« 映画「エル・スール」 | トップページ | 映画「掟によって」 »

2015年5月 5日 (火)

映画「リヴァイアサン」

「リヴァイアサン」

原題名: LEVIATHAN
監督: ルーシァン・キャステーヌ=テイラー,ヴェレナ・パラヴェル   
撮影: ルーシァン・キャステーヌ=テイラー,ヴェレナ・パラヴェル   
編集: ルーシァン・キャステーヌ=テイラー,ヴェレナ・パラヴェル

時間: 87分 (1時間27分)
製作年: 2014年/アメリカ・フランス・イギリス

(満足度:☆☆☆☆)(5個で満点)
---------------------------------------------------------------
海と、漁船と、魚と、鳥と、人間。ただ繰り返し、果てしなく描写されていく。
実験的ドキュメンタリー。

 

 「暗い。一体、何を撮っているんだろう。。」

 やがて、カメラは「海」を捉えていることが判ってくる。

 「船か。。」

 ようやく、暗闇から開放されたかと思うと、今度はただひたすらに夜明け前の
漁船と、鎖を巻き上げる人間の手の描写が延々と続く。 

 "リヴァイアサン"ってどういう意味だったっけ。。。?」

 観客は映像から読み取る意味(情報)の余りの少なさと単調さにタイトルに
思いを巡らすか、映画を観ることそのものにでも考えを運んでいくしかない。

 網一杯に汲み上げられる魚と、斧のような巨大な包丁で極めて機械的に
余りにも無機的に捌いていく船員の姿にすぐに

 タイトルの意味とその正体 を理解する。

そして、拷問のようなシーン(魚にとっては処刑そのもの)が最後まで続く。

 "リヴァイアサン"
 "リヴァイアサン"
 "リヴァイアサン"

大音響で耳元で叫び続けられるように。

 そう、恐らくほとんどの人が、船体全体のノイズを聞くに堪えない
"悲痛な叫び声"として聞き取るだろう。

 もしも、"その音"を少しも加工していないとすれば、『世界』というもの
についての認識を大きく改めなくてはいけない。

 「執行人」達はただ黙々と作業に没頭する。

 何が彼らをこれほどまでに作業に集中させるのだろう。

 魅力的な賃金か、それとも過酷なノルマか、

 単なる契約上のことか。そして、ほんの時折見せる彼らの屈託の無い
笑顔が我々にさらなる苦悩を与える。

 彼ら「執行人」達に全ての罪と責任を被せられたらどんなに気が楽に
なることだろう。

 しかし、彼らは我々の"代理人"に過ぎないのだ。

 私達、身勝手で我がままで空ろ気な消費者が自分達で殺らなくては
ならないことを代行してくれているのだ。

 おこぼれに与ろうとした鳥は、デッキの上に上がろうと無残にもがく。
翼が痛もうともお構いなしに。

 そして、まるで全てを、何かを、悟ったかのように、極寒の海の中に消えていく。

 また一日が始まり、そして、一日が終わる。

 全てを打ち捨てて、決して省みない日々。

 黙示録を。人類の終わりを。終焉を。

 最初から最後まで、"二つ"の怪物が描かれていることを。

---------------------------------------------------------------
映画感想一覧>>

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

|

« 映画「エル・スール」 | トップページ | 映画「掟によって」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

こっち↓の映画かと思ったら違いましたね…
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%83%B3_(1989%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)
こっちはまさに
「旧約聖書に登場する海中の怪物」的映画
です

投稿: 万物創造房店主 | 2015年5月15日 (金) 14時23分

>こっちはまさに
「旧約聖書に登場する海中の怪物」的映画
です
 
コイツは見てぇーヽ(;´Д`)ノ
京都映画サミットで( ̄ー+ ̄)

投稿: kuroneko | 2015年5月16日 (土) 00時12分

ビデオあります
「新リバイアサン」も…
 
そーいや
 
間彩改め間道研究所が
映画鑑賞室も含めほぼ完成したらしいんで
秋ぐらいにあるらしい豊橋映画祭に合わせて
お泊り&映画サミット番外しようかと思うんですがどうですか?
 
豊橋なら
京都へ来るよりもだいぶ楽じゃないですか?
バイクでぴゅーっと

投稿: 万物創造房店主 | 2015年5月31日 (日) 21時13分


>お泊り&映画サミット番外しようかと
思うんですがどうですか?

OKっす(^o^)/
名古屋は近いゆえに攻めてないエリア
ばっかしなので今年の夏はゆっくり行って
みましょうかね。
 
>バイクでぴゅーっと
 
新幹線でぴゅーっと行っちゃうかもですね。
(^^;)
 
そのうち
サミット海外編やりたいすねー
台湾とかで。
現地集合で。
(^-^)

投稿: kuroneko | 2015年6月 1日 (月) 23時40分

豊橋映画祭のHP見てみましたが
今のところまだ日程決定してないみたいですね…
あるのかな今年…(^_^;)

投稿: 万物創造房店主 | 2015年6月 7日 (日) 19時01分


開催するみたいすよ(^^)
http://www.slowtown.info/2015/

スロータウン映画祭も今年で第14回
これまでの皆様のご支持に感謝し、
今年も充実したラインナップで
お楽しみいただきたいと考えております。ご期待ください。
開催期間 2015年10月31日(土)〜11月22日(日) 各週末、8日間
会場 名豊ビル8階コミュニティホール他
 
晩秋ですね。
集まりましょう!
(^o^)/

投稿: kuroneko | 2015年6月 8日 (月) 00時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 映画「エル・スール」 | トップページ | 映画「掟によって」 »