« 東京漂流某日(六) | トップページ | 東京漂流某日(七) »

2013年6月27日 (木)

埋_13_06_26

  
  
 

 今月はいつになく持続的に真面目に働いているせいか、とても
長く感じる。もともと6月は自分にとって(きっと多くの人にとっても)
長く感じる月ではあろうが、6月自体は嫌いではない。寧ろ好きである。

 いつになく長く感じるが、いつになく気持ちの上では安定している
ようにも感じる。月の始めに長年の地道な努力を一気に水泡に帰す
絶妙過ぎる墓穴を掘ったので、フラットな気持ちで働くしかなかった
というのが真相であるが。"墓穴"はだいぶ埋まった感じでは、ある。
まだ膝くらいまでの深さは残っているのでやや注意。

 墓穴を自分で掘り、その穴を自分で埋める。そういう体験はあって
もいいだろうと思うことにして、明日も生きてみようか。




 




 

 










 


 
 

 
 








 

 

 

 
 





  
 

 

 
 



 
 
 


 


 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 
 
 
  
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

|

« 東京漂流某日(六) | トップページ | 東京漂流某日(七) »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京漂流某日(六) | トップページ | 東京漂流某日(七) »