« 観_14_06_12 | トップページ | CD「誰が為に鐘は鳴る」 »

2014年6月15日 (日)

観_14_06_14

観_14_06_14  <<  >>

  

 都内某所で映画を観る。バイクをいじって、銭湯に行って
クリーニングに出していた服を回収してから外出。

 鬱陶しい天気が連日続いた後の心地よい晴天。なんだか
巷の人々も嬉しそうでちょっとしたお祭りのような雰囲気が
帝都には感じられた。そういえばワールドカップが始まった
ので当然と言えば当然の高揚感か。

 鑑賞したのは実験的な短編を幾つか。

 「映画的な手法に頼った映像表現は現代ではなぜ陳腐に
感じられるのか(例えば回想シーン)」についてここ数日考えて
いたので考察に調度良いと思いながら鑑賞してみたら逆に
とても古い映画でありながら、将にお手軽な映像手法を用い
且つ単純極まりないストーリーなのに「魅せてしまう力」に自分の
考えをごくあっさりと否定される。

 これは有り難い否定と捉えるべきだろう。

 何となく電車の中の浮かれる若者達を眺めながら帰宅。

 いつものように闇夜の中で野良猫の遊び相手をしてやって
いるいると(遊んでもらっていると)ちょっとした光景に遭遇。

 その光景自体は何てことのない光景であるが、自分がここ
最近体験した短いストーリーをその光景の背景として脳内合成
して、映画的光景にしたて独り感動して眺める。

 ありがとう。


 
 

 
 
 
 
 
   



 
 
 
  
 
 


 


 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




 

   


 
 






 


 

 


 

 


 
  

 
 
 







 



  

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

|

« 観_14_06_12 | トップページ | CD「誰が為に鐘は鳴る」 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観_14_06_12 | トップページ | CD「誰が為に鐘は鳴る」 »