« 展_13_05_26 | トップページ | human being »

2013年6月 2日 (日)

漫画「ゼノンの立つ日」

漫画「ゼノンの立つ日」

 
  

"我が名はゼノン!"
 
"悪魔王ゼノン!"
 
"人間に告ぐ"
 
"人間に告ぐ"
 
"我等は悪魔 人間の忌み嫌う伝説上の怪物なり"
 
"今より5分後"
 
"第一回の攻撃を開始する"

 

 40P近いページ数は読みきり漫画としては中規模の作品であるが
展開のダイナミズムの衝撃と満足度は優に映画数本分かそれ以上に
匹敵する

 黒田硫黄の諸作品にも見られるエッセンスもテンコ盛り。
構図の大胆さと展開の緩急の勢いの心地よさ
台詞の妙
主人公は中途半端に身勝手で独善的中年男
家族の不和、相互理解の不在
女性の眼差しと仕草と"間"の描写のエロス
悉く判断ミスを続ける総体としての「人間の集団(大人社会)」
登場人物に平等に遅いかかる不幸(どちらかというと狡猾な
者はさっさと逃げ回るので正直者がより不幸になる)

 主人公の安倉は悪魔による攻撃の大カタストロフィもさして
気にした様子もなく交際中の若い女性奈美と何年も音信不通に
なっていた子供達を連れて友人の雷沼雷蔵を頼り北海道に疎開しよう
とする。単なる交通の手段として止む無く奈美の弟も同伴し奇妙な
ロードームービーが展開される。

 逃避行の最中、国家権力は容赦なく民衆にあたり、弱者はさらに
容赦なく見捨てられ見殺しにされていく。

 雷沼雷蔵はテレビのインタビューで民衆をミスディレクションしていく。
情報が刻一刻と流れても主人公達の孤立感はより増していくリアル。

 双子のしげおと克也は大人達とは全くリンクしない世界を共有して
いることに安倉は気付かない。家族を危険に近づけていることも。

 雷沼の研究所に一向が到着しても何も解決しない。悪魔出現により
悪化し続ける状況の前に主人公達は何ら身を守ることはできない。 

 悪魔が人間達を混乱させているのではなく、何も理解できず、
他者とのコミュニケーションを図れないか、または図ろうとしない
人間達自身の手によってツールは円滑に利用されることは決してなく、
自ら弱肉強食の地獄絵図的世界を出現させていく。雷沼の指摘そのままに。

 全てが臨界を向えた時、悪魔と人間の両者を介在する者
"悪魔人間"(デビル マン)は遂にその姿を見せる

 安倉、奈美、しげおと克也、それぞれの一瞬一瞬の目と表情の
動きのリアル、"観客"の見たくない物を敢えて見せ、観客に見せたい
観客が見たい"グロ映像"と"カタストロフィ映像"もまた小気味良い
タイミングで繰り出し存分に見せる巨匠黒田硫黄"監督"

 それにしても、黒田の描く主要登場人物は、ヒロインはなぜ男を
どこか蔑みいつも独立的でいながら母性も感じさせなお魅力的
なのだろう。中年男はなぜかくも残酷なまでにやや病的に排他的で
しかも憎めないのだろう。子供達は痛ましいまでに聡明で大人達
を冷めて眺めているのだろう。

 動き続けることが宿命のアニメには到底出来ず、実写はもとより
不可能。「大日本天狗党絵詞」、「あたらしい朝」などと同様に
『漫画』にしか出来ない、『黒田硫黄』の手、ペン先からしか生まれ
得ない創造に、『黒田硫黄』というジャンルとメディアにただひたすらに酔う。

 "才能"が"作品"にきちんと昇華されている奇蹟と快感に、乾杯

 
 
 

雷沼君!! デビルマンて知ってるか? 

----------------------------------------------
「ゼノンの立つ日」 黒田硫黄
ネオデビルマン新装版 下
永井豪
岩井均
田島昭宇
高寺彰彦
夢野一子
神崎将臣
黒田硫黄
風忍

講談社

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 展_13_05_26 | トップページ | human being »

漫画」カテゴリの記事

コメント

久々にネオデビルマンひっぱり出して読んでみました
このシリーズどれもなかなか傑作ですね

僕は安彦良和のエロ妄想デビルマンが好きです

投稿: 万物創造房店主 | 2013年6月13日 (木) 18時48分

>このシリーズどれもなかなか傑作ですね
 
そうみたいですねー
元ネタ知らない(未読)でのレビューは
デンジャーっつか無謀でしたが
私は黒田硫黄一点買いで(^^;)
 
描写の対象そのものの規模ではなく、
純粋に心に湧き起こるイメージとして
漫画でこれほどのカタストロフィを味わった
のはちょっとないっす。
 
>安彦良和のエロ妄想デビルマンが好きです 
 
上巻に入ってるんですねー
安彦良和版デビルマン読みたい!(≧∇≦)
 
寺田克也
とり・みき
のデビルマンも"どんなの"だか妄想かきたてるなー
寺田克也版は凄そうな予感、、(゚〇゚;)
買おうかな、、上巻。。(一。一;;)
それとも本家読んでからにしよーか。。
悶々(。。)ゝ

投稿: kuroneko | 2013年6月14日 (金) 00時17分

全3巻の旧版
昔はブクオフの105円コーナーによくあったんですけどね
最近、見かけないですね
 
でもとりあえず本家
先に読んだほうが
より深く読めますよ
 
うちに揃ったのあったのになー

投稿: 万物創造房店主 | 2013年6月14日 (金) 21時51分

探してみたけど
バージョンが幾つかあってちょっと
よく判らないすね(^^;)
まあそんなに急いだ話でもなし。

投稿: kuroneko | 2013年6月15日 (土) 01時09分

>バージョンが幾つかあってちょっと
一番最初のKCの普通の漫画サイズ全五巻のヤツが一番ですけど
 
差別用語変更されてる復刻版でもまぁいいんしゃないですかね

投稿: 万物創造房店主 | 2013年6月21日 (金) 21時54分

ありがとうございます!\(^^)/
 
"一番最初のKC"
をゲットしようと思います( ̄ー+ ̄)

投稿: kuroneko | 2013年6月22日 (土) 03時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 展_13_05_26 | トップページ | human being »