« 断_13_02_17 | トップページ | 映画「風の中の牝雞」 »

2013年2月23日 (土)

2月22日「竹島の日」

  
 

竹島の日 政務官の派遣を支持する
-------------------------------------------------
菅義偉官房長官は、島根県が22日に松江市で開く「竹島の日」
式典に、島尻安伊子内閣府政務官を派遣すると発表した。政務
三役の出席は初めてだ。日本固有の領土であることを、安倍晋三
政権が国としてより明確に示すものと評価したい。

 竹島の日は、明治38(1905)年に閣議決定を経て竹島を島根県の
所管とする同県告示が出された日だ。  
(略)
 李明博大統領は昨年8月、竹島に不法上陸したうえ、天皇陛下への
謝罪を要求し、いまだに撤回も謝罪もしていない。朴次期大統領には、
こうした言動を繰り返さないよう、自重を求めたい。

 戦後の昭和27(1952)年、韓国の李承晩政権は竹島を組み込む
「李ライン」を一方的に設定し、それ以降、韓国の竹島不法占拠が続い
ている。昭和40年の日韓漁業協定で李ラインが廃止されるまでの
13年間に、日本漁船328隻が拿捕(だほ)され、44人が死傷し、
3929人が抑留された。こうした被害も忘れてはならない。

 今年の式典には、過去最多の国会議員18人が参加する。例年にない
盛り上がりを期待したい。 
-------------------------------------------------
2013.2.21 03:21 [主張]

 

・昭和40年の日韓漁業協定で李ラインが廃止されるまでの13年間に、
日本漁船328隻が拿捕され、44人が死傷し、3929人が抑留された。
こうした被害も忘れてはならない。
 

 

きょう竹島の日 「漁場を返して」 活動途絶えた「宝の島」
-------------------------------------------------
島根県の竹島。北方領土同様、日本固有の領土であるにもかかわらず、
韓国による不法占拠が続いている。22日は「竹島の日」。周辺海域では
昭和29(1954)年、海上保安庁巡視船警護の下、アワビやサザエ漁が
行われた。以来、日本漁船の活動は途絶えている。「宝の島」「自分たちの
漁場を早く返して」。地元漁民の声は悲痛だ。
(略) 
 韓国の不法占拠の開始は昭和27年に端を発する。サンフランシスコ
平和条約の締結に伴い、韓国は「海洋主権宣言」を突如発し、自国の
水産資源を保護すると称して、竹島を取り込んだ「李承晩ライン」を設定。
銃撃も伴う強硬姿勢で日本漁船を締め出した。
(略) 
 地元漁協が昭和4年に取得した共同漁業権は28年以降、10年ごとに
更新されている。竹島の歴史に詳しい県立隠岐高の元校長、杉原隆さん
(74)は「問題が解決できたらすぐに漁をするのが漁師。だから更新が
続いている」と説明する。 
(略) 
 現在、竹島周辺海域を管轄するのは、海上保安庁第8管区海上保安本部
(舞鶴)。ヘリ搭載型巡視船や高速航行が可能な特殊警備艇も配備、8管
では竹島に近づこうとする日本漁船に対し、韓国当局に拿捕されないように
警告する。ただ、海保幹部は「実際は近づく漁船はほぼない」とする。

 一方、韓国側は竹島に近づくあらゆる船舶をレーダーで監視。韓国が領海と
称しているラインのかなり遠くを航行していても、無線を通じ、船名や行き先、
航行目的などを確認してくるという。

 ただ、海保は真偽を明かさないが、8管の巡視船は韓国側の確認に一切
応答せず、可能な限り竹島に近づくとされる。

 これに対し、韓国は警備艇を急行させ、周辺海域を離れるまで並走して
警戒するが、海保巡視船の無言の抵抗は今も続く。「竹島は日本の領土である
というのは疑いがない」。海保幹部は力を込める。

 竹島・竹島の日 島根県隠岐の島町に属し、東島(女島)と西島(男島)の2つ
の小島と岩礁からなる群島。総面積は約0・21平方キロメートルで、東京都千代
田区の日比谷公園とほぼ同じ。日本は明治38年の閣議決定で島根県に編入して
竹島の領有を確認、島根県知事が所属、所管を告示。この決定・告示から100周年
にあたる平成17年に県議会が、告示日の2月22日を竹島の日とする条例を制定した。
-------------------------------------------------
2013.2.22 00:18 産経ニュース

 

・韓国の不法占拠の開始は昭和27年に端を発する。サンフランシスコ
平和条約の締結に伴い、韓国は「海洋主権宣言」を突如発し、自国の
水産資源を保護すると称して、竹島を取り込んだ「李承晩ライン」を設定。
銃撃も伴う強硬姿勢で日本漁船を締め出した。
 
・「問題が解決できたらすぐに漁をするのが漁師。だから更新が続いている
と説明する。  
 
・海保は真偽を明かさないが、8管の巡視船は韓国側の確認に一切応答せず
可能な限り竹島に近づくとされる

 
・海保巡視船の無言の抵抗は今も続く。「竹島は日本の領土である
というのは疑いがない」。
海保幹部は力を込める。

 
  

 今、この瞬間も命を架けて領土を守っていてくれる方々がいる。何の援護も
応援も無しに。失われた命があり、失われた生活があり、失われた文化がある。
事は竹島だけに留まらない。奪われて、嘘を付かれて、有りもしないことを謝罪
せよと執拗に迫られる。事実と歴史的経緯を知り、保存し、時系列的に捉え、
抗議を続け、元の通りにして、未来に伝えていかなくてはならない。それが
『平和』であり、国民の義務であり、責任であり、権利であろう。

 



 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 断_13_02_17 | トップページ | 映画「風の中の牝雞」 »

時事関連」カテゴリの記事

コメント

まー普通の国なら
自国内で
自国民が銃撃されて殺されたら助けに行くんですけどね
 
自分が撃たれたわけではないので関係ない
でも戦争になったら自分にも被害が及ぶ
戦争になるのがイヤだから
見捨てて
戦争反対・自衛隊をなくせ運動をする
実に自分だけがかわいい
ちっちゃな人間たちだ
 
いつから日本人は日本人でさえ身内と思えなくなってしまったのか
日本人でさえ身内と思えない人間が
世界市民とかほざくな
 
昔の人はうまいこと言っている
 
古の明徳を天下に明らかにせんと欲する者は、先ず其の国を治む。
其の国を治めんと欲する者は、先ず其の家を斉(ととの)ふ。
其の家を斉えんと欲する者は、先ず其の身を修む。
其の身を修めんと欲する者は、先ず其の心を正す。
其の心を正さんと欲する者は、先ず其の意を誠にす。
其の意を誠にせんと欲する者は、先ず其の知を致す、知を致すは物を格(ただ)すに在り。
物格して而(しか)る后(のち)に知至る、知至りて而る后に意誠なり、意誠にして而る后に心正し、心正しくして而る后に身修まる、身修まりて而る后に家斉ふ、家斉ひて而る后に国治まる、国治まりて而る后に天下平らかなり。
天子より以て庶人に至るまで、壱(いつ)に是れ皆な身を修むるを以て本と為す。
其の本乱れて末治まる者は否(あら)ず、其の厚き所の者薄くして、其の薄き所の者厚きは、未だ之れ有らざるなり。
此れを本と知ると謂ひ、此れを知の至りと謂ふ。
 
引用元
http://www.kokin.rr-livelife.net/classic/classic_oriental/classic_oriental_111.html
 
自国人すら愛せない人間は
他国人の犬にはなれても
他国人の友人にはなれない

投稿: 万物創造房店主 | 2013年2月26日 (火) 19時39分

>実に自分だけがかわいい
ちっちゃな人間たちだ
 
そろそろ、どうしてこのような方々が
大挙産まれてしまったのか、学術的に
捉えてもよい頃合だと思いますね。
 
自分が思うに
『過去=歴史』を知らないと、基本的に
何事も大事にしない傍若無人で根拠の無い
自信に溢れたマズイ精神状態になるのではと。
 
>日本人でさえ身内と思えない人間が
世界市民とかほざくな
 
同じ日本人を上から目線でしか見れない
「自分はクリーンでエコな人間だ」と思っている人こそ
世界市民たる自覚を持つのではと(ーー;)
 
日本人であることを誇りに思えば思うほど、
世界に大して、他国の文化に対して、より謙虚になって
「世界市民」という発想にはならないと思います。
「飛躍」は無知と同義語ですね。
 
>其の国を治めんと欲する者は、先ず其の家を斉(ととの)ふ。
>其の家を斉えんと欲する者は、先ず其の身を修む。
>其の身を修めんと欲する者は、先ず其の心を正す。
>其の心を正さんと欲する者は、先ず其の意を誠にす。 
 
不遜もいいところですが、自分がここ数年かけて
考えて実践していることと同じロジックで嬉しいです。
まず、ただひたすらに己の足元と己の手を見よ。
そして、次に 己の足元と己の手を見よ。
 
>自国人すら愛せない人間は
 
一応、鳩ポッポや空き缶とショッカーも裸足で逃げる
悪党一味のお陰で結構沢山の人が気がつきましたね。
相変わらずヤバイ状況に違いはないですが。
 
夏の選挙に向けて、日本人一人一人が
己の心を見つめてしっかり
「この政党とこの人」と思う人に投票すべし。
政党もこの人もいなくても次善の人と党に投票すべし。
\( ̄0 ̄)/

投稿: kuroneko | 2013年2月27日 (水) 01時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 断_13_02_17 | トップページ | 映画「風の中の牝雞」 »