よりです
お元気なら優先席以外に座りましょうね
ぐらいの感想です

投稿: 万物創造房店主 | 2012年9月11日 (火) 19時14分

>通貨量ぐらいは他国に連動して
 
この辺は百家争鳴で大変難しいすね。
現日銀総裁の白川方明は文藝春秋で
 
「中央銀行は基本的には能動的には動けない。
国という体が病気になった時だけ、金利や
通貨量を調整して"病状が悪化しないように"
しか出来ない」
 
という主旨の文章を寄せていましたが
良くも悪くも正論だと思います。エコポイント
みたいに中毒性を持った麻薬か毒饅頭かみたいに
なったらと思うと、先に政治・経済の諸機構が
出来ることが幾らでもあるように思えますね。
まあ、個人で語るには余りにデカ過ぎる
カテゴリですが(^^;)
 
>錬金術師的仕事の人が多すぎます
 
それの片棒担いでいる個人が世界的に
多すぎますね。自分も人のこと言えないすけど。
どっかで片棒担いでいるんだろうな。きっと。
 
>僕は車内携帯別にいい派なんで
>おばあちゃん、お元気で何よりです 
 
そうですか。
まあ禁止にすることはないでしょうが、
節度を持って最低限度の会話にすべきだと
自分は思います。狭い空間ですから。
同じ理由で喫茶店でのパソコンの使用は
いい加減にしないと事件が起きる予感がします。
キーボードのカチャカチャがウザイ(ーー;)
そういう意味ではipadやタブレット機の普及は
良いことなのかもしれません。

投稿: kuroneko | 2012年9月11日 (火) 23時59分

>国という体が病気になった時だけ
いままさにミンス病に津波、病気やと思うんですけど…
 
こういう人は永久に病気になったと判断しない気がします
 
1945年にいたら日本はまだまだ十分戦えますとか言ってそう
 
>節度を持って最低限度の会話にすべきだと
節度は大切ですが
あまり細かい事まで言い出すと逆に世の中住みにくくなるんで
 
心頭滅却すれば
火もまた凉し
おばちゃんの大声も涼風のよう
 
でも
子供が傍若無人な座り方とかしてたら注意しましょうね
 
そろそろ怒鳴りつけるガンコ親父的役割も担わなければならない年頃になりつつあるなぁと思ったりします
 
>キーボードのカチャカチャがウザイ(ーー;)
心頭滅却、心頭滅却…

投稿: 万物創造房店主 | 2012年9月12日 (水) 17時13分

>こういう人は永久に病気になったと判断しない気がします
 
現日銀総裁にこの人が「なってしまった」のは
偽りの政権交代と密接に関係していますので
記事にしたいと思います。国民はきちんと知っておいた方が
いいすね。プロセスと"今現在の日本"という結果を。
  
>あまり細かい事まで言い出すと逆に
 
現代の我々日本人はバランス感覚がイマイチですよね。
駄々漏れか、ギチギチに詰め込んでしまうか。。
自分が体験する限りでは電車内のモラルはかなり
"駄々漏れ"で悪いと思います。喫茶店内も。ただし
マナーが悪いのは何度か書いているように特定の
世代に偏っているようにも思えますね。
 
>子供が傍若無人な座り方とかしてたら
 
最近は余り見ない気がしますね。
傍若無人なガキはほとんど場合、親がダメダメですな。
 
>怒鳴りつけるガンコ親父的役割も担わなければ 
 
そう言えば、前々々回京都に遊京した時に滞在
していたホテル(堀川インじゃないホテル)のすぐ近くの
銭湯で傍若無人なガキ共を一喝しましたよ(^-^)v
一喝の後は多勢に無勢で危うくオヤジ狩りに遭い
そうになり適当なタイミングで撤収しましたが(ーー;)
 
>心頭滅却、心頭滅却…
 
心がけます。。
「Don't think.FEEL!」ですね!( ̄ー+ ̄)
 
↑元ネタつい最近知りました(漫画で)。
ブルース・リーは未だに馴染みが無いもんで(^^;)

投稿: kuroneko | 2012年9月13日 (木) 00時22分

>傍若無人なガキ共を一喝しましたよ(^-^)v
おーやりますな
世の中がひとつよくなった気がします
 
>危うくオヤジ狩りに遭いそうになり
それは危険
何事もなくよかったですね
 
中国ですけど
 
2012年9月10日、上海の大型映画館・金逸国際電影城で8日、映画を見ていた若い夫婦が隣のシートに座ったカップルが大声で騒ぎ始めたのを注意したため袋だたきに遭うという事件が起きた。
 
とか起こってるんで
そのあたりは見極めつつ
安全に注意していきたいものです
 
まぁ話せばわかる人がほとんどですけど
 
>「Don't think.FEEL!」ですね!( ̄ー+ ̄)
いや
心頭滅却とはちょっと違う気も・・・
 
うるさい音とかは
気にしなければ、気にならないものです
感覚遮断です
火に触っても熱く感じないってのよりは簡単にできると思います
 
>元ネタつい最近知りました
まぁ僕らジャッキー世代ですしね
ブルースリーのドキュメンタリーとか観ると
名言としてよく出てきます
 
そういえば最近「スパルタンX」のブルーレイ買って
久々に観たんですが
 
僕の一番覚えてるver.はテレビ放送ver.だったんだなぁーってのがわかりました
 
日本劇場公開版は精神病院の「ミミズが三匹歩いてて」ってゆーくだらないやりとりが全部入ってました
あれは別にいらないですね
テレビ版がサクサクとテンポ良くていいです

投稿: 万物創造房店主 | 2012年9月13日 (木) 15時47分

>何事もなくよかったですね
 
やんちゃなガキ共がさらにヤンチャ
そうなオヤジ達に告げ口っぽくしていて
「で、どいつだそれは( ̄Д ̄)」みたいな
感じで完全アウェーな状況でした(^^;)
 
>袋だたきに遭うという事件 
 
数年前に中国人の友人と中国某所を一週間ほど
旅行した時にせっかくだからと最新の映画館
(建物が見た目だけ豪華で内装しょぼかった)で
微妙に反日プロパーな作品を鑑賞していたら、
近くの席の奴(ちゃらい若者)が堂々と携帯を使い
始めたので睨み付けたら(←日本流注意)速攻
「kuronekoさん、(睨むの)やめた方がヨイよ」
と友人に私が小声で注意されました(^^;)
同じ中国人同士といえどもトラブルを避けて
なかなか注意できない(というか基本的に注意
しない)のだとか。
 
>そのあたりは見極めつつ
 
将に「Don't think.FEEL!」ですね!←濫用
 
>テレビ版がサクサクとテンポ良くていいです 
 
自分も「スパルタンX」はテレビで録画したヤツを
相当な回数観ましたね。序盤の公園でのカー(バイク)
チェイスシーンや「プロジェクトA」張りのジャッキー,
サモハン,ユンピョウ三人の絶妙な掛け合い漫才と
ラストの城での死闘まで日本人がほど良く萌える展開に
きっちりトリミングしてまとめてあった感じですね
今思えば。ジャッキー映画に関らずネットでも
「"テレビ版"をもう一度観たい!」
という書き込みはよく見ますね。
 
高校生の時にテレビで見慣れていた
「特攻野郎Aチーム」とか「ポリスアカデミー」とかの
"字幕版"をレンタルで借りてきたらテイストが
全く別の作品のように違くて全然笑えなくて愕然と
した記憶があります。調合された吹き替えだからこそ
(他国の文化風俗に疎い普通の庶民でも)意味が判って
というか理解できるように改編して楽しめるのですね。
  
それに人間も所詮は動物だから最初に観たのが
刷り込まれて自分にとっての"オリジナル"に
なるのでしょうね。
 
「ターミネーター」(1984)なんてテレビで何回も放映して
いたので自分にとっては吹き替え版が"オリジナル"だから
字幕版は何となく今でも違和感ありますね。
 
シュワちゃん(T-800)が現代の世界の銃砲店に行って 
「プラズマライフル(未来の銃)はあるか?」と店のオヤジに聞くと
実際の英語の台詞では「ないよ」という素っ気無いだけの
返事だけどテレビ版の吹き替えは
「まだ入荷していません」
という過去の世界であるというニュアンスも強調した実に
味のある"ボケ"の返事となっていて且つオヤジの仕草とも
絶妙にマッチしていて"観客"(視聴者)にとっては吹き替えの
方がよりエスプリが効いていてお芝居全体の雰囲気もより
良くなっている好例だと思います。

投稿: kuroneko | 2012年9月14日 (金) 00時25分

>同じ中国人同士といえどもトラブルを避けてなかなか注意できない
中国人の全マナーが向上するのにあと何年かかるでしょうねー
ま、富が一部の層に独占され過ぎている現状ではどれだけ時間がたっても無理でしょうけど
 
>「特攻野郎Aチーム」
これはオープニングからガッカリでしたね
字幕版は音楽だけ
各キャラの解説が日本だけだったとは・・・
「飛行機だけは勘弁な・・・」
「奇人、変人、だから何?」
 
>「まだ入荷していません」
覚えてないっすけど
いい感じの訳ですね
 
最近のDVDは字幕の訳もヒドイものが多いです
中学生が訳したようなぎこちない日本語
 
スタジオカナルがかんでるとほぼ中学生訳です
 
そういう意味では
BR「スパルタンX」は劇場公開時の訳を字幕にも採用していたので
かなりがんばっている方だと思います

投稿: 万物創造房店主 | 2012年9月15日 (土) 17時52分

>あと何年かかるでしょうねー
 
旅行して感じましたが、結構
「皆で渡れば怖くない」なんですよね。
1949年に成立した共産主義による建国も
イデオロギー的な側面ではなく、国民性から
考えた方がよいのでは。国際ルールを遵守し
良識を持った指導者が出るのが一番の早道
ですね。当分無理ぽですが。日本が先に
「ぶっ壊される」あるいは、阿呆な人々が起点
となって我々自ら「ぶっ壊す」のが先になるのでは
と心配で夜も寝られません、、(ーー;)
"あっち"は何千年も平気で権力闘争してきたから
タフといえばタフすね。
 
>各キャラの解説が日本だけだったとは・・・
 
こういうのありますよね。
「オリジナルには無かったんかい」( ̄ロ ̄lll)
と思うと同時にイジレルところを手間隙かけて
提供してくれたことへの感謝とリスペクトが沸きますね。
「余計なお世話」ってことも勿論ありますが(^^;)
我々が遊んだ80年代は将に二次加工の「サブカル」
が全盛且つ面白かった時代でしたね。
 
 
>いい感じの訳ですね 
 
そうすね。自分が受け手として字幕版が一方的に
いいとは限らないと自覚したのはこの作品ですね。
「ターミネーター」はラストもオリジナルの台詞は
素っ気無くてテレビの吹き替え版の方が感情の
"溜め"が勝っているように思いますね。
本来の台詞を無視したガソリンスタンドのおっちゃんの
アドリブもナイス(^^)
 
同じように実家にいる時に録画したのを何度も見た
「ウォール街」(1987)
「メジャーリーグ」(1989)
も自分にとっては吹き替え(テレビ放映版)のテイストの
方が面白かったように思います。
 
クリント・イーストウッドは本人の声と
山田康雄の吹き替えはどちらも絶品すねー
どちらだけ、あるいは交互に同時に思い出しても
全く違和感無く両方うとも"芸"が成立している奇蹟
ヽ(^。^)ノ
 
>中学生が訳したようなぎこちない日本語
 
何もかんも「ルーチンワーク」化した世界に
いますからね。我々は。文句を言い続けて不買していく
しかないですな。
 
>かなりがんばっている方だと思います
 
映画館もフィルム上映できる施設の数と運営状況が
完全に壊滅状態になってきて、製作そのものも、配給も
字幕も吹き替えも、DVDの製作・販売も
 
惰性でやっているのと採算度外視でやっている
とこと二極化されてきてきてしまっていますね。
本当に心が痛みます。我々消費者は自分の
良いと思う作品・商品にお金をピンポイントで
出していくことと拍手を送ることをしていくしか
ないですね。
 
クリストファー・ノーラン監督最新作 
「ダークナイト ライジング」の字幕良かったですよ。
アンゼ たかし って人が手掛けたらしいすが。
元々の台詞が良いというのもありますが。
全体的にかな~り良かったので2回観にいき
堪能しました( ̄∇ ̄) 

投稿: kuroneko | 2012年9月16日 (日) 01時46分

>字幕版が一方的にいいとは限らない
吹替えのメリットとしては
字を追わなくていいんで
俳優の表情やら
後ろの壁に貼ってあるポスターやら
画面上の他の色々な情報をたくさん見れるというのがありますね
 
>文句を言い続けて不買していくしかないですな。
そうですね
 
それと音声も
5.1ch化したものじゃなくて
もともとのモノラルとかステレオも入れてほしいです
 
ガンダムの劇場版の最初出たDVDは吹替えも音も新録して
足音とかザクマシンガンの音とかも08小隊リアル仕様になってて不評でしたが
 
香港映画もそうなんですよね
パンチ音とか爆発音とか後入れの不自然さが気になるヤツがよくある
 
男たちの挽歌シリーズなんかも
銃撃・爆発シーンだけが音盛り過ぎで不自然なんですよ
 
そんな中
めんどくさいからか
日本語吹替は5.1ch化せずに原音のまま収録されていることが多いので
僕にとっては二重の意味でいいですね
 
ターミネーターも昔のDVDはキャメロン監督の希望でモノラル音声が入っていたのですが
今はなくなってそうで残念です

投稿: 万物創造房店主 | 2012年9月16日 (日) 22時37分

>後ろの壁に貼ってあるポスターやら
>画面上の他の色々な情報をたくさん見れるというのがありますね
 
これ、ありますねー
最近ようやく気になるようになってきました。
 
>ガンダムの劇場版の最初出た
>DVDは吹替えも音も新録して
 
これはやっちゃイカンですね。あらゆる意味で。
特にファーストガンダムは「スターウォーズ」の
ジョン・ウィリアムズの音楽と同じで『音』が極めて重要な
役割を果たしていたことは最早常識ですね。
アムロ・レイ役の古谷徹も
「当時は16才ではなかったがまだ若造で仕事や将来への
不安と若さゆえの勢いもあり、あのアムロの雰囲気が出た」
という主旨の発言をどこかでしていました。
シャア・アズナブルもブライトも同じですね。
少なくとも、DVDの大容量を活かして当時のオリジナルと
リミックス(再吹き替え版)の両方を提供すべきですね。
 
「PATLABOR 2 the Movie」は押井の希望でサウンド部分の
完全再作成版と上映当時版と両方入ったバージョンが販売
されましたが、完全再作成版の再アフレコは主要登場人物意外
の声を結構変えてしまっていて私は凄くガッカリしましたね。
脇役といえども、上映当時の方が良かった。
「主要人物じゃないから変えてもいいだろ」という配慮の無さ
も二重にガッカリですね。単純に再作成時に脇役ゆえに
召集しようがなかっただけかもしれないですけど、消費者の
気持ちは考えられてない感じは否めません。
 
 
>銃撃・爆発シーンだけが音盛り過ぎで不自然なんですよ
 
これは、ここ数年の作品の多くに言えるかもしれないすね。
「音」なんて元々本物の音を使っているわけではなく、
"作って"いるに過ぎないのにサウンド技術が発達し過ぎたのと
経費削減のために外注とか行程を細分化し過ぎて調和が
取れないと。
 
ビジネスになり過ぎて製作技術は上がったはずなのに
作品そのものの"質"が堕ちているという哀しい現実、、
同じスキームでアニメにやたらと、有名俳優だの芸人だの
割り当ててしまうのもいい加減にして欲しいすね。
 
>僕にとっては二重の意味でいいですね
 
「進化」の過程と似ていて面白いすね。
最新の環境に適応させられないゆえに、相手にされないが
ゆえに淘汰を免れてそれなりにコアな消費者に愛されて
生き残っていく。。矛盾そのもので哀しいですが、我々は
「観れれば」それでOKですからね。
 
>キャメロン監督の希望でモノラル音声が入っていた
 
流石、「判っている」メガヒットメーカーの一人すねー
( ̄∇ ̄)
低予算ゆえに結果的に生まれた効果を誰よりも
理解していたのですね。「アバター」シリーズにも"3D"にも
個人的に興味ないけど、彼の「映像マジック」には
今後も注視していきたいものです。
 
>今はなくなってそうで残念です
 
我々の世代がグングンと社会の上層部に入ってきて
オタクの成金とかも世界を席巻し始めているから
事態は大きく好転する可能性はあると思いますよ。
デスクワークで偉くなっただけのどうしようも無い
人々がさっさとどいてくれれば全て解決ですね。
「壊滅」までに間に合うかなー(ーー;)

投稿: kuroneko | 2012年9月17日 (月) 01時29分

>「主要人物じゃないから変えてもいいだろ」
これはガンダムの新録でもありましたね
 
確かシャアの部下の赤鼻とか
 
なんかちがうーって
痒いところに手が届かない感じになってしまいます

投稿: 万物創造房店主 | 2012年9月18日 (火) 20時30分

>痒いところに手が届かない感じ
 
テレビで本筋じゃないけど超お気に入りのシーンが
無残になくなっていたり、字幕で見たら、本当の役者の声
よりも吹き替えの方が全然お芝居に合っていたり、、
ありますよね(^^)
 
ファースト・ガンダムは、史上初めてガンダムが
「大地に立っ」て史上初めてもビルスーツ戦(←全ての始まり!)
を演じるシーンを含めて『音』が滅茶苦茶カッコイーですよね。
何度思い出してもワクワクドキドキ。何度観ても画面に釘付け
になりますね。その音や声を入れ直してしまなんて愚かもいいところですね。
「大人の事情」もあるんでしょうけど。。
 
Zガンダムも「音」が良かったと思います。
後世に語り継がれる名作って細部が良い場合が多いですね。
「神、細部に宿り給う」とはよく言ったもの。
アビ・ヴァールブルクという人が言った(らしい)言葉だったのか!

投稿: kuroneko | 2012年9月19日 (水) 00時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「28 1/2 妄想の巨人」 | トップページ | 観_12_09_07 »