« 映画「地球最後の男」 | トップページ | lightning »

2014年11月24日 (月)

観_14_11_24

観_14_11_24  <<  >>

  

 都内某所で映画を観る。

 昼間、アパートの前の専用駐車場でいつものようにバイクを
いじっていると、初老のおば様が自転車で乗りつけてきた。

おば様: 「こちらに引越した友人に渡すものがあって来たんですの。」(´ー`)

私: 「そうですか。何号室ですか?」(^-^)

おば様: 「それが、分からないの。」(´・ω・`)

私: 「そうですか。最近、越して来た方は見ませんが。。」(^o^)

おば様: 「そうですか。ちょっと見てみますね」(・∀・)

私: 「どうぞ、どうぞ。」(^-^)

しばらく棟をウロウロして諦めた模様。

おば様: 「、、、立派なバイクですね。」(´ー`)

私: 「ありがとうございます。」( ̄∇+ ̄)

おば様: 「私、こういうの配ってるんだけど、ご興味あるかしら。」(´ー`)

と言って、何やら冊子を取り出す。

悪魔は実在する』

私: 「...アノ、興味ありませんので。(((( ;゜Д゜)))

おば様: 「そうですか。。それじゃあ失礼しました。」m(_ _)m

と言って、そそくさと走り去った。

 確かに悪魔は"存在"するよね。人間の心の中にね。。(ーー;)

 あのおばさん、本当にお友達を訪ねて来たのかしらん。。(ーー;;)

大好きな映画の一つ「エンゼル・ハート」(1987)をふと思い出した。

 鑑賞したのは50年代の洋画。時代に置いていかれた女性の悲喜劇に関する物語。

 「上手い映画」とは一体何だろうか。

と思いつつ鑑賞。

 練りに練られた脚本を基に、大変な労力と、資金をかけて作った映画を

「詰まらん」

の一言で片付けられてしまう自分の生活も悪くないね。などと
思いつつ帰宅。

 今年のラスト・スパートが幕を開ける。



 


 

 




 

 
 


 
 

 
 
 
 
 
   



 
 
 
  
 
 


 


 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




 

   


 
 






 


 

 


 

 


 
  

 
 
 







 



  

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

|

« 映画「地球最後の男」 | トップページ | lightning »

日記」カテゴリの記事

コメント

まさに勧誘です!
 
聖書系にかぶれた人はすぐ悪魔とか言いますね
 
悪魔は
いるようでいないし
いないようでいる
 
ま、所詮善悪なんて
人間様が勝手に決めたものでしかないので
時間軸・空間軸によって
いくらでもゆらぎますしー
 
悪魔とか神とか言ってる人の心の中に一番悪魔はいるのだと思います
 
僕は悪魔といえばやはり
「エクソシスト」「オーメン」
このふたつをまず思い出しますねー

投稿: 万物創造房店主 | 2014年11月25日 (火) 23時12分

>聖書系にかぶれた人はすぐ悪魔とか言いますね
 
「聖書系」の方々は割と頻繁に来訪するのですが
 
『悪魔側』から勧誘されたのは今回が初めてでビビりました。
 
 
>いくらでもゆらぎますしー
 
揺らぎますねー
人生、コレ揺らぎですよね。
勧誘の基本でもありますなー
揺さぶりは、苦手だ。。(ーー;)
 
>悪魔とか神とか言ってる人の心の中に
一番悪魔はいるのだと思います 
 
こーゆー方々って、
何食ってるのか、
幾ら頂いてるのか、
知らんけども、
血色良くて、笑顔も朗らかで素敵で、
長生きしそーなんですよねー(一_一)
 
でも、彼らの"目"を見ると、
変であることが分かります。
o( ̄^ ̄)o
 
人間の歴史、壮大なこの世界の
『全体の系』を知ろうとしないか、故意に隠す人々は、
その容姿もやはり、どこか歪(いびつ)になっていますね。
 
>「エクソシスト」「オーメン」
 
両方とも傑作ですよね。
自分は、
最も多感な頃(中学生時代)に観た
「エンゼル・ハート」
が好きですね。
映像も綺麗だし、
音楽もラストも洒落てるし、
エロもあるし。
ラストは何回も観てるけど、
久しぶりにまた観たいなー(≧∇≦)
ミッキー・ロークもあの頃が一番輝いていたな。。(^^;)

投稿: kuroneko | 2014年11月26日 (水) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「地球最後の男」 | トップページ | lightning »