« lightning | トップページ | 映画「死刑台のエレベーター」 »

2014年12月 1日 (月)

観_14_11_30

観_14_11_30  <<  >>

  

 都内某所で映画を観る。

 出かける前に財布の中を確認すると、

二千円

が別口で分けてある。
何で分けたのか全く思い出せない(´・ω・`)
今日と数日間分の決定している出費を計算してみるが
ちゃんと足りている。

まあ、いっかーヽ(´ー`)ノ
と思う直して外出。

 某氏の"秘密の展覧会"が開かれているというので、所在地を
メモして行ってみるが、なるほど、"秘密の~"というだけあって
場所がなかなか分からずウロウロ。交番に聞いてその場所を
ようやく特定して行ってみるも、展覧会など全く開かれていない。
ただのマンション。告知らしきものも何も無し。作品そのものを
見たかったわけではなく(見たいは見たいが)、応援のつもりで
行ったのでそれほど未練もなく諦めて劇場へ向かった。

 展覧会で消費するはずだった時間が空いたので、いつもの
古本屋へGO。

 いつものように
「今日は、絶対に、絶対に、何も買わないぞ。」
と誓うが早いか、いつものように欲しい本が見つかってしまう。
立ち読みしてみると、欲しいというよりも、必要といっていい本で
あることが読むほどに分かってくる。財布の中の"謎の?二千円"
を思い出して、ほくそ笑んでレジへ。千円也。

 ついでに、やや小腹が空いたので鑑賞前に飯でも食おうと
いつもの定食屋へ。さらについでに、おやつ用にいつものパン屋さんで
パンを買い"謎の?二千円"の残りを散財する。

 いつもの神社へ向かう。総選挙へ向けて、3.11大人災前後で
日本を貶めまくって、日本人を哀しみと絶望のどん底に叩き落とした
大馬鹿達がやたらと元気になってきて、急速に不穏な世の中になって
きているのでお祈りする。
日本人の皆さん、数年前の絶望の日々を努々
お忘れなきよう。原発再稼動なんぞよりも、
太陽光発電の電力固定額買取制度

が日本と子供たちの未来を三度、滅茶苦茶にしてしまいますよん。
資本主義も経済の原則も全く無視した"悪魔の制度"を日本人に押し付けた
のは3.11大人災を引き起こした張本人その人(とその仲間達)であることも
お忘れなく。人権擁護法案という国家総動員法の比ではない
ヒトラー
も裸足で逃げるか、もしくは泣いて喜ぶか、もしくは地団太踏んで
悔しがる希代の悪法を無理やり閣議決定して、日本国民を永年に渡って
支配しようとしたのも3.11大人災を引き起こした張本人とその仲間達
だったことも。

他にも罪状は山ほどアルあるね。

 鑑賞したのは70年代の邦画。男女の性と情に関する物語。

映画にお金(大金)は当然必要だけども、
お金の額と作品の面白さの比例関係もしくは相関関係はせいぜいが
5億円程度までではなかろか
という結論が出つつある。
商業ベースとして、1億円以下では製作後のことも考えると色々とどうにも
ならないが、5億円くらいを上手く使えば資金回収も出来るし、息長く楽しんで
もらえる作品が作れて、作り手もそれなりに食っていけるように思う。

 多分、自分と同じような結論に達している人はきっといるはずで、
単館系の映画館の地道な地道な上映活動から今後、面白い邦画の
新作がちゃんと作られていくだろうと思う。勿論、楽観してはいけないが。

 などと考えつつ、すっかり陽の落ちた街を歩いていて、
"謎の?二千円"
の分けた理由が覚醒する。来週必要な出費であった。。

 給料日明けの最初の休日から、穴埋め出費が発生してしまうと、、
しかも12月は何かと物入りであるが、、

まあ、いっかーヽ(´ー`)ノ  

 選挙の結果は、まあ、よくないよ。日本の皆様。せっかく立て直しつつ
ある日本の経済と民主主義をまたしてもゴミ箱に捨てるのは止めましょうね。
今度、捨てちゃったら本当に本当に取り返しつかないっすよ。この数年間、
誰が何をして、何をやってきたのか、よくよく考えて、、

でったらめな批判の為の批判、反対の為の反対を呪詛のように唱えて
日本を半身不随のようにしてきた無責任馬鹿に期待すんのマジで止めましょう。
子供たちの為に。世界の良識ある人々の為に。

心して、投票すべし。




 


 

 




 

 
 


 
 

 
 
 
 
 
   



 
 
 
  
 
 


 


 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 




 

   


 
 






 


 

 


 

 


 
  

 
 
 







 



  

   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   
   

|

« lightning | トップページ | 映画「死刑台のエレベーター」 »

日記」カテゴリの記事

コメント

太陽光は買取価格下げるみたいなんで
あてにしてた人は大変でしょうね
投資回収できないかもかも
 
エネルギー政策のためではなく
金のためだけに太陽光発電に群がる亡者ども
 
残念!

投稿: 万物創造房店主 | 2014年12月 2日 (火) 00時54分

>投資回収できないかもかも
 
くらいで済めばいいけど、
多分、税金が投入されてしまうと思います。
洒落になんない規模なので。
住専と同じ問題が起こる。
 
後、無秩序に作りまくったソーラー電池の廃棄とかで
さらに税金投入、、
かなりヤバイことになると思う。
それらのせいで、原発の廃炉とかも滞って、、
 
きちんと、ルールに基づいて問題のなく稼動している
原発は運転すればいいだけなのに。。
問題は問題としてオープンにしていけばいいし。
 
>金のためだけに太陽光発電に群がる亡者ども
 
クソ政権時代に全ての種が撒かれたことを
現在の与党を批判する人々は
永遠にしらばっくれるのでしょうね。
 
戦争を賛美して散々煽りに煽って、
前途ある若者を死地に送り込んで、
戦後はコロッと
戦争反対に寝返って
何一つ悪びれなかった人々と
細胞一つ分子レベル一つまで一緒ですね。
(一_一)

 

投稿: kuroneko | 2014年12月 2日 (火) 23時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« lightning | トップページ | 映画「死刑台のエレベーター」 »