« 映画「座頭市物語」 | トップページ | 観_13_09_06 »

2013年8月31日 (土)

観_13_08_31

観_13_08_31  <<  >>

  

 都内某所で映画を観る。平日の出勤とほぼ同じ時刻に起き
ぼんやり歯を磨きながら、

「もう一回寝ようかな。今日逃してもまた観る機会あるか、、、」

ともう一人の"中の自分"(kuroneko映画部統括本部長)と相談する。

「前から観たい作品であったのでサクサク家を出て、劇場に向かうように
という指令の下、サクサクでかける。

 鑑賞した作品は、

「愛」と「恋」または、その両方について

フィルムに焼き付けることに成功している稀有な作品であった。
自分が傾倒する某クリエイター氏が影響を与えられたことを表明している
だけはあり、満足。観ながら過去の幾つかの出来事が去来。

 帰りに本を何冊かゲットする。

マイブームが続く某漫画家の特集されたムックを新刊で購入。1200円也。
アート系の本。ネットを漂流して遊ぶナビゲーション用として購入。400円也。
多方面に書評が特集されているやや古い雑誌。今年の後半乗り切り用。500円也。

 古本屋を一軒開拓す。古本屋というか、常設古本市のような雰囲気で
複数の店舗による共同経営か。本のレイアウトに意気込みが感じられ、
老人と若者が同じデザインのユニホームを着て諸作業に励んでいる様を
見て和む。

 新刊のムック以外は期待したほどの内容ではなかったが、対費用効果は
悪くてもコストパフォーマンスが小さいので問題なし。

 暑いが、いかにも8月の夏らしい暑さと陽光なので許す。
こういう日は、映画を撮りたくなるね。

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




 

   


 
 






 


 

 


 

 


 
  

 
 
 







 



  

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

|

« 映画「座頭市物語」 | トップページ | 観_13_09_06 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「座頭市物語」 | トップページ | 観_13_09_06 »