« 東京漂流某日(十) | トップページ | 映画「裁かるるジャンヌ」 »

2013年7月21日 (日)

news「アップル「iWatch」秒読み」

  
 

アップル「iWatch」秒読み 「グーグルグラス」との徹底比較は確実
-------------------------------------------------
肌身離さず身につけることができる次世代の「ウエアラブル・コンピューター」を
めぐり、米アップルがいよいよ腕時計型端末「iWatch(アイウオッチ)」の発売に
踏み切るようだ。日米両国で商標登録を申請したのに続き、実用化のための開
発メンバーを続々と新規採用していることが判明した。
-------------------------------------------------
SankeiBiz 7月21日(日)7時0分

 
 
 

 "ウエアラブル・コンピューター"(以下wrc)に世界中の資金が流入することは
必至の情勢であるが、最終的には「ファッション」の領域に留まるのではなかろう
かと予想する。理由は、wrcの性能そのものよりも、人間側にwrcを使いこなす
だけの「日常」(主に経済的観点での)が恐らくは全体としては、やって来ないで
あろうと思うから。

 10代の頃からずっと考えていた個人的に欲しい「あるツール」が、カテゴリー的には
wrcに属することという認識を今回はっきり持ててスッキリ。もし、そのツールが
出来れば革命的であるし、革命的であるがゆえに作るのは無理であろうと文字通り
頭の中で"お蔵入り"にしてきたが、ここ数年間の流れ

コンピューターの小型化・軽量化

携帯電話のコンピューター化・高性能化・多機能化

タブレット型端末の普及(コンピューターと携帯の融合)

"ウエアラブル・コンピューター"への統合

で培ってきたノウハウを全て注ぎ込めば、自分の欲しい機能の"モドキ"(オモチャ)
は出来る気がしてきた。他にも、数年間温めてきたネタもあるので、この夏は、
少し整理してみようと思う。余り遠出する気も無いし。

 
 
 


ウェアラブルコンピュータ(wearable computer)
=================================================
ウェアラブルコンピュータ(wearable computer)とは、身につけて持ち歩く
ことが出来るコンピュータのこと。

小さく軽いデバイスで構成され、腕時計のように普段身につけるガジェットを
利用したものから、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)のように、身につけて出歩く
ことも不可能ではないガジェット、或は、衣類にコンピュータを統合したものまで、
幅広く研究されている。
=================================================
(ウィキペディアより)

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 東京漂流某日(十) | トップページ | 映画「裁かるるジャンヌ」 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

画像検索してみたところ
想像画像はいっぱい出てきたけど
実物の画像はないっぽいですね

昔、カシオがポケコン付腕時計出してたけど
一部マニアウケみたいになってたし

従来の腕時計型じゃ流行らねーのではないでしょうかねぇー?

ここまで行くと
http://pyropixel.de/3d/iwatch-konzept-oder-leak/#!prettyPhoto/0/
さすがにほしーっ!って思うけど

今の技術じゃムリっぽいっすねー

有機ELの液晶なら薄くペラペラ曲げ曲げにできるらしいですけど
バッテリー問題がねぇー
バッテリーだけはどうしても進化が遅い

投稿: 万物創造房店主 | 2013年7月21日 (日) 18時09分

>実物の画像はないっぽいですね
 
世界的に技術も情報も漏洩しまくってますから
少しでもデザインが出てしまえば模倣されて先に
出されてしまうのでしょうね。
偉大なる傑作「プロジェクトA」(1983)も確か、
内容を知られない為の映画製作そのものを
指すコードネームだったと思います。
 
>従来の腕時計型じゃ流行らねーのでは
ないでしょうかねぇー?
 
そうすねー(^^;)見た目のインパクトとしては似たような
製品はこれまで出てますからね。
 
しかし、"ウエアラブル・コンピューター"は当面、
Google Glass のように眼鏡型にするか、
iWatch のように腕時計型?にするしかないと思いますな。
 
名作「バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2」(1989)で
敵役の"ビフ"がしていたようなショルダー型とか、
色々と遊び心溢れる形状が出てくるでしょうがすぐに淘汰
されていくでしょうな。
スケボー型とか、ジェットブーツとか、遂に見かけ倒しじゃない
『本物』も次々と出てきそうでワクワクしますね(^o^)

多分、頭にかけるサングラスとヘアバンドを合わせた
ようなデザインが主流になっていくんじゃないすかねー
それなら、首からかければ機能しなくてもファッションの
一部にもなるし。
 
>バッテリーだけはどうしても進化が遅い 
 
バッテリー問題は本質的過ぎて"進化"はそう簡単には無理だと
思いまな。エネルギー(電源)を本体から切りはなして、まるっきり
別のところから持ってくるしかないのでは。赤外線のような
レーザーで遠隔補充するような感じになると思います。
 
それまでは、
"ウエアラブル・コンピューター"はバッテリーが目立たない
デザインの物が重宝されるのでは。 
腕時計型はケーブルを延ばしてバッテリーを腰に付けるとか
になってしまうので、やはり眼鏡型が有利かな?
服全部が情報端末とか。
帽子型とか。ブーツ(靴)型もありすね。バッテリーを隠す
逆算デザインで勝負!o( ̄^ ̄)o
ですね。

実用面・デザイン面・娯楽性の全てを総動員して、
ボーダーに達した商品のみが生き残れるからチャレンジし甲斐の
ある分野になりそうですね。
日本の老舗メーカーにもベンチャーにも商機と勝機はあるでしょう。

投稿: kuroneko | 2013年7月22日 (月) 00時16分

これで、
SF物で未来の人が"マント"をしている理由は
はっきりしましたね。
アレはファッションも兼ねた「バッテリー」
またはバッテリーを含む「情報集積器」だった!と。
スーパーマンやパーマンならば浮遊装置を
兼ねているし、ロボットならば、ソーラーパネルも
備えているだろうし、防具にもなると。
未来の世界でもバッテリー問題が解消しない証拠?
(^o^)

投稿: kuroneko | 2013年7月22日 (月) 12時34分

>Google Glass のように眼鏡型にするか、iWatch のように腕時計型?にするしかないと思いますな
 
いやいや
任天堂のパワーグローブ型がありますよー
 
>赤外線のような
レーザーで遠隔補充するような感じになると思います。
 
人間の血管とつないで、血液の流れを使って発電とかどうでしょう
  
>SF物で未来の人が"マント"をしている理由
 
ただ単に西洋人のノスタルジーでしょう

投稿: 万物創造房店主 | 2013年7月26日 (金) 21時16分

>任天堂のパワーグローブ型がありますよー
 
こういうアイテムのデザインの「発想力」って自分昔から
"全然ない"んですよね。子供の頃、なーんにも
思いつかなかったトラウマを発症(ーー;)
なまじ絵を描くのが好きだったから余計辛かったなー
あー、大人は楽!( ̄∇ ̄)←それでいいのかオイ
 

>血液の流れを使って発電とかどうでしょう
 
斬新すねー関心を越えて、嫉妬するほどに( ̄ロ ̄lll)
真面目に仕組み考えてどこかに応募すれば
金になるんじゃ、、
 
生物の"動き"による微量な電流とか血流を発電に
代えるという研究はきっとされているでしょうけど
発送の転換で、自分のアクションで自分自身が
バッテリーになるのは有りかもすねーヽ(^。^)ノ
 
>ただ単に西洋人のノスタルジーでしょう
 
まあ、そうなんでしょうけども。
もう少し賛同してくれても、、(ーー;;)

投稿: kuroneko | 2013年7月27日 (土) 02時45分

>子供の頃、なーんにも思いつかなかったトラウマを発症(ーー;)
まーパワーグローブ考えたのも大人ですからー
子供の発想ってそんなもんだと思いますけど
 
>斬新すねー関心を越えて、嫉妬するほどに( ̄ロ ̄lll)
歩いて靴底発電とか人間が動いて発電するのって、誰もが考えそうなんで
あえて、誰も考えてなさそうなのを考えてみました
血液の流れで発電できれば意識しなくてもずっと発電してますから楽ですね
 
単純なものだと血流でタービンを回すのが考えられますが
僕は文系なんで化学的な事わからないっすけど
血液と電解質を使ったイオンな発電とかもできないっすかねぇー

投稿: 万物創造房店主 | 2013年8月 3日 (土) 20時45分

>子供の発想ってそんなもんだと思いますけど
 
少年時代の恩師は大変良い優れた教師だった
んですが、芸術関係の方で才能も確かなせんせ
だったので、難儀しました(。。)ゝ
人格を作って頂いたので感謝もしていますが(^^;)
 
>意識しなくてもずっと発電してますから楽ですね
 
同じような発想で、
冷蔵庫の"冷凍機能"って24時間ONなんだから、
何かできないかなーってかなり真剣に一ヶ月ほども
氷も毎日作っては眺めつつ考えたんですが、
結局、何も浮かばなかったっす(ーー;)
 
>血流でタービンを回すのが考えられますが

同じ系統としては、「潮力発電」がありますかね。
 
>僕は文系なんで
 
大人になってしまえば関係ないですよ(^o^)/
自分も学歴上はバリバリの文系っす。
しかもガッコの偏差値低いし、、( °▽°)
 
>血液と電解質を使ったイオンな発電とかも
 
『世界』はヒジョーに良くできていて、
物質の分解や結合にかかったコストを回収して余りある
エネルギーをどうやったって生み出せないように
なっているすねー
超々々例外の激レアで意味不且つ不可能なのが
我々『生命』システムの誕生と維持ですが。
でも
『滑らかにする』という方向(超伝導等)の発想で今後も
画期的な仕組みは生まれることでせうね。
 
フーコーの原理を使った発電とか、
時の"流れ"を使って発電とか、、←発想が中学生以下
この日々の"猛暑"を利用した発電は出来ないものすかのー
(; ̄ ・ ̄)=3
 
以前に、真夏の駐車場に止っている車のボンネットの将に
殺人的な熱さを利用して、「物を冷やす」仕組みを会社の
頭のE先輩に熱弁をふるったところ、
「根本の、基礎の基礎の理解が完全に誤っている」
とのご批評でした(ーー;;)

投稿: kuroneko | 2013年8月 3日 (土) 23時01分

>大人になってしまえば関係ないですよ(^o^)/
プログラミングできる人は脳味噌理系だと思います
たまたま文系の大学行っただけで…
 
僕はああいう方程式みたいなのやりたくない方なんで…文系かな?と思うんですが…どうなんでしょうね…
 
>殺人的な熱さを利用して「物を冷やす」
それって可能なんでしょうか…
熱を利用して冷やす…うーむ
思いつかないです…
 
エアコンなんかも全体で見ると熱増えてますし…

投稿: 万物創造房店主 | 2013年8月 6日 (火) 16時35分

>プログラミングできる人は脳味噌理系だと思います
 
この仕事、10数年やってますけども(^^;)
自分が思うにプログラムは"文章"だから
あながち理系とも言えないと思います。
 
会社に国内トップクラスの国立・私立の理系で院卒の
おっちゃん達ワサワサしてますけど、ロジカルな思考
なんて全然できないし、長年観察していますがプログラム
技術が優れている人と"理系"はシンクロしないように
思います。自称理系に強い人は自分しか判らない
理論振りまいて、お金になる仕事はできない場合が
多いっすよ。本当に。
 
>思いつかないです…
 
いや、正常ごんす(^^;)
我々はコストよりも高いエネルギーはほぼ生み出すのは
無理ですね。だから、原子力は理想的と言えば、理想的です。
馬鹿が故意に放射能や「嘘」を漏らしたり、撒き散らさなければ、、
元新選組の組長さんがデマゴーグに堕ちて、参議院議員になって
しまいましたが、、(ーー;)

投稿: kuroneko | 2013年8月 7日 (水) 01時20分

>自分が思うにプログラムは"文章"だから、あながち理系とも言えないと思います。
 
うーむ文章だとしても
機械相手なんで、ちよっとでも文法が違ったりすると読んでくれないし
なんでしょう…
 
プログラムは数学の方程式とか証明が僕の中では一番近い感じですね
 
>元新選組の組長さんが
円形脱毛症の人ですか…
 
昔は好きだったんですけどねー
もう今はなんかものすごく気持ち悪い眼してますねこの人
もう役者としても人間としても終わってます
 
いい人ってのは反対に振れるととてつもなく性質が悪い
政治とかにかかわらないでほしかった…

投稿: 万物創造房店主 | 2013年8月19日 (月) 16時33分

>ちよっとでも文法が違ったりすると読んでくれないし
なんでしょう…
 
思うに、始めるのが"早すぎた"のですな。きっとヽ(^。^)ノ
ソフトウェアの初期は"ツール"がまだまだ少なすぎて
融通というものがまったく利かなくて、ちょっと間違えば、
すぐにシステムごと大クラッシュしてしまう(+_+)
 
コンピューターが
=訳のわからない物=小難しいもの
という"ギア"の代表格であることを世界中の人に
随分長い間植えつけてしまったのは、命令文が
少なすぎる『しょぼいもの』
だったからという一部の専門家の見解を私は
卓見だと思い、支持しますねo(^o^)o
 
数学が本来はドラマチックでエキサイティングなもので
あるのに、教える人が下手だと恐ろしい呪文にしか
見えず使い方もまるで判らないのと似ていますね。
 
自分は目的地に着くやり方が一通りではない
様々なコンピューター言語がどんどん誕生し、それぞれが
ぐんぐん成長していた恵まれた時期にたまたまほぼゼロから
始められたのがラッキーだったのだと思います。
 
>もう役者としても人間としても終わってます 
 
「新選組!」今でもDVDで繰り返し見て楽しんでいるのですけど
この時にすでに原田左ノ助のキャラが充分に予言的なんすよね。
周囲のリアクションを含めて。
いい加減で、直情的で、軽率で、発言に全く無責任で、
でも「根はいい奴」なので辛うじて人間関係が維持されている。。
今と何から何まで全く一緒で、最後の最後の「根」をこの人
自分で捨てようとしちゃってますね。ちゃんと人生苦労して生きて
きてないから。
三谷幸喜の人間観察力、恐るべし。
 
>政治とかにかかわらないでほしかった…
 
「いい人」が政治に関ると恐るべき『ファッショ』が
ほぼ確実に起こるって人間の歩んできた歴史の鉄則の一つ
なんすけどね。
「正義」という価値感にほんの僅かでも外れる人間を"全て"
殺害しまくるから行き着くとこまで行かないと止まらない。
 
だから、
政治に関る人は基本的に"悪"を自分の中で飼っていないと
「絶対に」いけないというのが政治の常識っすo( ̄^ ̄)o
 
日本を三年半に渡って占領していたお馬鹿さん達は、
個人的に付き合えば結構お人よしで多分「いい人」が多いと思います。
それゆえに、ほとんどの日本人を絶望に叩き落として、
日本の国土も未来も化物達に土産付きで渡す寸前まで
簡単に進んでしまった。。(>_<。
  
 
『善』は『悪』よりも、ほとんどの場合において凶悪且つ悪質である。
光は明るいが、全てを暴き出し消滅させ、闇は暗いが、生もまた育む。
by kuroneko ( ̄∀ ̄)b
 

投稿: kuroneko | 2013年8月19日 (月) 23時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京漂流某日(十) | トップページ | 映画「裁かるるジャンヌ」 »