« 2013年1月14日の風景 | トップページ | 観_13_02_03 »

2013年1月15日 (火)

news「大島渚死去」

 
 

 拙ブログで断トツの、ただ一つの例外且つ迷作「アナタハン島の眞相はこれだ!!」(1953)
の日々の猛追を除いたアクセスヒット数オールタイムベスト「愛のコリーダ」(1976)の
記事が今宵はまたえらくヒットしとるのー

どこかで限定上映でもしてる(orする)のかのー( -.-)

とか思って余り気にしないで連休明けでさっそくしっかり労働して疲れた体を
クールダウンさせつついつもの如くネットを彷徨っていたら、、
大島渚が死んでしまった(゚д゚;)

 

映画監督の大島渚さん死去 80歳 「戦場のメリークリスマス」「愛のコリーダ」
-------------------------------------------------
 「戦場のメリークリスマス」「愛のコリーダ」などで知られる映画監督の大島渚
(おおしま・なぎさ)さんが15日午後3時25分、肺炎のため神奈川県藤沢市の
病院で死去した。80歳。葬儀の日取りは未定。喪主は、女優で妻の小山明子
(こやま・あきこ、本名・大島明子)さん。体調を崩して年末に入院していた。

 京大法学部を卒業後、松竹大船撮影所に入社。昭和34年に監督デビューした。
翌年発表の「青春残酷物語」が日本映画監督協会新人賞を受賞するなど松竹
ヌーベルバーグの旗手として活躍。36年の退社後は、独立プロの創造社を
設立して「絞死刑」など社会派作品を相次いで発表した。

 51年公開の「愛のコリーダ」は過激な性描写が話題に。53年には「愛の亡霊」
でカンヌ国際映画祭最優秀監督賞。58年の「戦場のメリークリスマス」など話題作
を次々に発表し、国際的な評価を獲得した。平成8年、「御法度」の製作発表後に
脳梗塞(こうそく)で倒れたが、右半身マヒを克服。11年に公開したが、以後は
映画製作から遠ざかっていた。

 テレビなどでもコメンテーターとして活躍。歯にきぬ着せぬ社会批判で人気を集めた。
12年に紫綬褒章。
-------------------------------------------------
[http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/130115/ent13011520170017-n1.htm]
2013.1.15 20:16

 

 小学生の頃初めて観た「戦場のメリークリスマス」(1983)は観たというよりも
坂本龍一の"神が降りている"曲にただただ聞き惚れて、その頃はまだ一般ピーポーに
とっては年中バッシングを受けるお騒がせ芸人の筆頭に過ぎなかったビートたけし
の坊主頭と「Merry Christmas, Mr. Lawrence.」の台詞が何を意味するかも判らず、
(今も判りませんが)デビッド・ボウイが誰なのかも知らないという有様。

 時を経て、大学生の頃借りてきて(一応きちんと)観た同じく「戦メリ」は

何だか凄い、、(一_一;)

くらいでやはり良く判らず。坂本龍一のエキセントリックな演技もピンとこない。。
友人は「絞死刑」(1968)やら「少年」(1969)やらを借りてきて絶賛し「お前も観ろ」
観ろ言うが全く観る気にならず。。「御法度」(1999)はやはり大学生の頃、無理やり
借りてきて無理やり観たが

何だか嫌な感じ、、でもラストは物悲しくて妙に印象深い(-。-)

程度だった。自分にとっては映画監督というよりも一時期の朝生を含むテレビの
コメンテーターでメディアを跋扈する人々によって間接的に語られている人だった。

 裸(というか局部)が出ているという以上に問題作であり代表作であった
「愛のコリーダ」(1976)は、無修正で且つスクリーンで鑑賞すべきただただ
"美しい作品"だった。
"挑発"というものを見事に映像化した世界的に俯瞰しても
稀有な名作ではないだろうか。

 氏の初期作品に位置している大作感漂う秀作「天草四郎時貞」(1962)も既に
存分に挑発している作品だ。何しろ画面は終始暗くて天草四郎時貞にカリスマ性は
全然無い!

 というわけで、自分が大島渚と"出会う"のはまだこれからなのだろうと思う。
『日本』というものについて考え続けた屈指の映画監督であったであろうことは
疑う余地はない。

 

お疲れ様でした。

合掌。

 
 

追記(13/01/22):

坂本龍一の"エキセントリックな演技"は「ラストエンペラー」(1987)の方でした。
氏の演じた甘粕正彦は何だか記憶の中では嶋田久作の演じた加藤保憲と
被っている。絶叫している時の雰囲気とか。



 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 2013年1月14日の風景 | トップページ | 観_13_02_03 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

僕も大島渚
意外に観てないんですよねー

帰って来たヨッパライ (1968年)
愛のコリーダ (1976年)
戦場のメリークリスマス (1983年)

ぐらいっすねー

次のサミットは大島渚だなー

投稿: 万物創造房店主 | 2013年1月22日 (火) 16時38分

>戦場のメリークリスマス (1983年)
 
偶然にも先日新宿で開催された

第1回紀伊國屋レーベル名画祭
http://www.kinokuniya.co.jp/label/20121204154849.html
 
で上映されてDISK上映でしたが大スクリーンで
堪能できました。大人になった今だからこそ細部まで
存分に楽しめてラストでは泣きました(ノД`;)
 
10年後か20年後くらいにはきっと
「戦メリ」は「七人の侍」と同等くらいに
世界全体の映画でオールタイムベストの
上位に入ってくる常連になりそうな予感がします。
( ̄∇ ̄)

投稿: kuroneko | 2013年1月23日 (水) 01時43分

>オールタイムベストの上位に
戦メリクリは昔、DVD安いの見つけたときに買ったんですけど
それは見てなくて
さらにずーっと昔にテレビで観たのが最後なんです
 
しかもほとんど記憶にない!
 
これは観なきゃですね
 
やはり次回は大島渚

投稿: 万物創造房店主 | 2013年1月25日 (金) 16時09分

>しかもほとんど記憶にない!
これは観なきゃですね
 
ですね\(^^)/
自分も今回初めてじっくり観て
面白いとかいうレベルではなくて、
鑑賞中に"戦慄"を何度も覚えました。
日本人も外国人もキャスティングの妙と
圧倒的にパワフルな演出と落ちないパフォーマンス。。
多くの意味で二度と撮れない奇蹟の作品ですね。
ラストは今、思い出しても涙が出る。。
 
Merry Christmas, Mr. Lawrence.
Merry Christmas!
  
Father christmas, Mr. Lawrence.
Father christmas!
 
... 
http://www.youtube.com/watch?v=HtR00sQRVHE&feature=fvwrel
 
 

投稿: kuroneko | 2013年1月26日 (土) 01時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013年1月14日の風景 | トップページ | 観_13_02_03 »