« 映画「ソーシャル・ネットワーク」 | トップページ | 塩_13_11_18 »

2013年11月17日 (日)

観_13_11_17

観_13_11_17  <<  >>

  

 都内某所で映画を観る。久しぶりに心地よい秋日和の一日。
午前中は布団を干して、バイクをいじって、近所を少し走る。
調子良い。いい加減、遠出したい。バイクで走りながら海を見たい。

 午後一時には外出し、いつもの喫茶店で昼食。マダムの機嫌良し。
いつものカレーを食し、いつものアイスコーヒーを飲みつつ、いつもの
週刊誌を開いて、いつものコラムを読む。二時頃、喫茶店を出て映画館
に向かう。

 映画の鑑賞は、その前後を楽しむ「余韻派」(というのを最近、自分で
作った)なので、途中で某店によってチケットを入手しようと思ったが、
アクセクしたくないので劇場に直行する。渋谷駅を経由して岡本太郎の大作
「明日の神話」を横目にサクサク歩く。この作品には通る度にいつも
エネルギーを貰っているような気がする。

 鑑賞した作品は、体制に屈することなく「俺たちルール」にどこまでも
殉じようとする"漢"達の物語。初公開時に多忙且つ体調悪く見逃していた
作品。暴力シーンに必然性は感じられるものの、自分にはやや過剰で
観ていて嫌な気分になったが作品全体の出来は良く満足。

 社会も人も「多層的な構造物」であって、毎日の出来事はその多層
なるものへの対応と結果の連続である。先週の自分の多層なる何事かへの
アプローチはまずまずであったのだと思いつつ帰宅。

 年末・年始に向けて観たい作品が幾つか。行きたい美術展覧会が
幾つか。それらの為に日々の労働がまた明日から始まるのさ。


 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




 

   


 
 






 


 

 


 

 


 
  

 
 
 







 



  

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

|

« 映画「ソーシャル・ネットワーク」 | トップページ | 塩_13_11_18 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「ソーシャル・ネットワーク」 | トップページ | 塩_13_11_18 »