« 観_14_10_25 | トップページ | 観_14_10_31 »

2014年10月28日 (火)

僚_14_10_28

  
  
 

 先月末で会社を辞めた友人と飲む。会社の再建とより良い
発展の為には恐らくは絶対に必要だった将来有望な人材を、
配慮に著しく欠ける人間達は禄に活かすことが出来ずにその
能力は浪費され続け、挙句に潰されてしまった。

 友人は、既に次の会社の研修中で、来月始めには本社の
あるアメリカに渡る。アメリカへの渡航経験はあるが、西海岸は
初めてなんだとか。

 自分には無い良い点を幾つも持っている人だった。

 再会を期して杯を重ねた。

 近々相談しようと思っていた自分がこれまで温めてきた、
あるいは、現在温めているアイデアを披露して採点してもらった。

 これまでは社内の別の人間に持ちかけても
「そんなもん、どうやって実行するんだよ。独りでやれよ。
という批判または罵倒の意見しか貰えて来なかったが、

 「このアイデアを形にする事が出来たら、凄いことになるよ。
何を、どうしていけば実現するだろうかね。。」
と最後の最後まで一緒に頭をひねってくれた。

 貴方が社内で取り組み、実践された行動と、その意図は、
私と何人かの仲間によって大切に継承されていくことでしょう。

 どうかお元気で。また会いましょう。

 おでもすぐにそちらに行きますから。(←迷惑ですから) 

 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 観_14_10_25 | トップページ | 観_14_10_31 »

日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 観_14_10_25 | トップページ | 観_14_10_31 »