« 映画「世界大戦争」 | トップページ | 映画「ガス人間第一号」 »

2013年1月12日 (土)

観_13_01_11

観_13_01_11  <<  >>

  

 都内某所で映画を観る。それなりにやり過ごせた一週間。
ここ最近の気候は変に暖かくもなく、過度に寒すぎることもなく。

 会社をサクサク出て、ここ最近通っている定食屋に駆け込
んで晩飯。顔を覚えられた感じのオーラを受ける。狭い店だが、
客は皆美味いと思って通っているらしく、男も女も皆黙ってラーメン
やら炒め物やらを掻っ込み、フライパンを操る音は途切れる
ことはない。

 鑑賞した作品は、社会というミキサーに振り回され続ける
人達ばかりがおしくら饅頭をする人間模様で(って映画って
やつは大概は"そういったもの"なのだが)作品の箱としては
期待通りだけど、その中身は悲劇がややバランスを壊して
ともすれば喜劇になっていた危うい箇所がいくつか。まあ悲劇と
喜劇は本質的には同一のものですから
と自分に言い聞かせて、
佳作としてそれなりに評価。

 例年に比べれば、世の中はどうあれ、自分にはまあまあな
スタートを切れた月となりそう。このまま行くがいいさ。

   


 
 






 


 

 


 

 


 
  

 
 
 







 



  

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

|

« 映画「世界大戦争」 | トップページ | 映画「ガス人間第一号」 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「世界大戦争」 | トップページ | 映画「ガス人間第一号」 »