« 囁_13_04_29 | トップページ | 映画「魔術師」 »

2013年5月 5日 (日)

2013年5月5日の風景

   
 

 False flag

が大掛かりに資金もたっぷりかけて行われたらしいという確信を
持って朝起きた。

 False flag

は世界史的には珍しくも何でもない。10年ほど前にも史上最大
規模かという惨劇という名のショーが起こったではないか。
その大事件もいずれ、正式にエントリーされるだろう。 

 False flag

は滞りなく、見事に実行されたものの(これまでにない速度で暴かれた
という以外には)、その直近の意図と理由は一体何だろうか。。と思って
遅い朝食を摂りつつWebに繋いでみたら空爆のニュースがやっていた。

 人間が集団化した瞬間から大なり小なり行われていること。
自分は集団としての"狩り"が苦手で同意もしたりしなかったりで
高校生の頃も大学生の頃も友人の手を焼かせたことをつい懐かしく
思いだした。大人になって結果的にサラリーマンをやっていれば毎日の
出来事全ては予め決めてあるシナリオを粛々と実行していくだけだ。
しかし

 False flag

とスキームは似たようなものでも、そこに

"あからさまな"
命の軽視
他者という存在の軽視

が入っているか否かが決定的であると思う。

 朝食を摂りつつ、たまたま数日前に古書店で買った本を開き、
たまたまあるページを開いてみたらそこにきちんと書かれていた。

 
---------------------------------------------------------
政治においては、認識においてと同様に、あらゆることが普遍的理性の
支配の実現は疑わしいことを示し、理性とか自由とかいうものは、それらの
ために作られているわけではない世界の中で、作り上げていくべきもので
あるということを示している
---------------------------------------------------------
「ヒューマニズムとテロル」モーリス・メルロー・ポンティ著/本和夫訳

 
 「世界」は「この世界」のことであって、実質「この世界」のことではない。
「この世界」は一つか二つだけもしくはもっと下の層にあって、「自分達」を発掘
してくれることを、もしかしたら「自分達」に体よく覆いを被せた奴が誰なのか
いつか白日の下に晒されることも願っている。その日は突然やって来るかも
しれないし、永遠にやって来ないかもしれない。すでにやって来ていても
誰も気付くことはないのかもしれない。




 

 












 





  
 
  
  
 
  
 
 
   
  
  
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 







 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 囁_13_04_29 | トップページ | 映画「魔術師」 »

独り言」カテゴリの記事

コメント

>政治においては、…
訳が悪いのか
何回読んでも
意味がなんとなくしかわかりません
 
これが一冊丸々続いてる本だと
僕は読むのむりっす…
 
やはりクロネコさんは特異な才能ありますよね

投稿: 万物創造房店主 | 2013年5月 5日 (日) 20時02分

>意味がなんとなくしかわかりません
 
訳が悪いんじゃないすかねー(^^;)
訳者の森本和夫氏はその道(哲学関連)の大家
のようです。著書も沢山ある模様。 
 
「人間らしいより良い社会はただ待っていてもダメで、
自ら作り上げていくものだよ」 
と言っていると思うですヽ(^。^)ノ
  
>これが一冊丸々続いてる本だと
 
今、無作為に開いたページには、、
--------
革命は、ブルジョア社会が失業や戦争において許し、
運命の名の下にカムフラージュしているところの暴力を、
自分に引き受け、指導する。
--------
人間の問題の与件は、たしかに一体系を形成するが、
それは対立の体系である。
--------
なんて感じです(;・∀・)
  
>やはりクロネコさんは特異な才能ありますよね
 
あざぁ~っすm(_ _)m
まるで判っていない癖に判っているような気になって
平然としていられる才能。。ですかね(ーー;)
あるいは、全く関係の無いファクター同士を結び付けて
さも関係のあるように並べて平然としていられる才能。。
それを「厚顔無恥」と人はいう。。(ーー;;)
 
「特異な才能」であると信じて(自らに言い聞かせて)
"それ"が富と名誉に変わるその日まで生きていきます。
(^。^)/

投稿: kuroneko | 2013年5月 6日 (月) 00時50分

この文章を
「人間らしいより良い社会はただ待っていてもダメで、
自ら作り上げていくものだよ」
と簡易に訳せるだけで相当なものです
 
僕は読んでて
ただただ頭痛くなりましたもん…
 
>革命は、ブルジョア社会が~
うわー
絶対ムリっ!
 
頭いたい~っ!
 
直訳過ぎというか
専門用語使いすぎというか
相手にわかってもらおうという気遣いゼロですね
 
これが映画の字幕なら
もう、けちょんけちょんに言うところですが
専門書なら
これもアリなのかもしれません

投稿: 万物創造房店主 | 2013年5月 8日 (水) 17時51分

>簡易に訳せるだけで相当なものです
 
ワーイ褒められたd(≧∇≦)b
また今度お伺いしたら買い物沢山しますぅ( ̄ー+ ̄)
あ、そう言えば、友人へのお土産に買った梟の夫婦の
置物と清水焼のおちょこ両方とも喜んで頂けました
o(^o^)o
 
>頭いたい~っ!
>相手にわかってもらおうという気遣いゼロですね
 
---------------
しかし、これは発端でしかなく、半心理でしかない。
曖昧さや偶然を歴史の中心におくこと、従って、
劇のあらゆる人物を<<理解する>>こと、そして歴史
についてのあらゆる見解を厳密には任意の決断に
帰着せしめること、さらに、現在と未来とは知識の対象
ではなく為すことと行うことの対象であるが故に、
正当であることは問題ではないと結論すること-
こういった非合理主義は、誰もそれを生きておらず、
そんな意見を表明する者すらそれを生きてはいない
という決定的な理由のためにうべない得ないものである。
諸々の意見を、ひとつひとつ次々に考える抽象的な
哲学者は、それらを裁決する最終的名分を見出すことが
できず、歴史はテロルであると結論し、みずからはせめて
相当に文学的なテロルしか含まない客観的な態度をとる。
---------------
 
え~、本日はここまでとする( ̄0 ̄)

投稿: kuroneko | 2013年5月 9日 (木) 00時57分

>両方とも喜んで頂けました
それはよかった(^^♪
 
モノってのは喜ばれて人から人へ
愛されて使われるのが一番ですからね

投稿: 万物創造房店主 | 2013年5月11日 (土) 15時33分

前回、今回と買い付けた
"AKIRA"食玩シリーズ愛でてますよー(^o^)/

投稿: kuroneko | 2013年5月12日 (日) 00時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 囁_13_04_29 | トップページ | 映画「魔術師」 »